« 暗渠ハンター 大池小池・洗足池界隈③貉窪のはなし | トップページ | 暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行①奥多摩駅の工場と暗渠 »

暗渠ハンター 大阪森ノ宮から玉造

大阪の環状線の東のほうの駅。
ちょうど大阪城がある近くにあるのが「森ノ宮」です。

ちょっとこの地まで日帰り出張の仕事があり、
仕事時間の前後にこのへんを少しだけ散歩しました。
まったく土地勘がない初めての場所。
地図の下調べさえない唐突な散歩。
所用自体は、
それに臨むのにある種の緊張を強いられるような性質のものだったので、
その前後の冷却タイムとして・・・。

JR森ノ宮駅の改札を出たところの地図で付近を確認。
駅のすぐそばにくねっとした路地があったので、
目的地と反対方向でしたがまずはそこをめざすことに。

なんのことはない森ノ宮駅の高架下の一角です。
Imgp7233

しかしここの奥に進むと、この路地に屋根がかぶさり・・・。
Imgp7234
これもアーケード街ていうのかな。
よくみると左下に小さな側溝がありました。

アーケードの端っこまで進んでいまきた道を振り返ります。
Imgp7236_2 
側溝は右下にまだ続いています。
アーケードを抜けると道端には護岸のような構造物が現れます。
Imgp7237
はたしって川跡なのか・・・。
これから待つ仕事のことを思うと、
そんなことを考えるのも億劫になってしまいました。
(珍しくげんなりモードw)
まあはるばる大阪まで来て、
わずかの時間でこういう類のものを見られればそれでいいやあ。
そんな気持ちで街歩き。

ふとJRの高架を見上げると、
それはそれは神秘的で美しいテクスチャの橋裏が。
Imgp7239

ちょっと気分が晴れてきたw
住所でいうと中道1-12というあたりです。

ここからは地図にも頼らず30分ほどの風来坊活動。
なんか変な窓。
いくつかの枠が塗りつぶされるように埋められていました。
Imgp7243

道端の販促品屋さん。
なんだか「Dream Realizer」って文句がいやに刺さりました。
Imgp7245

細道に入ってさらにうろうろすると、
古い建物が目に入ったので近づいてみることに。
Imgp7247

あ。家の前に水路っぽいものが。
デラックスな蓋つきです。
Imgp7248

辿ってみようと試みましたが、この両端の先に水路は見当たりません。

さて数時間の仕事が終わって帰り道。
JRの隣の駅である玉造方面を目指します。
あ、もちろんあてがあるわけじゃないんですが。
上町1-1にある交番付近で、水路らしきものを見つけました。
Imgp7258

どうやらこの付近には昔、お寺が集中しており
「寺町」と呼ばれたそうです。
付近には、給水塔なんだか火の見やぐらなんだか
わからない廃墟テイストの塔。
Imgp7256_3

その南側には、府営寺山住宅という団地がそびえます。
Imgp7262

このあとも目を皿のようにして水路を探しましたが、
もうそれらしいものを見つけることはできませんでした。

森ノ宮から玉造まではほぼ平坦で、
劇的な崖や谷はありません。
しかし、玉造から南にかけて(長堀通)の手前には
ちょっとだけ下り傾斜があります。
その玉造から長堀通に降りるところに、階段。
Imgp7263

下から見るとこんな感じ。
Imgp7264

ローマみたい!
と、言えなくもない。玉造2-16のあたりでした。

さらに並行してもう一本。こんどは細め。
Imgp7266 

ふう。もう目の前が玉造駅です。
おお。駅前からJRを見上げたらまた美しい橋裏景色が。
Imgp7268_2 

見上げてごらん橋の裏を♪
ってなこと考えてたらなんか少し元気になってきました。

東京までの新幹線で今日の仕事のレポートを仕上げようと
今日は自宅からPCを担いできています。
新幹線でPCひろげるの初めて。
よし、さくっとレポート書いて、
名古屋あたりからビールでも飲んで帰るか。

より大きな地図で 森ノ宮 を表示

|

« 暗渠ハンター 大池小池・洗足池界隈③貉窪のはなし | トップページ | 暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行①奥多摩駅の工場と暗渠 »

4000 橋の裏側を見てピーリング」カテゴリの記事

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 大阪森ノ宮から玉造:

« 暗渠ハンター 大池小池・洗足池界隈③貉窪のはなし | トップページ | 暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行①奥多摩駅の工場と暗渠 »