« 橋の裏側萌え ちかごろ橋裏事情 | トップページ | 暗渠ハンター 夜の赤坂水幻想 »

暗渠ハンター 戸越商店街に川?

このところ断続的に、下北沢一番街商店街の谷や、
広尾商店街の裏路地やらを取り上げましたが、
商店街シリーズ第3弾として今回は戸越銀座商店街を。
別に意図して商店街を狙っているわけではないのですが、
なんか重なっちゃいましたね。

戸越銀座と言えば、もう谷であることは
暗渠界の方々にとっては常識的なことかと思いますが、
まあ川の痕跡があるかどうかを一応買物ついでにチェックした、
というあまりパンチもエッジも効いていないレポートになりそうな予感が
ひしひしとしますが・・・w

この戸越銀座の流れと合流することになるであろう
「古戸越川」については、HONDAさんが記事にされています

休日の夕方、たぶんいちばん商店街も活気付くであろう時間帯に
戸越銀座駅から東進してみます。
Imgp6325
一見、派手な色合いの風景で活気がありそうに見えますね・・・。

おっと、10mも歩かないうちに横道暗渠が・・・。
Imgp6324
入ってみましょう!
Imgp6326
おお、左側も崖だ。
進んでいくと、崖上の自転車置き場に抜ける横道がありますが、
その先まっすぐは行き止まり。
Imgp6327
ふむふむ。

まあ先は長いし、次いってみよう!
左側(つまり北側)はもうすごい崖になってますね。
Imgp6328

北側に向かって何本かそれっぽい道はあるのですが、
決め手に欠けますね。
でも充分わくわくしますけど。

お、この先には数段の階段が。
Imgp6329
そして階段の足元にたくさんのマンホールが。
美しい配置ですね。
Imgp6330

お。暗渠サイン。
この界隈では有名な露天風呂のある銭湯、戸越銀座温泉です。
Imgp6331

戸越銀座温泉を過ぎてさらに奥に向かうと、
ぜっんぜん暗渠と関係ないのですが「エビス」という焼鳥屋さんが。
Imgp6335

持ち帰りもできますが、すばらしいのは路肩にテーブルと椅子が出てて
ここで一杯やっていけるところ。
当然ビールと焼鳥を注文。
たいして疲れてもいないのに無理やり休憩します。
Imgp6333
うわーうめー。ロケーションも最高です。
アウトドアビールon川跡(たぶん)!

さてこのへんで、一本北側で並行する通りに入ってみます。
地図を見ると、戸越商店街に並行するようにくねった道があるのです。
谷底である商店街より少しだけ高いところを下っていくので、
これももしかすると川跡かも知れません。
単純な推理では、
さらにこの北側に流れる品川用水から水を落とした用水で、
商店街の川と並行しながら周りの田圃を潤していた、
のではないかと思います・・・。
道は断続的ですが、こんな箇所や
Imgp6341
こんな箇所など、
Imgp6338

Imgp6342
決め手には欠けるものの暗渠テイストにあふれています。

商店街に戻って、戸越銀座方面に引き返しながら、
こんどは南側に伸びる道も丹念に注目していきます。
お、怪しいのがあったあった。
Imgp6348
その先はこんな。これはキテますね。
Imgp6349
もはや日が暮れてほとんど暗闇状態ですが、
どんつきは3段ほどの階段が。
Imgp6351
階段登ってどんつきを東に曲がっていったところには、
コインランドリー。
Imgp6353
面白いことに、その向いにはコインシャワーです。
Imgp6354
暗渠の匂いプンプンですね。
どうやら戸越商店街の北側、南側の両方に、
並行する用水らしきものがあったのではないか、
と思うんです。

ではあとは、商店街で見つけたいくつかの暗渠サイン。
戸越銀座駅付近にあった銭湯、金泉湯。
戸越銀座温泉について2軒目ですね。
Imgp6369

その近くには、2軒隣り合ってクリーニング屋さん。
Imgp6370
商売になるのか・・・w?

商店街の中ほどには、カキ氷も食べられる氷室もありました。
Imgp6364

今回はまだwebで調べただけですが、
戸越銀座商店街近辺の昔話も少しだけ読むことができます。

ひとつは、「戸越銀座の昔話
さきほどの氷室とは2ブロック違っていますが、
昔からあった氷室についての記述もありますね。

もうひとつは、「大崎周辺の昔話
これによると、昔はこのあたりはたくさんの湧水が湧いていたらしいです。
そりゃきっと川にもなるでしょう。

じっさい商店街となるまではずいぶんぬかるんだ地で、
震災後銀座で復興を図るにあたって、瓦礫となった銀座のレンガを譲り受けて
それをこの戸越銀座のぬかるみに敷いて商店街を作り、
それが戸越「銀座」の由来になった、とのことですから。
そのぬかるみ、単なる湿地なのか、
それとも「川」と呼べるものだったのか・・・。
想像すると楽しくなりますね。

ところで。
商店街のまんなかへんにある休憩所。
Imgp6360
ここで資料を見繕っていたら、
椅子で休んでいたおばあちゃんが教えてくださいました。
(あ、の立っているのはおばあちゃんでなくて商店街マスコットキャラの「ぎんちゃん」です)
「昔ながらのお店はどんどん閉まっちゃって、
もうこの商店街はどこにでもあるチェーン店ばっかりになっちゃったよ」

