« 暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片① | トップページ | 暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片③北堀錯覚川(仮)の水源を追う »

暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片②沼部の湧水

前回の続きはここから。
六郷用水の本流をさかのぼり、
多摩川線・沼部駅付近まで坂を下りてきました。
ちょうど沼部駅あたりからその上流の中原街道にかけて、
六郷用水は一部開渠となります。
・・・とはいっても復元された親水空間的散歩道として。
その起点がこれ。
ま、水のモニュメント的な。
Imgp0170

下流を見るとこんなかんじ。
新幹線の下の道のぶっきらぼうな暗渠。
Imgp0171
そして上流はこちら。

Imgp0172

水面が愛想よくあらわになっています。
さてこの水路の近くに湧水があるはずなんですが・・・。
ほんとにこんな人工的なところにあるんかいなと
半信半疑で進んでいくと。
Imgp0173_2
・・・あった。
東京の湧水57選という看板がなければ危うく見過ごすところでした。
(・・・なんで57なんだろ?w)
この付近には2つの湧水ポイントがあり、ひとつがこの「洗い場」、もうひとつはもうちょい上流の「三菱山ふもと」です。
こちらが、「洗い場」。

Imgp0174_2

このますの中、かすかに水面が揺れて水が湧き出しているようですが、
水量はほんのわずかのようです。
この暑さの折生い茂る藻のせいでしょうが、水もやや濁り気味なのが残念・・・。

すこし上流に進み、
東光院というお寺の横からはこの水路もとうとう本気モードw
Imgp0177

この本気水路のはじまりのところには「ジャバラ」が。
Imgp0175
足踏み水車で、動力に使う水車ではなく、
水量の少ないときに足で踏んで水車を回し、
水を汲み上げるポンプのような装置です。
Imgp0176

さてもうひとつの湧水ポイント「三菱山のふもと」、
ですがこれがとうとう見つかりませんでした;;;;
手元資料「東京湧水せせらぎ散歩」(高村弘毅著)によると、
『・・・通称三菱山の裾から用水路に滴り落ちる湧水がさらに雰囲気を添えている。』
とありますが、
どうもこれって「ココから湧き出してるよー!」
というような場ではないのかもしれませんね(<見つからなかった負け惜しみ80%の推測w)
この本気水路は、中原街道の下をくぐるトンネルでおしまい、
その先はまた暗渠になります。
そのどんつきのあたりにはこんな表示が。
Imgp0178
まあこの一帯が湧水なんだな、という理解で先に進むことにしますか!

時間がなくなってしまったので、今回はここまで。
次回は前回の続きに戻って、「北堀錯覚川(仮)」を最後まで辿りましょう!

今回の位置は、前回地図を参照ください、

|

« 暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片① | トップページ | 暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片③北堀錯覚川(仮)の水源を追う »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

あれ、ジャバラっていうんですか。田舎のほうで見かけたことあります。
蛇腹とは関係ないんでしょうね。やはり使用中の音からのネーミングでしょうか。

投稿: えいはち | 2010年9月 8日 (水) 09時03分

>えいはちさん
いやむしろ「使用中の音」という切り口こそ新鮮だと思いますw!!
これは思ってもみませんでしたww
川崎市のサイトでの昔の農機具紹介では、「蛇腹」って漢字で書いてありましたー。
まあ縦方向から見ると蛇の腹に見えなくもないですw

投稿: lotus62 | 2010年9月 8日 (水) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/36549487

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片②沼部の湧水:

« 暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片① | トップページ | 暗渠ハンター 六郷用水北堀の断片③北堀錯覚川(仮)の水源を追う »