« 暗渠ハンター 野方環7調節池についでに寄ってみる | トップページ | 暗渠ハンター 烏山川の上流②高源院の池とその先 »

暗渠ハンター 烏山川の上流①烏山松葉通り住宅の橋たち

烏山川の上流をたどっていくと、
甲州街道を北に越えたところに「烏山松葉通り住宅」という
昭和の香りがする団地があります。
昭和35年~40年に完成し、4階建ての棟がたくさん並んで
合計256戸(<おお、切りのいい数字!)。

地形でみるとこんなかんじです。
(google earthさんおよび「東京地形地図」さん毎度ありがとうございます)

Photo

桃色の円に囲まれたところがその団地。

この団地がふつうじゃない。
いえね、あっちこっちに橋跡が残る、
橋跡パラダイスなんですよ。
おそらく、昔はこのあたり、
烏山川の流れを使った用水路が
縦横無尽に走っていたんじゃないでしょうか。
団地造成が昭和30年代ですから、
それこそその前は見事な田園風景が広がっていたんだと思います。

甲州街道の北側、団地の敷地は高めのフェンスが設けられていますが、
甲州街道南側・下流からたどる川の軌跡上には・・・
Imgp0357

こんな風に欄干が残されています。
うひょー。

団地の敷地に入ってこの裏側を見てみると・・・
Imgp0360

目の前のこの砂利道が川跡、ということになりますね。
今年の夏でしたが、池尻から烏山川を辿って遡上してみました。
まあここまでは比較的楽に暗渠を追うことができたのですが・・・。
この松葉通り住宅に入ると
もうどこがどこだか流路がわかんなくなっちゃうんです。
いえ、暗渠サインが見つからなくってわからないんじゃなくって、
あちこちに橋の欄干が残りまくっているからなんです。

この敷地の東端で最初に見かけた欄干がこれ。
Imgp0324

「お!!!もしや橋跡!?」と喜び勇んで近づいたのですが、
この右側の住宅の「低い塀」にも見える・・・。
なんかポストも設置されてるしw
それに橋跡だとすると、
このおうちは川跡の上にどっしり建ってるってことになるよね・・・。
さすがにそれはないか・・・。塀か。やっぱ塀か。
と思って通り過ぎました。
ところが。

この団地の敷地内には
これとおんなじつくりの欄干があっちにもこっちにもあったんです。
Imgp0326

ほら。
この橋の向こうは、かなりそれっぽい荒れた暗渠道になっています。
Imgp0327

この周囲にはこんなスペースもあり、
Imgp0330

やっとさっきの「塀」は橋跡だという確信が持てました。
この橋跡の流れ以外にも、
敷地内には至る所に暗渠や橋が見られるんですね。
Imgp0333

Imgp0338

もう烏山川上流に向かうのをいったん止めて、
さんざんこの団地をうろうろしてしまいました。
ってかこれは黙って通り過ぎるわけにはいきませんw
Imgp0343_2

Imgp0348

お、またこの形の橋跡が。
Imgp0347

また違う場所にも。
Imgp0349

あろうことか、敷地内駐車場のフェンスとして
堂々と使われてたりもしますw
Imgp0351

この駐車場のはしっこを見ると、
なんか怪しい凹凸もありますね(正面)。
Imgp0352

近よってみると・・・。
Imgp0353

おおー。道路に川跡が残ってるー。

こちらは欄干のない橋。
Imgp0356

もともとはあったのかなあ。

しばらくうろうろしたのですが、
何せお盆の頃のピーカン天気。
あまりに暑いのでちょっと休憩。
この団地内には、給水塔のたもとに
団地住民のみなさんのこまごましたお買いものを一手に引き受ける
京王ストアがありました。
これがまた昭和の香りが充満するいい味のスーパーで。
ここで買った冷たい飲み物をぐびっと飲み干し、
もうすこし水源までの旅をすることに。
Imgp0336