なるほど、それなりに賑わいはあるものの
どこか個性に欠けるな、
という印象でしたが、たしかにシャッターを下ろしたお店が目に付きます。
その代わり、どこにでもある飲食店の派手な看板はあちこちに。
また、最近某大手スーパーが2軒もこの商店街に店を構えたそうです。
(専門用語では「ドミナント戦略による出店」っていいますw)
・・・戸越商店街、なんか頑張っている印象がありましたが、
けっこう行く末はきびしいものがあるのかもしれません。

そうそう、商店街には一際センスのいい写真屋さんがありました。
へえ、いいなあと思って写真に撮っておいたのですが、
えいはちさんもこの写真屋さんに、
展示を見に行かれていたのですね

※2011年1月2日追記

高島緑雄さん著の「関東中世水田の研究」によると、以下のことが記されています。
●戸越商店街の谷頭(中原街道と旧中原街道の間)に溜池がありここから商店街の田に水が供給されていた。
●さらにこの溜池は、地蔵辻で別れたばかりの「大井町のほうに行く品川用水」と「居木橋のほうに行く品川用水」の二つから落ち水を受けていた。(これについては、2011年の1月か2月ごろ記事にする予定です)
●また、商店街南のがけ(記事中コインシャワーがあったりしたほう)下には、50~150mの細長い池が点在し、それは冬季は天然氷、夏季は金魚飼育に使われていた

とのことです!なるほどー!!!

|

« 橋の裏側萌え ちかごろ橋裏事情 | トップページ | 暗渠ハンター 夜の赤坂水幻想 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

そう、写真を見に行き、温泉も入ってラーメンも食べました。
ぎんちゃんには会えなかったなあ。
>チェーン店ばっかりになっちゃったよ
確かにそれは感じましたね。
奥のほう(下流)に進むとまた違う雰囲気ですが。

投稿: えいはち | 2010年11月13日 (土) 00時13分

戸越銀座には、この「一際センスのいい写真屋さん」のために、何度か行ったことがあります。
小生(と子供)が、ここの「photopuzzle」なるみんなで作る個展に参加しているためです。
http://www.photokanon.com/index.html

ちなみに、この「一際....」の社長さんが、小生の家の近くにも写真屋さんをやられており、小生はそこにいつも頼んでいるのです。


で、戸越銀座。
前回行ったときになんとなく怪しい雰囲気はあったんですよ。
あの通りがV字の谷ですよね。
それも有名な話だったとは....

もっと勉強せねば~

投稿: Weekend Outdoors | 2010年11月13日 (土) 00時39分

えいはちさん
そうそうこの温泉!次はぜひ入りたいと思います。
奥のほうにもこんどはいってみます。明るいうちにw

Weekend Outdoors さん
「一際....」は、なんかすごくいいですね。今後も注目していきたいです。
それと、いえいえV字谷はそんなに有名じゃないのかも知れませんw すみませんテキトーに書きましたw
ただ、近くの下神明あたりを取り上げる方も多いし、
なんといっても「東京の凹凸地図」という比較的暗渠界では有名な資料のひとつ(w)にも
でーんと載っていたものですから・・・。

投稿: lotus62 | 2010年11月15日 (月) 12時28分

「一際....」の社長さんが喜びます。
どぞ、ごひいきに~

と、「東京の凹凸地図」。
今先ほど、Amazonでポチッとしてしまいました。
lotusさんのコメントがあったんで....

投稿: Weekend Outdoors | 2010年11月15日 (月) 23時24分

昔化粧品メーカーやフイルムメーカーの「新業態ショップ開発」の仕事をしていたことがあるのですが、このお店もFJフイルムさんかなんかが小売店支援施策として新たな写真やさん業態作ってみてテストしているのかな、と思ったくらいです。これをメーカーの支援なしで独自に作られたとしたなら桁違いにすごいことだと思います。
「凸凹」、そういえばコメントしてましたね・・・w忘れてましたw
結構楽しめますよーw

投稿: lotus62 | 2010年11月16日 (火) 09時04分

古い記事にコメント失礼します。
暗渠記事楽しく拝見させていただいてます。

12枚目の自販機が4台並んでいる写真に暗渠テイストが・・・と書かれていますが、自販機の右横のマンションは(何年頃に閉店したか記憶が定かではありませんが)銭湯が有りました。

lotus62さんの嗅覚に鋭さに驚きました。

またこの銭湯の反対側(戸越銀座を挟んだ向かいの斜面途中)にもコインランドリーが現存します。

天然氷、金魚の話は祖母から聞いた事があります。また大雨が降ると商店街に水が溢れて大変だっと聞きました。

投稿: 三井坂 | 2017年5月 9日 (火) 08時55分

三井坂さま
いつもご覧いただきましてありがとうございます。
そうですか、自販機右横は銭湯だったのですか…。向にはコインランドリー、と。
なんだか暗渠サインの多いエリアだったので、いろいろと妄想してしまいすね。
おばあさまからの証言も貴重ですね!
…まだ『東京時層地図』も持っていなかったころの妄想記事なので、なんだかいま読み返すとちょっとお恥ずかしいです;;;
拙い記事にコメントまで頂きまして、ほんとうにどうもありがとうございます。
どうぞ今後とも、よろしくご教示ください!

投稿: lotus62 | 2017年5月 9日 (火) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/37584153

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 戸越商店街に川?:

« 橋の裏側萌え ちかごろ橋裏事情 | トップページ | 暗渠ハンター 夜の赤坂水幻想 »