« 暗渠ハンター 運河の交差点から高浜橋へ | トップページ | 暗渠ハンター 江古田川に注ぐ江古田分水にいってみる »

暗渠ハンター 向ヶ丘遊園狂喜の駅前蓋暗渠パラダイス

えいはちさん庵魚堂さんが以前
向ヶ丘遊園南口から旧向ヶ丘遊園に至る二ヶ領用水のことを取り上げてらっしゃいましたが、
今回はその反対側、向ヶ丘遊園北口に降り立ってみた記録を。

町田方面からの帰りにひょいっと降りてみたんです、おなかもすいたので昔行ったことのある店に行ってビールでも飲もうかと。
まず目指したのは南口出てすぐにある「末広食堂」。
中華料理やから年月をかけて大衆酒場に変遷を遂げた、
というような風情の安くていーい酒場でした。
しかし悲しいかなその場所にはとうの昔にでかいビルが建ち、
末広食堂はあとかたもなくなっていたのでした。

南口は見渡すところメジャーなチェーン店ばかりだったので、
北口でどっかさがそうかな、と駅前を歩きだします。
駅前からはV字に商店街が続きます。
なんとなくいい店が昔あったかなとあいまいな記憶を頼りにV字の右の道を行くことにしました。

すると駅から30歩も歩かないうちに・駅の真ん前駅前通りもはじまったばかりというのに
なんと古井戸出現!!!!

Imgp0951

なんなんですかーこの街は!?

さらに数mあるくと、驚きの余韻もさめぬうち左から右へ暗渠出現!

Imgp0952

上の写真、自販機とゴミケージの間に暗渠が走っています。

そして右がこう。
Imgp0956

最近作られた感じのバスロータリーの下を横切っているみたいです。
ほら、アップにするとこう。
Imgp0957

もういちど左に戻ってみましょう。
左は、商店と商店の間をぬけて奥にのびています。
可能な範囲で奥を覗いてみます。
Imgp0953

まんなかを通る暗渠は植木鉢の下。

いやー、期待していなかっただけにこの収穫は嬉しい!
よかったよかったと思ってもう少しお店を探すことにします。
するとまた数m行ったところに左に延びる暗渠が堂々と!
Imgp0958

うあー蓋暗渠がいいかんじのカーブを切って流れてるー!!!
ビールも飲まないうちから軽く酔ったw
振り返ると、さっきのバス広場にこれも繋がっている模様。
このバス広場に何があったんでしょう・・・。
Imgp0959

蓋のカーブに魅せられてふらふらとこの暗渠道を入っていきます。
Imgp0960_2
蓋の素材にも注目です。
ちょっと欠けたところを見ると、骨格となっている鉄筋(?)が顕わに。
Imgp0961

何枚かに一枚の蓋には縁石も組み込まれたハイブリッドタイプ。
そして途中一部に鉄板もアリ。
Imgp0962

しかしきれいな暗渠道だなー。

区画整理&造成中と思しきエリアまでいくと、
直角に左方向から違う流れが合わさります、
駅前から離れるとお店が少なくなりそうなので、
駅近に戻れるようここをたどることにします。
Imgp0963

すぐに駅前V字のもう一本の道と交差し、まだ先に延びているようです。
Imgp0964

交差してから10mほどで、直角にまがり住宅に入ってフェードアウト。
Imgp0965

その向うは禁断の私有地なので、あきらめますかw

V字駅前道に戻ってまた駅に向かいます。
すぐに横浜銀行があるのですが、その入口で珍しいもの発見。
Imgp0969

・・・なんかヘンですねえ・・・
そう、側溝が二重になってますね!!! なんなんだこりゃ!?
意味がわかりませんw
横浜銀行の周りをたどってみると、
どうもこの銀行をぐるっと囲んでいるような・・・
銀行向って左がこういう状態。

Imgp0971

バイクや自転車の前輪が乗っかっているところが内側側溝です。
それが写真真ん中でこの敷地を囲むように奥に曲がってつけられています。
金庫を守るお濠かw?
奥までつながってまつ。よく見えないけどw

