« 暗渠ハンター 渋谷区東のあたり | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW②東京拘置所のまわりをぐるっと »

暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW①橋裏ばっかしのプロローグ

スリバチ学会から派生した「マナイタ学会」という謎の組織がありまして。
先日主宰のF沢さんにお誘いを受けて、
一日がかりのフィールドワークに参加してまいりました。
大雑把に行程を言えば、
北千住に集合して牛田から隅田川を越え、
小菅の東京拘置所から綾瀬、堀切菖蒲園を抜けてお花茶屋に向かい、
亀有付近まで上がって新宿(にいじゅく)を通って金町でゴール、
という合計30kmにも及ぶもの。

そもそもマナイタってなんだ?と思われる御仁も多いでしょうが、
主宰F沢さんからは「謎の組織にしておきたいからあんま説明しないでね」と
言われているのであえて解説しませんw

この日はスリバチ学会会長をはじめ、
土地の微妙な高低差とか、寺社仏閣とか、
史跡はじめとした昔の痕跡とかスリバチ地形とか、
町の素朴なおいしいものとか貨物線とか、
歴史的な事件の現場とか処刑場とかとか…さまざまな関心領域をお持ちの
エキスパートの方々10人くらいが集まって、
その行程を歩いてきたわけです。
これから数回に分けてその行程を、
ここでは暗渠や水路切り口&橋裏切り口などで振り返りながら
ご紹介していこうと思います。

まあはじめは全行程の地図でもご覧ください。
(あ、手違いでした、文末に掲載いたします;;;)

さて午前中に北千住に集まった一行(ごめんなさい、遅刻しました;;;)、
主宰F沢さんから「ばかポッキー」をいただき栄養補給をして出発です。
この「ばかポッキー」というのはF沢さんの命名で、
一般的には「棒チョコパン」などと呼ばれているようですが、
すっかり「ばかポッキー」が頭の中に定着してしまいました。
それにしても「ばかポッキー」をバルクで持ってこられるとは、F沢さんw

北千住の北をぐるっと回って、駅の東方面、
隅田川のちょっと右岸である日ノ出町、柳原を歩きます。
この近辺を地図で眺めてみると、
柳原という土地を囲むように緩くカーブを描く道が
二重三重と南北に走っているのがわかります。
F沢さんによるとここのどれかが川だった、とのこと。
Imgp8856

Imgp8857

Imgp8858

歩いてみるとどれも怪しい…。
必殺東京時層地図ではこのうち真ん中の道に
川の表記がありますが、
周りは田んぼ。
おそらく一本だけが川だったのではなく、
烏山川上流のように
田んぼを挟んで動脈静脈みたいに複数の流れがあったんじゃあないかなあ、
とひそかに思っております。

南下するとすぐに東武伊勢崎線の牛田駅の近くに。
このあたりには名物鉄橋がありまして。
なんと桁下1.7mという極低鉄橋。
Imgp8865

橋裏の眺めはこうです。
Imgp8864

上がスケスケで、なんともここを電車が通りかと思うとかなりゾクっとしますね。

じつは先ほどの川跡とここはそこはかとなく
つながっているようにも見えます。
もしかするともともと川の上を通す鉄橋で、
人や車がここを通ることは想定していなかったんじゃないかと思います。
鉄橋の先の小さな祠には
橋の親柱が残されていました。
Imgp8866

…と思っていま時層地図みてみたらやはりしっかり川でした。

すぐにもう一本線路を潜ります。
京成本線の鉄橋。
Imgp8868

うーん、この適度に複雑な構造もいいですが、
錆、いや寂び具合が見事。
見ごたえのある橋裏です。
しかも、ちゃんと元・川から見上げる橋裏ということになります。

さてこっからはいよいよ隅田川を対岸に渡ります。
これは314号線・隅田川に架かる堀切橋の橋裏。
くっりりした緑色が鮮やか。
Imgp8869

そして堀切橋の途中からの、
隅田川右岸の眺め。
ここいらの、314号線・京成本線・東武伊勢崎線が
束になってるあたりは古くから池が点在していたようです。
Imgp8870

さあ、隅田川の向こうに小菅水再生センターが見えてきました!
Imgp8872

次回は隅田川の左岸から!

