« 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび①星薬科大横の水路と戸越銀座 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび②西五反田川(仮)と溜池 »

暗渠ハンター 目黒川三菱支流(仮)の蓋暗渠

「ぶらり品川用水のたび」の連載中ですが、
ごめんなさい、一回だけ別のトピック挿入させてください。
いえ、先日偶然見つけた蓋暗渠があったもんだから、
どうしてもそれを早くご紹介したくて。

場所は、目黒川の上流。
246(つまり池尻大橋駅あたり)と交わって以南の目黒川は
深ーいコンクリート護岸の開渠になりますが、
246より上流は暗渠。
その上を落合水再生センターから流れてくる水を使って
小さなせせらぎが作られています。
246からすぐ上流のあたりは、
特に地域の方が力を入れているらしく、春ともなれば
せせらぎの周りにはたくさんの種類の花に彩られ、
凄まじく美しい庭のようになります。
…いちいち植物の名前を書いてくださるプレートもあって、
これは大変勉強になります。

これまでこの道を通るときは、
たいていこのせせらぎや花やプレートや
カモやザリガニに目が行ってしまっていました。
つまり見るとこ満載なわけです、この区間は。

なのでなのかどうかわからんですが、
今まで目に入らなかったけど
246のすぐ北側に
しっかり支流蓋暗渠が残っていたのを見つけた時の
驚き(やっぱり蓋暗渠はうれしい、しかもこんなところで!)
や哀しみ(何度も何度もこの川沿い通ってるのに気付かないというボンクラ!)
といったらもうアナタ!

というわけで早速ご紹介を。
この日は、
一人缶ビールの飲みながら目黒川の葉桜を
鑑賞しておりました。
いやー桜の頃って目黒川は笑っちゃうくらい混雑してるでしょ、
中目黒あたりはお店がたくさんできちゃったから桜のあとでも
結構人通りが多くてアレなんですけどね。
そでも、目黒川も山手通りを越えて北側にいくと、
かなり落ち着くんですよね。
川沿いには小さなベンチもあるし…。
ほらこんな景色が静かに楽しめます。
Imgp0177

しばし葉桜酒を楽しんだ後、
さらに上流をめざし246を越え
目黒川を北に2~300m進むと、左に突然現れる小道と段差。
この段差上の敷地は、三菱電機系の事務所や寮などが
まとまって入っている「三菱領土」となっています。
Imgp0178

むむ・・。これはなんかあるかも。
入っていきましょう。
Imgp0180

確かに支流ぽいけどね、
まあこういうのは川に向かってよくある道でもあるよね、
決め手にかけるよね、なんて思いながら進むと…。

キタ…。

Imgp0181

いきなり始まる蓋暗渠。
住所は池尻3丁目の10。
まったく予想外の展開に小躍り。

もっと近づいてみましょう!
Imgp0183

どうもこの素材は、もう少し上流(北沢川)の、
溝が谷からきて淡島湯の横を通る蓋暗渠と同じ素材のようです。

ゆるく曲がって奥に続きます。
この曲がり感とか、そもそも蓋暗渠とか、
蓋パラダイスの杉並区あたりや
世田谷区の西部あたりでは全く珍しくないいでしょうけど
世田谷区のこの辺、目黒区との境のあたりでは
大変貴重です。
Imgp0184

カオスな低い護岸も見ごたえがあります。
Imgp0186

こっちはU字溝が突き出ていたり。
Imgp0185

蓋暗渠は短い区間で終わり、
このカオス護岸の途中から
コンクリで塗られていました。

そしてすぐに車道とぶつかります。
車道から振り返ってみましょう。
Imgp0188

いやー、短いけどいい蓋暗渠でしたー。
なんか、蓋をとればそこに暗渠が、流れが…
って思うと
すごく川跡を生々しく感じてしまうんですよねー。
そこが蓋暗渠のいいところなのかも。

さてこの先上流は?
南のほうに尾根道があるので、
おそらくそこからまたはそこまでの中腹から
流が出ていたのでしょう。
車道の向こうには、ちょっと怪しい敷地が残っていましたが、
立ち入りできず。
Imgp0189

奥のほう、アップで。
Imgp0190

隣接の敷地から取って、ここは仮に
目黒川三菱支流
と名付けることにします。

付近には路地がたくさんあります。
きっと水路もたくさんあったはず。
目黒川とのつながりはわかりませんでしたが、
こんな道が結構ありますね。
Imgp0192

より大きな地図で 三宿付近の支流集 を表示

以上、臨時の蓋暗渠紹介コーナーでした。
次回はまた、「ぶらり品川用水のたび」をお送りします!!!

|

« 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび①星薬科大横の水路と戸越銀座 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび②西五反田川(仮)と溜池 »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

ああ、ここは行ったことはありませんけど、うさぎねこさんのこちらのサイトで話題になっていましたね。
http://suiren1207.blog43.fc2.com/blog-entry-32.html
この美しい蓋暗渠がひどく印象的で気になっていたので、写真を見て一目で思い出しました。
電柱の位置が少し変わっているようですね。

投稿: 猫またぎ | 2011年4月28日 (木) 13時24分

ああ!ほんとですね!
うさぎねこさんのこの記事は2月に拝見しました!
…けどどこだかわからなくてそのまま忘れてましたーorz。
教えてくださってありがとうございます。
そうかこんなところにあったんですね。確かに電柱の位置が変わってる…。

投稿: lotus62 | 2011年4月30日 (土) 08時07分

春の暗渠はぬくい感じでいいですね。

春暗渠 
石積み護岸 
風呂屋前 
煙突モクモク  
蓋はカタカタ

ですなあ。

投稿: 俊六 | 2011年5月10日 (火) 23時25分

ふふ。
はっぴいえんどのアルバムに入ってそうな
歌ですねー!
声に出してよんでみるとまたいいかんじ、
ですなあ。

投稿: lotus62 | 2011年5月12日 (木) 13時36分

昭和38年まで、池尻周辺には三菱電機世田谷工場がありました(→相模原に移転)。そのため、三菱系の建物が多くあります。
昭和59年の世田谷電話局(太子堂)の火事で、全国の三菱銀行の取引が停止になってしまったのも、ここに三菱銀行のデータセンターがあったためといわれています。

投稿: タタミ | 2011年8月 5日 (金) 22時57分

タタミさま
コメントどうもありがとうございます。
なるほど、もとは「三菱村」ですか!! 知りませんでした、貴重な情報、とっても感謝いたします。
そういえば寮とか、今でも三菱系多いような気がします。
電話局の火事、私は当時羽根木にいたのでよく憶えています。
ですが三菱銀行のことはこれまた知りませんでした;;;
ほんとうに、こんなふうに以前の姿をご存じな方からのコメント、たいへんたいへんありがたいです。
どうぞ今後とも、お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

投稿: lotus62 | 2011年8月 6日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 目黒川三菱支流(仮)の蓋暗渠:

« 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび①星薬科大横の水路と戸越銀座 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび②西五反田川(仮)と溜池 »