Imgp0972

銀行向って右はというと・・・。
裏側駐車場に通じる入口があるのですが、それがここ。
Imgp0970

入り口真中まで二重側溝が続き、
内側の「銀行の濠」は真中から内側にかっくん。
やはり銀行の敷地を囲うのか、
そのための側溝なのか・・・w

そのあとが注目です。
なんとこの横浜銀行濠は隣の敷地に侵入を。
しかもこんなナナメりながら!Imgp0973

Dscf4396   

あまりにこのナナメ加減が素晴らしくて、しばし呆然・・・。
こんな美しいレイアウトの蓋暗渠がかつてあったでしょうか!!!
とすべての蓋暗渠ファンに私はいま挑戦状をたたきつけたい!
と逆上してしまいそうな暗渠なんですよこれがw

さらにおかしいのは、この蓋暗渠、
隣にあるパチンコ屋さんに繋がってるんですよw
Imgp0974

この奥がパチンコ屋さん裏口。
Imgp0975

なんか怪しい暗渠シンジケートw
ここに流れるのは水か?カネかw?

この暗渠はパチンコ屋さんの床下を通り
最初に見た井戸の先の暗渠につながっており
さらにその先のバスロータリーに至るようです。

いやー、ほんと予想外に収穫が大きい途中下車でした。
結局北口駅前の釜めしもやってるという鮮魚が売りの大衆酒場に。
ちょっと怪しかったけどここはかなりアタリの店でした。
釜めしもうまかったけどお通しで出てきた鮪(!)超うまかったし。
チャレンジングなメニュー(これはえびチリコロッケ)も
意表を突く美味さ。
写真奥のポテトサラダも具がにぎやかで個性的!
いやーいい暗渠みておいしいものいただいて、こりゃいい街だ向ヶ丘遊園!
Imgp0980

ってことで終わにりにしてもよかったんですが
こりゃなんかもっと素敵な物件が潜んでいそうな気がしてw
飲んだ後ももう少し駅前を見てみっかと。

駅北口を背にてさらに左の方面をちらっと散策。
これまた数mも進むだけで驚きの物件に遭遇。
鉄板三角蓋暗渠?の登場です。
これは想像を絶する形態でした。
だって意味が分かんないんだもん。
Imgp0983

斜めに傾斜をつけているんですよ、暗渠の蓋が。
しかも赤い鉄板暗渠で。
ところどころに取っ手が付いていて、
なんか仏壇みたいに観音開きもできるみたいな
(用途はわからんですがw)
Imgp0984

これはたぶんかなりレアな暗渠なのでは・・・?
マジで用途や意味がわかりませんw

この三角暗渠の先はこんな荒涼とした蓋暗渠。
これ以上は追えないかな、ってんで次の暗渠へ。

駅の北口から西へ、つまり二ヶ領用水が通っているほうに近づくと、
さらにいろんな暗渠が出現します。
これは駅前駐輪場の中の暗渠。
Imgp0992

さらにもっと西のほうに魅力的な蓋暗渠は続きます。
Imgp0993

Imgp0994

もうきりがない、先を見届けるのを諦めて、
踏切があったので試みに南口にも行ってみよう!

ってことで小田急線の踏切を通ったのですが
そこがなんと鉄橋w!
線路の下に水路が流れていましたww
Imgp0996_2

南口の裏道を行くと、こんな蓋暗渠が!
Imgp1000
途中半キョを交えながら大通りまで続く、
ちょっと蓋のドット模様が特徴的な暗渠でした。

いやーほんと期待値ほとんどなかったんですが
いい暗渠といい食事に恵まれた途中下車でした。

より大きな地図で 向ヶ丘遊園駅前暗渠 を表示

|

« 暗渠ハンター 運河の交差点から高浜橋へ | トップページ | 暗渠ハンター 江古田川に注ぐ江古田分水にいってみる »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

先日、等々力緑地に行ってきた時も、コンクリート蓋暗渠が多くて、少し歩くとすぐ見つかるという感じでしたね。
川崎市の方針でしょうか。
いいですね、川崎市。
住みたくなってきました。

投稿: 猫またぎ | 2010年9月15日 (水) 12時27分

ここ、すっごいですね!!!
「蓋コレクション館」即入り物件がやまほどありそうです。
向ケ丘遊園にはとくに用事もないし、微妙に遠いんですけど、
蓋コレ用の写真を撮るためだけに行ってもじゅうぶん価値がありそう!

