« 暗渠ハンター 呑川深沢支流のそのまた支流開渠②草萌え尾根 | トップページ | 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク②和光湧水地帯のだばだば暗渠滝 »

暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク①郷土資料館裏から続く端麗辛口暗渠

途中からでしたが、先日「東京スリバチ学会」の成増・赤塚方面フィールドワークに参加してきました。

本隊は成増から歩き始められたのですが、
こちらは昼過ぎ、西高島平駅からアプローチ。
ちなみに乗換で使った新板橋駅は、首都高の橋裏がよーく見える好立地(?)でした。
Imgp5498

フィールドワーク本隊とは赤塚溜池公園で合流です。
この近辺は初夏に訪れてから2回目なのですが
フィールドワークに集まる皆さんと歩くと発見もたくさんあります。
中でも大きな収穫を3つだけ挙げろ、と尋ねられれば(<誰にだよw)
1 郷土資料館裏の蓋暗渠の、さらに上流には端麗辛口暗渠があった
2 白子川を越えて和光市に入ると、だばだばな湧水地帯だった
3 百々向川の上流端はなかなかクセのあるうま口暗渠だった

ということですね(行程順)。
味的な修飾語が今回だけ多いのは、私が今空腹だからです。

というわけで、
東京スリバチ学会会長、および当日参加されていたみなさまに感謝の意を込めまして、
短く数回に分けてこのフィールドワークの収穫について
ご紹介していきます。
会長、そしてみなさま、暖かくお迎えいただきまして
またたくさんのことを教えていただきまして、ほんとうにありがとうございました。

さて、前回私が来た時には、
郷土資料館の裏に蓋暗渠が延びている-!!
などと軽薄に喜んでおしまい、でしたが(<というかいつもこういうパターンですね;;;)、
この先上流にも暗渠がありました。
それがこれ。
Imgp5502
ここからからちょい下流の赤塚溜池に注ぎ込む流れであり、
下り斜面を資料館方面にすぅっと延びていく暗渠です。
しっかり車止めも付いています(これは百々向川緑道に設置されているものと同タイプですね)。

さらにこの上流にも、
舗装されたばかりと見られる暗渠道が。
Imgp5503
階段の架かる小さな崖で暗渠は終わります。

これを階段上から見るとこう。
Imgp5506
まっすぐ具合がとても端正。古い味わいはありませんが、
端麗辛口、的な暗渠ですね。

前回の自分の詰めの甘さをひしと感じます。
何事もあきらめちゃいかんな。現状に満足しちゃいかん。
肝に銘じます・・・。

次回ご紹介する湧水に行く前に、
いくつかその他のビューポイントもご紹介しますね。
いくつか、「真性」ではありませんが「おしくらマンホールもどき」も見ることができました。
これは成増4-40-14付近にあったもの。
大小でおしくらしていれば結構珍しい物件だったんですけどねー。
Imgp5519
そしてもう一つ「もどき」物件。こちら成増4-35-16付近です。
Imgp5521
さらにもうひとつ。成増5-19-10、都営アパートのまんなかにあった「もどき」。
Imgp5528

そして最後はやっぱりスリバチビューで〆ですね。
赤塚4丁目から北方面に広がるスリバチビューです。
Imgp5512
成増台のはしっこからの眺めは格別。
遠く筑波山もはっきりと見えました。

こちらは以前の記事に載せた成増・赤塚近辺の地図
今回のポイントは紫色の太線で上書き修正を加えました。

より大きな地図で 成増・赤塚 を表示

では次回
「2 白子川を越えて和光市に入ると、だばだばな湧水地帯だった」でお会いしましょう♪

フィールドワークでご一緒いただいたみなさま、当日お声がけくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

|

« 暗渠ハンター 呑川深沢支流のそのまた支流開渠②草萌え尾根 | トップページ | 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク②和光湧水地帯のだばだば暗渠滝 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

ああ、やはりこの回に参加されましたか。
気にはかけていたのですが。

板橋区の地形の面白さを感じていただければ何よりです。

ただ、郷土資料館の近くには、南からの谷筋にも、短いですが暗渠らしい暗渠があるのですが。
そちらも見ていただきたかった気もしますが、行程の都合とかありますもんね。

百々向川の上流にもとうとう行かれましたか。
ご報告を楽しみにお待ちします。

投稿: 猫またぎ | 2010年9月28日 (火) 10時54分

猫またぎさん
はい、途中参加させていただきました。
(みなさん暖かく迎えてくださいました。猫またぎさんも、いつかご一緒させていただく日を楽しみにしています)
今回の猫またぎさんの大谷口記事もそうですが、板橋、おもしろいところですねえ。
南からの谷筋、前回ちらと上ってはみたのですが、暗渠があったとはまったく気付きませんでした;;;;不覚。
百々向川上流も、変化に富んでいてすごくよかったです!

投稿: lotus62 | 2010年9月28日 (火) 13時26分

どうもどうも。楽しかったですね、スリバチ!
小ネタも拾っていただけて、嬉しかったですよねww
そしてあの絶景、つぎに引っ張りますか・・・個人的にはあの湧水地帯が最萌えでした。。

投稿: nama | 2010年9月28日 (火) 13時43分

namaさん
楽しかったですねぇ。
はい、やはり私も今回のハイライトはあの湧水地帯でした。
全く湧水の期待はしていませんでしたからねぇ・・。あの「だばだば」はすごいですよね・・・。
namaさんのレポートも楽しみにしています!

投稿: lotus62 | 2010年9月29日 (水) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/36951518

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク①郷土資料館裏から続く端麗辛口暗渠:

« 暗渠ハンター 呑川深沢支流のそのまた支流開渠②草萌え尾根 | トップページ | 暗渠ハンター 成増スリバチフィールドワーク②和光湧水地帯のだばだば暗渠滝 »