« 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク②和光湧水地帯のだばだば暗渠滝 | トップページ | 暗渠ハンター かかしのいる谷底で空川を見る。 »

暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク③百々向川の上流端

東京スリバチ学会さんの成増フィールドワーク参加シリーズの最終回として、
百々向川の上流をご紹介します。

そもそも百々向川には数ヶ月前に行ってみたのですが
予備知識ゼロで臨んだので上流には行けませんでした。
今回は、以前板橋区郷土資料館で入手した資料を元に
成増駅北側の西友、成増公園から東上線を越えて南に向かう上流を探ります。

成増公園の北東にあるマンション横にはいかにも!な谷が続きます。
Imgp5629

東上線を南に越えるとこれまたいかにもな暗渠道。
その先には「小治兵衛窪庚申尊」という庚申塔が。
namaさん情報によると、ここは昔百々向川沿いの洗い場があったとのこと。
また、「小治兵衛」という盗賊が自分の罪滅ぼしのためここに橋を架けた、
という言い伝えも残っているそうです。
Imgp5636

さてここから歩道橋を渡ってさらに南下。
歩道橋のたもとから数十mは暗渠らしい道が続きますが、
Imgp5637
成増小学校横の車道に重なるともう川の趣はなくなってしまいます。
とうはいえ、すぐ近くに2軒もあるクリーニング屋さんが心強い暗渠サイン。
Imgp5638

小学校の南東端から今度は東に川筋が変わります。
なんとここにきてまた緑道!
不思議なオブジェが出迎えてくれます。
いったい何してるポーズなんだろ・・・w
しかもハダカで。
Imgp5639
奥へ奥へといくと長細い公園に出ます。
ここには池?プール?がありました。
Imgp5644

Imgp5645
幾つかの資料には「ここが川の始点」と書いてはありますが
さらに奥に暗渠が続いているではありませんか!

そしてこっからが最もおもしろく、最も暗渠らしい道になります。
Imgp5647
Imgp5648
うえー。暗くてボケボケの写真ですねえ;;;;

続いてちょっと広い道にでて
Imgp5652
駐車場の横では目の前の風景がさらに拡がります。
Imgp5653
広くて奥にちょっと段差がみられるスペースなので、
もしかしたらこのへんが百々向川のはじまりなのかもしれません。

でもさらに奥にいってみると・・・
ちょっと不思議な形(くびれのないブーメランみたいな)の
小さな緑地公園に突き当たります。
Imgp5654
もう土地の高低・傾斜からいっても遡るのは個々が限界のようです。
辿った感じからいうと、
ここか、さっきの駐車場あたりが百々向川の始点ではないでしょうか・・・。

もうずいぶん暗くなってしまいました。
踵を返して本隊のいる南口某ビルの某店に、
ビールを飲みに向かうことにしますw!

・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、2010.9.25の東京スリバチ学会フィールドワークでした。

会長さんは今月、全国路地サミット2010での講演を控えてらっしゃるとのこと。
ご興味ある方はぜひ!
会長さん、がんばってきてくださいね!

地図は前々回掲載のものをご参照ください。

お会いできたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

|

« 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク②和光湧水地帯のだばだば暗渠滝 | トップページ | 暗渠ハンター かかしのいる谷底で空川を見る。 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

本体と分かれて夕刻ぎりぎりまで追って行かれた、ということですね。
お疲れ様でした。

庚申塔の存在は知りませんでした。
機会があれば行ってみたいと思います。

ちなみに、上流端の「緑地公園」の通りは、光が丘の駅から「おふろの王様」へ向かう通り道なので、お仲間のえいはちさんも通っているはずの場所です。
勝手にえいはちさんの記事アドレスを書いちゃいますと、これです。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/148220083.html

投稿: 猫またぎ | 2010年10月 5日 (火) 13時12分

猫またぎさん
あ、あの記事のあの道があれでしたか!!! (<ヘンな日本語w)
そっかそうですね、どうもありがとうございます。
当日の自分的ハイライトは「シロクマ那智の滝」だったので、
どうもこっちはテンション相対的に低くなっちゃったのか大した情報盛り込めなくて申し訳ありません;;;。

投稿: lotus62 | 2010年10月 6日 (水) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク③百々向川の上流端:

« 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク②和光湧水地帯のだばだば暗渠滝 | トップページ | 暗渠ハンター かかしのいる谷底で空川を見る。 »