« 暗渠ハンター 烏山川の上流①烏山松葉通り住宅の橋たち | トップページ | 暗渠ハンター 谷沢川橋めぐり①「ふつう」のすごさ »

暗渠ハンター 烏山川の上流②高源院の池とその先

前回烏山川上流の橋跡地帯をご紹介しましたが、
今回はまたもうちょっと上流を。

前回の烏山松葉通り住宅という団地を抜け、
中央高速をくぐるとまた別の団地が登場。
東京都住宅供給公社烏山北住宅、
って長い名前のやつと、
これに隣接して烏山アパート、
ってのがものすごい広い敷地に立ち並んでいます。
うーん、やっぱ川跡の田園地帯を一気に開発して団地に、
ってパターンなんでしょうね・・・。
こちらの造成時期はちょっとわからないのですが、
たぶん雰囲気からいってやっぱり昭和なんだろうな・・・。

さてこの東京都住宅供給公社烏山北住宅の敷地の
東に川跡があります。
ほら、前回の欄干のミニ版みたいですね。
Imgp0375

橋の下を覗くと・・・。
お!開渠です!!
Imgp0376

立派なはしご式開渠。
Imgp0378

それにしても「甲類自治会」って・・・w?
なんだろうと思ったら、こんなページを見つけました
ここ、地元では「青葉団地」と呼ばれているのですね。
どうやら甲類と乙類とあるようです;;;;
どうも建て替えを検討中のようですね。
きっと意見を取りまとめたりするの大変だろうなあ・・・。

さてさっきみたいなミニ橋がいくつか続いて、
Imgp0379

三鷹のほうに続く道路を越えると、
玉川上水にぶつかります。
玉川上水からの分水路はこれ。
Imgp0381

なんか、なぜか包帯巻いた傷痕のように見えました。
もうずいぶん長いことこんな状態なんだろうな・・・。
このすぐ向こうが玉川上水です。
分水はしばらくこんな状態で家の裏手を流れ(下の写真奥)
Imgp0388

この岩崎橋のたもとで上水と別れ出るようです。

Imgp0389
玉川上水の水面。この木の茂り方!夏ですねーw
Imgp0391

場面は変わりまして、団地の西側です。
西側には、すぐそこに
「烏山川の水源」といわれる高源院が控えています。
そこまでをつなぐのが、この暗渠。
Imgp0400

Imgp0402

ちょっと形を変えてどんどん続きます。
Imgp0403

しかーし。いいとろで金網の向こうに消えてしまいます。
Imgp0404

このあたりのことは、もちろん庵魚堂さんの
「世田谷の川探検隊」
にもしっかり書かれておりました。

この延長線上に、高源院。
立派な池がありますね。
Imgp0409

たくさんの鴨がいて、
コウホネの黄色い花も咲いていました。
Imgp0411

池尻からは結構時間がかかったので、
ちょっとした達成感がありました。
「もう終わりかー」なんてさびしい気持ちにもなりますw
高源院をぐるっと回ってかえろっかなーと思っていたら、
お!おしくらマンホールか!!!
Imgp0416

よくみたら輪郭はカブってなかったです。
惜しい!!きみは「おしくらマンホールもどき」だったか。

などと考えて進んでいると、
あ!!!!!!!!!!! 右手に見えるのは・・・。
Imgp0417

高源院の先にも流れがあったようです。
高源院の北を東西に流れる暗渠でした。
しかし暗渠はここで終わり。
西に向かって微妙に高くなっているので、
この暗渠を西に伸ばしたこの道が川筋だったのかもしれません。
Imgp0419

ちょっといくと、おそらく高さのピークにあるのが
この下本宿南公園。
Imgp0421

ここから西は微妙に下りになり、
玉川上水牟礼分水(高山地区を通り抜ける、これ)から
中川・水無川となる谷に向かっているようです。

さすがにこの流れは手持ちの資料にはありませんでした・・・。
今後も調べを続けてみます!

より大きな地図で 烏山川・高原源院あたり を表示

|

« 暗渠ハンター 烏山川の上流①烏山松葉通り住宅の橋たち | トップページ | 暗渠ハンター 谷沢川橋めぐり①「ふつう」のすごさ »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

高源院と団地との間の流路、北側の一般道を歩いていました。
おかげ様で間違いに気づきました。(記事、訂正しなきゃ(汗))
当時は暗渠初心者?だったもので・・・こんなはっきりとした跡も見逃していたんですね。要リベンジ!!

