« 暗渠ハンター 大阪森ノ宮から玉造 | トップページ | 暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行②沢井駅の小澤酒造の澤乃井などのこと »

暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行①奥多摩駅の工場と暗渠

さて今回シリーズは、暗渠や工場などの複合企画です。
紅葉華やかな季節に、
JR青梅線のどんつき・奥多摩駅そばの奥多摩工業の工場と、
それからその数駅手前の沢井駅そば、小澤酒造の酒蔵へと行ってきました。
そのご報告をもちろん暗渠付きでお送りします。

まずは奥多摩駅。
「駅から見える工場。それも意外なコントラストで」
という意味で工場マニアの間では有名なスポット。
私の専門は化学工場ですが、ここは以前からかなり行きたくっていました。

都心から約二時間、青梅線で多摩川の源流を遡り
(イメージカット)
Imgp7304

支流である日原川が多摩川に注ぎ込むあたりに終点の奥多摩駅があります。
全貌ではないですが、
まずはホームからもそれが見えるってのはかなりの衝撃です。
Imgp7307

気分が盛り上がりますねぇ。

駅を降りて奥多摩町役場に向かう道から
この工場の正面風景にアプローチできるのですが、
駅前でひっかかっちゃたのがこれ。
Imgp7314

いえね、駅前にテントが出てて、
ヤマメの塩焼きと澤乃井のワンカップを売ってるんですよ。
澤の井とは、この後見学に行く小澤酒造のお酒の銘柄です。
これに直球どまんなかで私のハートを打ち抜かれて、
ちょっと休憩、と相成りましたw
もふもふ。美味い旨い・・・。
これかなり幸せ度数高いです。

ちなみに駅の前には道を隔てて
多摩川に注ぎ込む直前の日原川の渓谷があります。
Imgp7347

つまり駅そばは川筋。
やっぱりバスターミナルがありました。
ってこれは単に駅前だからかw
Imgp7350

さていよいよ奥多摩工業へ!
正面に回り込むのに歩いて3分、ってくらいなのですが、
途中日原川を渡ります。
橋から見える日原川は、ものすごい透明度!
やっぱ山奥なんですねぇここは。
Imgp7323

まずは雰囲気をつかんでいただくために、
工場の全景をパノラマ写真でご覧ください。うりゃ!
Imgp7343_2

さあでは仔細に見ていきましょう。
まずはタンクみたいなパーツ。
Imgp7328

もっとアップで。
Imgp7329

つぎは各所を結ぶベルトコンベヤみたいなところ。
Imgp7331

その続き。
Imgp7333

まるで「ハウルの動く城」。
さらにアップ。
Imgp7332

ふぅー。
この紅葉の山の斜面に増殖する
なんともまがまがしい無機質の塊たち・・・。
普段お目にかかれないエキセントリックさです。
川崎あたりの京浜工業地帯でだって、
都心の様々な日常風景に隣り合って建っていることで十分
コントラストの強い「違和観」を作り出しているのですが、
この「違和観」はそれを箱庭みたいに凝縮していますね・・・。

そんなロケーションは、私のような工場萌え以外の人をも
惹きつけるようで・・・。
Imgp7335

右隅に写っているのは何人かのコスプレ集団です。
わざわざこのロケーションを選んでコスプレの撮影をしてましたw

工場の周りは紅葉がきれい。
しかし石灰を扱うだけに周辺の木立にも白い粉がばらまかれるんですね。
これは紅葉する木に交じる白い木。「紅白葉入り乱れる」の図。
Imgp7336

さて駅前に戻ってきます。
次の電車まで時間もあったので、暗渠はないかと駅前探索。
駅前は数件のお店が並びます。
Imgp7351

その裏側にあったのがこれ。「柳小路」。
いかにも「数件の飲み屋とともにある暗渠」が期待できるネーミングですね。
Imgp7352

すこし進むと、カーブとともに側溝が現れます。
Imgp7354

お、なんかいいかんじの消火栓。
Imgp7356

消火栓からいまきた道を振り返ります。
Imgp7357

正面にあるのは、味わい深い飲み屋さん。

その先も飲み屋さんが何件か点在し、
この町の歓楽街であることがわかります。
お、護岸みたいな石垣も現れました。
Imgp7358

すぐに柳小路は終わってしまいます。
終点の正面には三河屋さん、その横にお社。
Imgp7360

お社の向こう側は日原川が流れています。

さあそろそろ電車の時間だ。
再び駅前に戻ります。
おおーなんか貴重な山の幸。
Imgp7365

Imgp7364

電車に乗って次の目的地、小澤酒造がある沢井駅に戻ります。
さっき飲んだ澤乃井があんまりうまかったので、
電車のなかでもう一本w
んまい!
Imgp7366

今回と次回分の地図はこちら。

より大きな地図で 奥多摩 を表示

|

« 暗渠ハンター 大阪森ノ宮から玉造 | トップページ | 暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行②沢井駅の小澤酒造の澤乃井などのこと »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

奥多摩まで暗渠を追いかけましたかw
私は以前、多摩川沿いを歩いて記事を書いたことがあります。
(結構、しんどかった)
http://pub.ne.jp/sktk4a/?entry_id=2379033

奥多摩って魅力的な場所ですね。
廃線跡もあるようなので、今度行く時はそちらを探索したいとおもっています。

投稿: リバーサイド | 2010年12月14日 (火) 21時47分

いつもと感じの違う記事ですが、こういうのもいいですね。
駅から見えるこの工場は確かにインパクトあります。
あと、地図が思いっきり山奥!
あと、お酒飲み過ぎじゃないですか?w

投稿: 猫またぎ | 2010年12月15日 (水) 13時08分

■リバーサイドさん
青梅線沿いの奥多摩、これはかなりの距離があってツラそうです;;;wリバーサイドさんすごい!
白丸ダム(<知りませんでした)のあたりも面白そうですね。
奥多摩ハイキングフリー切符も知りませんでした。これ使えばよかったかも;;;;

■猫またぎさん
いや、記事にすると酒量多そうですが、
量はたいして飲んでないんですよ。
(ちなみに次回予約投稿分も酒絡みですがw)
でも味わい深いところに行くと、それを肴に飲みたくなってしまうんですねー。

投稿: lotus62 | 2010年12月15日 (水) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行①奥多摩駅の工場と暗渠:

« 暗渠ハンター 大阪森ノ宮から玉造 | トップページ | 暗渠ハンター&工場萌え 晩秋奥多摩紀行②沢井駅の小澤酒造の澤乃井などのこと »