ここから上流に向かうには、中央高速の高架を潜ります。
その高架の橋裏が、
ワッフルみたいに美しかったのでつい撮影w
Imgp0339

|

« 暗渠ハンター 野方環7調節池についでに寄ってみる | トップページ | 暗渠ハンター 烏山川の上流②高源院の池とその先 »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

すごい、すごい!烏山川の上流の方っていったら、
きっと杉並からもそう遠くはないのですよね?掠めているかも?
この橋跡パラダイスはすごいです。古地図があったら見てみたいものですね。

投稿: nama | 2010年12月22日 (水) 20時47分

昨年の3月ごろ(暗渠仲間の皆さんと知り合う前)、烏山川を歩いた時、
実はこの辺りで初めて暗渠探索の面白さを実感したんです。

それまでは単に河川の支流という感覚で歩いていたのですが、
(どちらかといえば整備された緑道のほうが気持ちよく歩けて好きだった)
暗渠ルートを追っていって、橋の遺構を発見した時、感激しました。
ある意味、私の暗渠趣味の原点といえる場所かもしれません。

投稿: リバーサイド | 2010年12月22日 (水) 23時05分

namaさん
もちろん杉並からも近いですよ!
ほんとに、古地図見てみたいです。あー、「東京時層地図」がドコモにも対応したら、
すぐにケータイドコモのスマートフォンに買い換えるんだけどなあ・・・
と制作協力者の杉浦さんと発売元の地図センターさんにはメールで懇願しておきました。
iPhoneユーザー以外のみなさんも、ぜひ懇願してみてみませんかw?

リバーサイドさん
原点。そんな場所に私も行けて、すごくうれしいです。
ずっと寝かせておいてお蔵入りにしようとおもっていたネタですが、
なんか拙いながらも書かせていただいて
嬉しく思います。どうもありがとうございます。
あ、KFCのおつかいとたからは支流も、お疲れさまでした。
よいクリスマスを!

投稿: lotus62 | 2010年12月24日 (金) 00時01分

ようやく出してこられましたね。
烏山川。
私も半日くらい行ってみたことがあり、今回の記事の前半くらいまでは見覚えがあります。
独特な雰囲気があっていいですよね。

烏山川については、地元の方が作っていた詳細な紹介サイトがありましたが、最近プロバイダーごと閉鎖してしまいましたね。
Web上で現時点で最も詳細な報告は、世田谷の川探検隊さん、ということになるのでしょうか。

投稿: 猫またぎ | 2010年12月24日 (金) 11時59分

こんにちは。
うちのサイトもこの界隈は歯抜けだらけです。観測は続けてるんですけどね。
時代によって小さな流路がころころ変わるので、公開はほとんど投げています。古地図で確認できるのは大水路だけです。
で、補足しますと、これらの橋は烏山用水(玉川上水からの分水)の名残ということになります。
数年前まで、京王ストア前の道路に立派な開渠がありまして、これが用水の(最終期の)本流でした。
この数年で橋跡の三割近くが減っています。

投稿: 庵魚堂 | 2010年12月24日 (金) 18時14分

■猫またぎさん
もう猫またぎさんのために出したようなものですよw
そんなサイトがあったのですね(見ていたかもしれませんが特定できません;;;)
現地から帰ってきてからググってみましたが、
やはり庵魚堂さんのサイトがとても復習に役立ちました。
って庵魚堂さんからもコメントいただいちゃいましたねw

■庵魚堂さん
歯抜けだなんてそんなw そしたら私の記事は歯もなくってふがふがですww
京王ストアの前、開渠があったとは!!!
東側の、金網柵囲いになっているところでしょうか。
橋跡も、あれでも激減しているんですね(ちょっと前まではさらに壮観だったんですね。実際田んぼがあったころにはほんとにすごいことになってた水郷エリアなんですねえ)。
やっぱりいろんなとこ、早く回らなきゃです。


投稿: lotus62 | 2010年12月24日 (金) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 烏山川の上流①烏山松葉通り住宅の橋たち:

« 暗渠ハンター 野方環7調節池についでに寄ってみる | トップページ | 暗渠ハンター 烏山川の上流②高源院の池とその先 »