高源院の池から東側へと流れ出る開渠がありました。
あと玉川上水からクネクネ、そして国学院久我山高辺りを通る
流路もあります。(畑の中を開渠で通っています)
このあたり、かなり錯綜していたんじゃないかと思います。


投稿: リバーサイド | 2010年12月25日 (土) 10時17分

やっぱり烏山川、見応えありますね。
出し惜しみしないで下さいw

私がたどれたのは、ミニ橋の最上流の所まででした。
そこで日が暮れ、時間切れとなりました。
開渠の最後をのぞき込むと、完全にふさがれていましたね。
前回コメントした地元のサイトでも、そのことは書かれていましたよ。

投稿: 猫またぎ | 2010年12月25日 (土) 19時44分

■リバーサイドさん
畑の中の開渠!
まだあるんでしょうかね・・・。久我山高のほうにはいかなかったのですよー。悔やまれます;;;
そうですね、京王線以北はほんとにぐしゃぐしゃですね。
調べるほどに「もういいや、どこが流路でも」という気にさせる、鎮静効果のある暗渠だと思うんですw

■猫またぎさん
いえいえ出し惜しみだなんてそんなww
特にこの上流部、かなりの錯綜具合だったので
記事にするのが面倒(w)だっただけなんですよ。自分で明確な答えを持ってなかったし。
とはいえ前回の橋だらけ団地や今回の高源院のその上流についても早く触れておきたかったのもありまして、今回はかなり断片的なご紹介になってしまいました;;。

投稿: lotus62 | 2010年12月27日 (月) 11時31分

学生時代、牟礼や三鷹台に友人が住んでいたこともあり、高源院あたりの暗渠/水路はちょくちょく辿りました。高源院の池の東、lotusさんが地図に引かれている暗渠の一本北側にも並行して暗渠があり、当時はまだ開渠でした。ただ、残念ながら白濁した汚水が流れていましたが・・・。リバーサイドさんが記されている久我山高校方面の水路は、辿っていくと途中から暗渠となり、最終的に三鷹台団地の北東側で牟礼村分水に行きつきます。

投稿: HONDA | 2010年12月28日 (火) 23時33分

そのご友人はそんなHONDAさんにどんなツッコミ入れてたかが気になりますw
そうですか、あの北にも一本、しかも開渠ですかー。惜しいことをしました・・・。
リバーサイドさんご指摘の開渠、Google earthやgooで確信してみました。
へぇー、あれが牟礼村分水に、ですか!。意外。そうか、もう国学院のあたりでは烏山川との分水嶺越えるんですよね・・・。なるほどー。

投稿: lotus62 | 2010年12月29日 (水) 18時12分

烏山団地には小学校卒業まで住んでいましたから、懐かしかったですね。
当時烏山北小学校に通っていたのですが、小5のときに、子供が増えすぎて武蔵丘小学校が出来
そちらに編入したんですが、その通学路の脇が通っているうちにコンクリの蓋がされていった
のを覚えています。今もたまにクルマで近くを通ることがあるのですが随分変わってしまいました。
玉川上水にはよくザリガニ釣りに行ったものですが、あそこは川縁が内側に深くえぐれていて、
水死体が今も引っかかっているといった怪談めいた話もあります。

投稿: 買う研所長 | 2011年1月17日 (月) 11時52分

お待ちしておりましたよー買う研所長さん!!
「通ってるうちにコンクリ蓋」!!!まさにリアルタイムで施工過程を体験されたんですね!
そのとくはどんなお気持ちだったのでしょう?(<ってどうとも思わないかw)
玉川上水でザリガニ釣りですかー。
堤防から水面って結構な距離ありましたよね?長ーいタコ糸が必要だったんでしょうね。
近所の方にとっては、遊びや憩いの場であるとともに、怪談話にあるようにある種の異界というか、闇の場でもあったんでしょうね。
どうぞ今後ともお気軽にコメントくださいませ!

投稿: lotus62 | 2011年1月17日 (月) 12時15分

もう何年も前の記事にコメントしてすいません。このコメ欄で話題に出ていた「畑の中の開渠」ですが、本日見たところ、まだ残ってました。ただ、上流部分では畑が無くなり、東八道路という新しい道が建設されており、その少し下流の開渠も住宅街の中になってしまっているため、見に行くなら早めに行った方が良いかもしれません。

投稿: yamayama | 2016年6月29日 (水) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 烏山川の上流②高源院の池とその先:

« 暗渠ハンター 烏山川の上流①烏山松葉通り住宅の橋たち | トップページ | 暗渠ハンター 谷沢川橋めぐり①「ふつう」のすごさ »