« 暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流①アボカド公園と「前野町の支流」 | トップページ | 暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流③どうにもならない広い道暗渠 »

暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流②ちょっとだけスリバチハンター

前野町を流れる支流を追って、
出井川に合流するところまできましたが、
その目の前には大きな池がありました。
見次公園の池、です。
Imgp8511

けっこうデカい池で、釣りも自由にできるようですね。
ヘラブナなんかが釣れるようです。
さて、このあとはどこに行こうかと、
手元の地形入り地図と公園にあった近隣地図とを見比べます。
どうもここから北西にかけては
短いけど深い谷があり、道もぐにゃってるので
もしかしたら谷を這う水路が見つかるかもしれません。
ってことで、その北西の谷を目指してみることにしました。

谷の終わりは住所でいうと志村1-24あたり。
Imgp8513

ここから谷を登る道を目指します。
さっそく、不自然に広い幅を占める歩道が目につきます。
うん、怪しいですね。
Imgp8517

横を見ると谷を駆け上がる階段。
Imgp8516

うーん、この「ヘタウマのデッサン」みたいな
素朴な線がいいですね。

谷底、かと思って登っていきましたが、
全然見当が外れていました。
この道の左、つまり西側には更なる谷底が広がっています。
見てくださいこの西側のスリバチ具合。
Imgp8518

スリバチ谷底には住宅が固まっており
ここに降りる道は見当たりません。
このスリバチを囲むように両脇のちょっと高いところに
二本の道が通っています。
「暗渠ハンター」からちょっとだけ「スリバチハンター」に
役柄を変更し、このスリバチの周りを
うろついてみることにしましょう。

いま登ってきた坂を振り返ります。
谷底からたぶんわずか200mくらいですが、
こんな高いところまで来ました。
Imgp8522

山頂から、スリバチの反対側の道に移動して
またこの谷を下ってみようと思います。

山頂には延命寺というお寺がありました。
Imgp8523

その横には志村第三公園という公園があり、
その隣に下り道があるのですが…。
その公園がまあ見事な…
Imgp8524

スリバチ公園でした。
前回のアボカドみたいな出井の泉公園もすごかったけど、
ここも相当な谷底気分で遊べる公園です。
恐るべし板橋。
ここはスリバチ公園の宝庫なのかもしれない。
ってまだ2つ目ですが、
数時間のあいだに見事な物件を立て続けに見てしまうと
かなり威力を感じてしまいます。

では、公園横のこの急峻な道(ってかもはやこれすら崖ですわw)
を降りて再び谷の下方に向かいます。
Imgp8526

途中に広い駐車場がありましたが、
奥はやっぱり崖。
このおじさんもその谷っぷりに見とれているようです。
Imgp8527

あとからこの駐車場の向こうがわ、
崖上からここを眺めることができました。
Imgp8532

むわー。すばらしいスリバチビューです。

左の、住宅が密集するさらなる谷底を挟むように、
下り道はこんなふうに続きます。
Imgp8528

点々とあらわれるマンホールに、
もしやてっぺんから続く排水路があるかも、
と思いながらも
暗渠である決定的な証拠はつかめません。
Imgp8529

すげえなあ、こっちはなんだかダムみたいだよー。
Imgp8530

とうとう水路の痕跡は見つけられぬまま。
しかし出井川にむかって僅かの距離で平坦になるところには、
クリーニング屋さんが出現。
Imgp8531

うーん、広い歩道とマンホールとクリーニング屋さんだけだな、
ここで掴んだ暗渠サインは…。

ふもとに戻ってまた地図とにらめっこ。
お。
どうやら今来た山頂の向こう側には湧水ポイントがあるらしい!
(って今気づくなよ自分;;;)

もういちどこの谷を登って、
中山道(さすが古道は尾根道ですね)を越えたところに
薬師の泉」というのがあるようです。
よし、行ってみよう!
住所を見ても、「小豆沢(あずざわ)」なんて、
素敵(水系しかも甘くて美味そう)な名前ではないですか!!!

喜び勇んで着いたものの。
Imgp8537

この日は大晦日だったんです。
休園日だったんです。
入れなかったんです。
知らなかったんです。
悔しかったんです。

しゃあないからこの門から中を精一杯覗き込んで一枚;;;。
Imgp8538

さーてずいぶん遠くまで来ちゃいましたが…。
まだ正午くらい。寒くなるまでにはもうすこし時間があります。
次は…。
ヒルメシをいただくところでも探しに、
近くの志村三丁目駅方面にでも向かおうかな、と。

で、実際に行ってみると、
ヒルメシどころではなくなるものを見つけ、
夢中になってしまいました。

それは、次回で!!!

より大きな地図で 出井川周辺 を表示

|

« 暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流①アボカド公園と「前野町の支流」 | トップページ | 暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流③どうにもならない広い道暗渠 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

うーん、いやいや、やっぱり見たことない光景ばっかり!
ガードレールを斜めに取り付けた旧階段とか、ダム的光景とか、見落としていたスポットがいっぱいでした。
やっぱりドキドキするような展開です。

なお、ここからはちょっと離れていますが、小豆沢(あずさわ)二丁目は、私が6~14歳を過ごした思い出の地です。
ちなみに、「あずさわ」の「あず」は、「崖」の意ですね。
「あざぶ」の「あざ」と同語源です。
麻布も崖地ですよね。

投稿: 猫またぎ | 2011年2月 8日 (火) 09時30分

猫またぎさん
うわあ、なんかそういっていただけると素直にうれしいです。
ほんとにありがとうございます。

小豆沢2丁目にいらしたんですねー。それはそれは美味そうな…。と思ってたんですが、
「あず」、崖の意でしたかー。勝手につやつやの美味そうな小豆を妄想していました。
しかも「麻」もとは・・・なるほど、知りませんでした!

投稿: lotus62 | 2011年2月 8日 (火) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流②ちょっとだけスリバチハンター:

« 暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流①アボカド公園と「前野町の支流」 | トップページ | 暗渠ハンター 出井川きまぐれ漂流③どうにもならない広い道暗渠 »