より大きな地図で マナイタ を表示

|

« 暗渠ハンター 渋谷区東のあたり | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW②東京拘置所のまわりをぐるっと »

4000 橋の裏側を見てピーリング」カテゴリの記事

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

オッ、古隅田川ですね、。
いつかは歩いてみたい河川のうちの1つです。
できれば近日行ってみようかと思っているのですが…。
その際は参考にさせていただきます。

投稿: リバーサイド | 2011年2月23日 (水) 21時06分

えー、新宿ですか。
こないだ歩いてきたところです。
小菅水再生センターも行ってきましたが、なかなかすごい所でしたね!

新宿では個人的に目玉のポイントがあり、近いうちに超興奮のレポート公開予定なのですが、lotus62さんとかぶってないか心配ですw
lotus62さんのレポートを待ってから考えたいと思います。

リバーサイドさんのおっしゃる古隅田川もちょこっとだけ歩いてきました。
こちらもリバーサイドさんを待とうかな。

投稿: 猫またぎ | 2011年2月23日 (水) 23時00分

柳原はいいですよねぇ。
古隅田川の川筋もいいけど、町中の細い路地が何とも言えずいいです。猫もいっぱいいるし。

千住自体猫がいっぱいいるし、大黒湯を始めとしていい銭湯がいっぱいあるのでお気に入りの地域です。。

この辺りは自分の中の鉄スポットでもあり、荒川河川敷で東武下り・上り・つくばエクスプレス・常磐線・千代田線の橋梁眺めたり、314号の歩道から東武と京成の交差を眺めて楽しんだりしていました。
スカイライナーとスペーシアが交差する場面を見てみたいんですが、タイミングが合わなくてまだかなわないんですよ。
高さ1.6mの枕木で懸垂できるガードには行かれなかったのですね。残念。

あ…また川や暗渠に関係ないコメントしてしまいました。
すみません。

投稿: ろっち | 2011年2月24日 (木) 01時08分

■リバーサイドさん
古隅田川、この日は衝撃的な現場に遭遇しましたw 蓋暗渠開けて工事してたんですよー。
これはこのシリーズでレポートします!

■猫またぎさん
新宿取り上げるのは何個先になることやら・・・w
でもその目玉物件って、道路っぱたのアレの跡のことですか???

■ろっちさん
なるほどー、たしかに鉄分充満のポイントですよねー!!
1.6mっつのもあったとは・・命がけの懸垂ですねw
暗渠に関係なくっても大歓迎ですよー♪

投稿: lotus62 | 2011年2月24日 (木) 12時17分

古隅田川(の支流)で工事してたのは見てましたけど、蓋開けて工事してたんですか?
最初から開渠とばかり思ってましたが。
ひょっとして私が見たのとは違う場所かも知れません。

で、新宿の「道路っぱたのアレの跡」って何ですか?
やっぱり違う所を見ているかも知れませんねぇ。
新宿編を楽しみにお待ちします。

投稿: 猫またぎ | 2011年2月24日 (木) 22時04分

 蓋あけて工事してたんですよ、大々的に!
綾瀬の駅前から続く自転車置き場のところ。
>で、新宿の「道路っぱたのアレの跡」って何ですか?
たはは、違ってるみたいですねw
猫またぎさんのヤツも楽しみにしています!!

投稿: lotus62 | 2011年2月25日 (金) 13時26分

かどやのやりかけだんご、が、なーい!

投稿: nama | 2011年2月25日 (金) 17時22分

・・・・先が長いのでばっさり割愛させていただきましたw
っつかそれぜひ「暗渠さんぽ」ブログでお願いしますよーww

投稿: lotus62 | 2011年2月25日 (金) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW①橋裏ばっかしのプロローグ:

« 暗渠ハンター 渋谷区東のあたり | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ学会真冬のFW②東京拘置所のまわりをぐるっと »