« 暗渠ハンター 大森川(仮)を下る③いよいよ合流、大森川 | トップページ | 工場萌え 「ワンダーJAPAN」さんに感謝!工場夜景バスツアー »

暗渠ハンター 馬喰話

目黒区。
山手線から放射状に西へと延びる私鉄が何本かありますが、
渋谷から発する東急東横線、目黒からの目黒線の間には、
蛇崩川、谷戸前川、羅漢寺川といくつかの川が次々と
目黒川目指して落ちていきます。
つまりそれだけの豊かな谷や尾根が東西に刻まれているところ。

今日はそのなかでも、馬喰坂という坂の近くにあった暗渠をご紹介します。
馬喰坂とは、谷戸前川の流路の北の台地の向こう側の坂。
地形的にはこんなかんじ。
(google earthからキャプチャして加工しました)

Photo

この坂を川が通っていたかどうかはわかりませんが
いくつかの暗渠や湧水があります。

まずは、馬喰坂の標識を。
Imgp5675
名前の由来は、
「ウマの鑑定や売買を行う馬喰(博労・伯楽)と関連させる説と、
風雨にさらされて地面に穴のあいた状態を目黒の古い方言で
『ばくろ』といったという説」
があるそうです。

その中腹がこれ。
Imgp5661
この中腹に、階段で下りていくあやしい細い道がありました。
これこれ。
Imgp5660
階段を降りて進んでいきましょう。
Imgp5662
ちょうど中腹の崖をえぐるように細い道が横に延びています。
Imgp5663
ちょっと他人んちか?みたいな遠慮もじわーっと湧き上がってきますが、
勇気を出して進んでみるといい雰囲気の暗渠を味わうことができます。
Imgp5666
あ。東のほうを見るとずずーっと目黒川に向かって下る谷地形を実感。
Imgp5664

さらに馬喰坂をちょっとだけ登ると、
また別な細道が現れます。
Imgp5667
はいてみよー!
細い道のたくさんのマンホール。
これは暗渠指数結構高いでしょうw!!
Imgp5668

あれ。突きあたっちった。
Imgp5669

しかしこのどんつきから左に階段が延びていました。(<猫またぎさんに捧ぐw)
Imgp5670
こんな崖にまたがる階段です。

ふー登りきった。では上からもう一回この階段を。
Imgp5673

登りきったところは、
長泉寺というお寺さんがやている「現代彫刻美術館」でした。
Imgp5674

へえー。こんなところに彫刻美術館・・・。
この美術館はかなりの広さ。
Imgp5678
お寺だけに、墓地も隣接されているんですがその奥に・・・
前々からグーグルの航空写真で気になっていたのですが、
池もあるようです。残念ながらそばまではいけませんでしたが。

墓地の竹の間から、敷地真下にある池を覗き見。
Imgp5679

以前中目黒周辺の暗渠を探しにきたことがあって、
中目黒緑地公園の湧水にはたどりつきました。
しかしその横にたぶん別な崖下から続く暗渠があるようなことを書きましたが

それがこの池から落ちてくる水路だったようです。

池からの崖下の暗渠とはこれ。
Imgp5680

Imgp5681
この左側のへんに広い歩道がそれです。

このあたりはほんと「崖=湧水(池)→谷」というようなスポットが多いようで。
長泉寺の池と緑地公園の池の間に「松風園」という
大規模高級マンションがあるのですが、
その敷地内にもちょっとした池(人工的な形ですが)があるようです。
Imgp5682
残念ながら松風園内は立ち入り禁止ですが、この敷地の谷頭に池がある模様。
Imgp5683
(写真の奥)

これらの谷から、
川とは名のついていない水路を通ってたくさんの水が
目黒川に流れ込んでいるのですね。

より大きな地図で 馬喰坂の近く を表示

|

« 暗渠ハンター 大森川(仮)を下る③いよいよ合流、大森川 | トップページ | 工場萌え 「ワンダーJAPAN」さんに感謝!工場夜景バスツアー »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

これまたかっこいい!暗渠感あふれる暗渠ですね。
やっぱりちょっと表情というか雰囲気がありますね。

都内(中野杉並も都内ですがw)というか、山手線圏内、
私もいづれは進出したいのです。

投稿: 味噌max | 2010年10月20日 (水) 08時48分

あー、この近くは歩いてたんだけどな。
現代彫刻美術館は入ったことあるし、馬喰坂も横切ったことがあります。
でもこの暗渠は気づきませんでした。

これはいい階段ですね。
ちょっとぞんざいな感じの造りがいい。
鉄板なんか敷いてあってなかなかいいですね。

細道もいいですね。
細いのはいい。

ここは偶然見つけたんですか。
それとも狙って?

投稿: 猫またぎ | 2010年10月20日 (水) 12時56分

もう見ました ありがとう

投稿: 笑える猫 | 2010年10月20日 (水) 16時00分

もう見ました ありがとう

投稿: 笑える猫 | 2010年10月20日 (水) 16時01分

■味噌maxさん
お手元にあの「時層地図」があると、どこでもより楽しく詳しくなれそうですよねー!
レポート楽しみにしてますー。

■猫またぎさん
あ、「階段」うけとっていただいてありがとうございますw 
昔この坂を通った時にへんな階段から降りる細道があるのは偶然見つけました。これがずっと引っ掛かっていたんです。
その後もグーグルで調べてみたりして。だから今回はもう「狙いに狙って行った」かんじですw
はい、細いのはいいですね!

■笑える猫さま
コメントありがとうございます。
ですがすみません、ちょっとおっしゃる意図が図りかねます;;;;
オートマチックにリンク目的で書かれているのでしたら、
ある時点で削除させていただきますがどうぞご容赦くださいませ。

投稿: lotus62 | 2010年10月21日 (木) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 馬喰話:

« 暗渠ハンター 大森川(仮)を下る③いよいよ合流、大森川 | トップページ | 工場萌え 「ワンダーJAPAN」さんに感謝!工場夜景バスツアー »