« 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW④堀切菖蒲園駅の「家蓋」暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW⑥お花茶屋の3本並行暗渠と夜の新宿 »

暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW⑤あっちこっちのクルマ止めと立石バーガー

さらに、シリーズは続きます。

堀切菖蒲園から近辺をまたうろうろ。

水色のクルマ止めも鮮やか。
Imgp9012

基本的にはこんなステンレスタイプの
新しめのクルマ止めが多いのですが、
あちこちで暗渠が確認できます。
Imgp9015

Imgp9017

ほんとにこの辺は用水路でくしゃぐしゃだったんだろうなあ、
と昔が偲ばれます。

おお、惑星直列型のマンホールも。
Imgp9019

そしてこの裏にあるのが、「手動販売機」でおなじみの
立石バーガーです!

実は私も立石バーガーについては
・なんか「手動販売機」という触れ込みの
・変なハンバーガー屋さんが
・立石というよりはお花茶屋とか堀切のほうにあって
・なんかB級っぽいかんじで有名
くらいの予備知識しかなかったんですが。

これが笑っちゃうくらい面白かったんです。

立石バーガーの実物を知り、
いくつか箇条書きで説明をしますと
●ハンバーガー屋さんではなく実は普通のパン屋さんっぽい。
●おじさんが一人でやっている。
●商品は、ハンバーガーだけでなく、
●いくつかパン系の商品がある。
●あろうことが食パンまで売っている。
●対面で販売するのでなく、楽しい仕掛け窓口で商品を売る。
●窓口は商品によって違っていて、仕掛けも違っている。
というお店なのです。

ファサードがこれ。
Imgp9024

そしてこれが主力商品と思われる「立石バーガー」を販売する窓口、
いや「販売機」です。
Imgp9021

ここにお金を入れると、
どうやらお店のおじさん(写真をよく見ると店内に見えます)が
金額を確認し、
なんか遠くから操作してこの取り出し口からばこんと
商品がでてくる仕組みです。
遊んでるんかい、おじさんw!

まあそのツッコミどころ満載のB級オートマチック具合が最高で、、
ついついいろんな商品が出てくるところを見たくなってしまうわけです。
あ、ちなみに出てきた「立石バーガー」がこれ。
Imgp9022

違う「販売機」で私が買ったのがフィッシュバーガー。
Imgp9023

このほか、CDプレーヤーみたいな円盤から出てくる
パンケーキなんかも売ってます。

そしてこれは食パンの販売機、名付けて
「ジャンピング食パン」w
Imgp9020

なんかどっかから食パンが投げ出されてくるようで、
一行の期待と注目をひときわ集めていました。
(でもこの後の行程で荷物になりそうだから
実はみな実際に買おうという勇気がイマイチでない)

なんだろうね、これどうやって出てくるんだろうねと
あれこれ想像しているうちに
我慢できなくなった隊員が一名やっと現れたのですが、
あいにくこの日は食パン売り切れ、
ということで残念ながら体験はできませんでした。
それにしても、
なんだかどっかの工業高校の文化祭で出店している店みたいに
に楽しいところでした。

あ、なんか今回は立石バーガーの話ばっかりで終わっちゃったよw

より大きな地図で マナイタ を表示

|

« 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW④堀切菖蒲園駅の「家蓋」暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW⑥お花茶屋の3本並行暗渠と夜の新宿 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

年度末の猛烈な仕事の忙しさから少しだけ開放されたので、ようやくコメントできるようになりました。
今回のルートは私が行ったことある範囲ですね。
立石バーガーは、私の訪問時は営業時間外だったので、実際に注文、じゃなくて利用した様子を見られて面白かったです。
ところで、立石バーガーの味の方はいかがでしたか?

投稿: 猫またぎ | 2011年3月25日 (金) 19時45分

猫またぎさん、おつかれさまでした。
もうこの次の回を更新しましたが、ご覧のとおり金阿弥橋とかモロかぶりでしたw

ある方の情報によるとここは元定食屋さんだったそうです。
確かに店の内部(手販機の内部?)はそれっぽい造りでした。
で、味ですか?・・・
まさに食とはエンタテインメントですねえ。そういう意味ですごくおいしかったですw

投稿: lotus62 | 2011年3月28日 (月) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW⑤あっちこっちのクルマ止めと立石バーガー:

« 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW④堀切菖蒲園駅の「家蓋」暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW⑥お花茶屋の3本並行暗渠と夜の新宿 »