川崎はコンクリ蓋暗渠が多いんですか。
杉並もなかなか多いですが、中野区はおとなりなのにとても少ないです。
地域によってけっこう違いますね~。

投稿: nama | 2010年9月15日 (水) 14時23分

>猫またぎさん
確かに川崎、蓋が多いですね。
やはり多摩川べりの低地が多いということと、
二ヶ領用水(から分岐している小さな用水路)が張り巡らされているのと関係があるのでしょうね。
それにしてもw 「住みたく」なっちゃいましたかwww

>namaさん
赤い三角柱を寝かしたような蓋暗渠は、想像したこともなかったし
もはや正確な用途さえ不明ですw
このためだけに行く価値、あると思いますよw
川崎は全般を見てみたわけではないですが、ここや登戸、稲田堤・中野島など多摩区はもう、ほんと蓋暗渠だらけwです。
地域の違いってほんとおもしろいですね。

投稿: lotus62 | 2010年9月15日 (水) 16時48分

> 地域の違いってほんとおもしろいですね。

横浜は谷が入り組んでいるのに、暗渠としてあまり残っていない・・・とか、
江戸川、葛飾の下町は蛇行した暗渠っぽい道だらけだけど、ぶつ切りの暗渠ばかりでほかとつながらない・・・
とかですかね。

横浜の暗渠は一度記事にしたいと思っています。

投稿: 猫またぎ | 2010年9月15日 (水) 21時03分

カスケード蓋暗渠とでもいえそうな横浜銀行濠のフタ、驚愕です。
いい加減なようでいて、バランスが素晴らしい。

投稿: HONDA | 2010年9月16日 (木) 00時41分

>猫またぎさん
首都圏自治体暗渠工事担当者パネルディスカッションとか、やってみたいですねー。
「わが区は区民の緊急避難通路として暗渠を活用する方針で」とか
「市民の利益を考えれば当然防犯対策上暗渠の存在許すまじ、というのが市長の方針で・・・」とか議論していただいて。
スポンサーさんは・・・そうだな、水の大切さを広く理解していただきましょうという主旨で「水のクリタ」さんに提案に行きましょうかw  ・・・同志募集開始しますww
横浜の記事も楽しみにしてますー。

>HONDAさん
カスケード蓋暗渠、なるほどいい分類名ですね!今後使わせてくださいw
ロシア構成主義の流れを汲む幾何学模様絵画みたいでもあるし、
一流の庭師の手による庭園みたいにも見えました。
まさに蓋暗渠を「鑑賞」の対象にさせる名作では、と思いますww
「鑑賞」という切り口でいうと、
私の中では杉並のカーブ蓋、和泉の道路横断蓋にも伍すような存在になりました。

投稿: lotus62 | 2010年9月16日 (木) 09時36分

> 首都圏自治体暗渠工事担当者パネルディスカッションとか、やってみたいですねー。

そうですね。
そうしたら、板橋区、練馬区の担当者は、
「両区の暗渠は、コンクリート蓋が少ないのでけしからん」とか、
「出井川は暗渠らしさが足りない。住民へのサービスを何と考えているのか!」
とか、他区から突き上げを食らうのでしょうか(笑)。

投稿: 猫またぎ | 2010年9月16日 (木) 17時19分

川崎は暗渠減ったとはいえ、やっぱり底力を感じますね。
向ヶ丘遊園も期待を裏切らないラインナップですね。

子供のころはボロい蓋暗渠の上を自転車でガタガタゴットンと走り抜けて、それはピアノの鍵盤の上を走るみたいで愉快でしたけれども、防犯上から言えば、人が通ると音がする蓋暗渠はすばらしいセキュリティシステムと言えるかもしれませんですよ。防犯用の砂利なんかも売っているくらいですから。

投稿: 俊六 | 2010年9月20日 (月) 14時13分

>猫またぎさん
ふふ。やっぱ突き上げの急先鋒は杉並区でしょうね。「あなたたちは暗渠に愛情がないのか?蓋をなんだと思っておるのか!」(ここでオーディエンスら一斉に拍手!)って。

>俊六さん
川崎の底力w 頼もしくも可笑しいですねww
しかし「セキュリティシステム」にはびっくりです。そうか、そういう見方もあるんですね!!!
全然思い浮かびませんでした、その切り口・・・。
ちょっと世界が変わりますね。どうもありがとうございます。

投稿: lotus62 | 2010年9月21日 (火) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/36672729

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 向ヶ丘遊園狂喜の駅前蓋暗渠パラダイス:

« 暗渠ハンター 運河の交差点から高浜橋へ | トップページ | 暗渠ハンター 江古田川に注ぐ江古田分水にいってみる »