« 暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?①湧水つきの東側掘 | トップページ | 暗渠ハンター 内川のまんなかへんをちょっとだけ »

暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?②西側の掘と合流後の暗渠

では池尻掘の2回目は、まず東側の掘との合流点から上流に遡ってみましょう。

西側の堀は、環7の向こうからやってきます。
Imgp0084

この正面の道を入ると、いきなり崖。
この崖上は大倉山公園という公園になっています。
Imgp0085

崖上から流路をみるとこんな。高いですねえ。
Imgp0086

西側堀は蛇行もなく、ちょっと見所は少ないです。
Imgp0090   

どんどん北上して、馬込東中を左に曲がって坂を上ります。
Imgp0093

「川の地図辞典」では、このあたりが起点。
この古い民家なんて怪しいな・・・。
Imgp0094

何気なく隣のアパートをみると・・・
Imgp0095

コーポラスいずみ。・・・「いずみ」!!!?
ここが湧水ポイントか!?  なわけありませんw

まだ上り坂が続くので、もはや「川の・・・」をちょっと無視してあたりをさぐってみます。
道は蛇行し、「もしかしたら流路が続いてる?」と思わせるには充分。
こんな不自然(いや、自然?w)な三角形のヘタ地まで登場。
Imgp0097

古い川の流路と新しい計画道路が交わるところに、よくこんなヘタ地ができますよね。
渋谷区の例はここ

坂を上りきるあたりには大きな敷地の古い神社。
水源があったとしたら、このあたりじゃあないかなあ。
Imgp0096

さて、東西合流後の流路は少しだけ環7とともに南下します。
なぜかこのあたりの環7沿いには看板建築物件が多く見られました。
Imgp0099

環7と池上通りの立体交差あたりから、池尻掘は環7の西に離れていきます。
左が環7の立体交差。流路は右に。しかし先に見えるカーブは曲がらずにほぼまっすぐ進みます。
Imgp0101

お!この立体交差付近で支流暗渠発見。
Imgp0102

さっそく追ってみます。
Imgp0103

曲がり角はわくわくするほどマンホールが連なっています!
Imgp0104

残念ながらこの暗渠はこの角を曲がるとおわり。
本流に戻ります。
Imgp0105

あ。ここにも支流。(写真まんなか奥)
Imgp0106

ちょっと進むと行き止まりになります・・・。
Imgp0107

民家から排水口が道に突き出ていますね。
Imgp0108

さらに下ると春日神社横に橋跡がありました。
Imgp0109

明神橋、という橋です。
Imgp0110

欄干の親柱だけが移築されているのですね。

さらに南下して、池上通りにぶつかるところで六郷用水北堀と合流します。
このへんが合流点。
Imgp0111

写真を撮っていたら、にこにこしたおじさんが近寄ってきて
「その花ね、種から植えたんだよw きれいでしょうww」
と。
「いえ、花を撮っているのではなく暗渠を撮っているのです」とはいえませんでしたww

これで池尻掘(?)はおしまい。
次はこのすぐ海側を流れる内川、いきます!

流路は前回の地図を参照ください。

※2011.7.18追記:大田区の小学校史の記事に、「環7内側・山王近辺の谷からの流れも内川の源流のひとつ」である旨の記述を見つけ、池尻堀も内川水系として扱うことにいたしました。

|

« 暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?①湧水つきの東側掘 | トップページ | 暗渠ハンター 内川のまんなかへんをちょっとだけ »

2031 ・・・立会川・内川水系」カテゴリの記事

コメント

前記事へのコメント、こっちがアップされるまで待つべきだったようです。
春日神社脇に明神橋、気持ちいいですねー。
そうなると、北野神社脇に天神橋、厳島神社脇に弁天橋もほしいところです。
地図見たら、あー、弁天荘があった!
内川、楽しみです。行かれたのは暗渠区間だけだったのでしょうか。
河口は例の人工ビーチですよー。
(だからアップされるまで待てって、ねえ)

投稿: えいはち | 2010年8月31日 (火) 11時03分

うわ~、ぜんぜんわからないエリアですw
何があるのか何の近くなのかもわかりませんww
そんなエリアなのに、池尻とか山王とか、他の土地にもある名前がついてて
ちょっと知った気になってしまうので面白いですね。・・・大倉山はあの大倉山?;;

それと街並みがすごく良い感じですね~~。

投稿: nama | 2010年8月31日 (火) 11時04分

お、namaさん、
>池尻とか山王とか、他の土地にもある名前がついてて
面白いところに気づかれましたね。
そして、広島、京都、和歌山、奈良の由緒ある神社。
なんかアメリカみたいなところですね。

投稿: えいはち | 2010年8月31日 (火) 11時18分

>えいはちさん
筆者の意図をはるかに超えたところでお楽しみいただけたようで、うれしゅうございますww
(これから神社名はきちんと調べて書くようにしよっと)
内川はですねー、9/2に予約投稿しておりますが、
ビーチはおろか、もうピンポイントなエリアだけのレポートになりますので、たぶん落胆されるのではないかと・・・w

>namaさん
えいはちさんおっしゃるように、たしかにおもしろい視点!
「馬込銀座」はちょっと横に置いておくにしてもw、
よそとカブる地名が多いのって、偶然なんでしょうか?それとも各所に由来があるのでしょうか・・・?
直接カンケイないんですが、ふと「嵐山」「福岡」「久留米」「霞ヶ関」などがラインナップしている埼玉県の東武東上線・池袋線エリアを思い出してしまいましたw

投稿: lotus62 | 2010年8月31日 (火) 12時38分

三角形のヘタ地は私も写真を撮っていました。
この三角形はやっぱり面白いですよね。
家の周りが全部道路!

「ヘタ地」って言葉は初めて聞きました。
どちらかと言うと建築関係の専門用語なのでしょうか。
今度使ってみようw

あと、ヘタ地の北側というか西側の方の谷にコンクリ蓋暗渠とか開渠とかがありましたが、そちらには行かれてないのですね。
この暑いのに遠征されるというだけで驚異的ですがww

投稿: 猫またぎ | 2010年8月31日 (火) 12時52分

>ヘタ地の北側というか西側の方の谷にコンクリ蓋暗渠とか開渠とかがありましたが、
むぎゅわーorz
全然気がつきませんでした;;;;;;;;;;;;すっごい悔しいです;;;;;;;;;;;;;;;
ちょっと上ったところに、住宅地に入る道があってそこは側溝をコンクリでベターっと
固めたようなところがありましたがそこしか気付きませんでした・・・。
蓋暗渠と開渠かあ・・・。逃した獲物が大きすぎます・・・。
無念。ひたすら無念。

「ヘタ地」は、確かに建築の本でよく出てきていました。不動産とかの人も使うみたいですね、
こう上モノ建てるときに間取りしづらいかんじの土地、みたいな。
まことに失礼な言い方かもしれませんが、私はこういう個性的な土地、好きですw
なので敬意をこめつつ呼ばせていただきますw

投稿: lotus62 | 2010年8月31日 (火) 13時06分

> 全然気がつきませんでした;;;;;;;;;;;;すっごい悔しいです;;;;;;;;;;;;;;;
> 無念。ひたすら無念。

いやー、あんまり期待されても困りますがw

開渠と言っても側溝くらいの幅しかないしょぼいものですが。
でも水はちゃんと流れてました(訪問日2010/1/3現在)。

コンクリ蓋暗渠と言っても単独の道ではなく、車が通れる普通の道路の脇の側溝的な位置にありますし。
でも、幅1メートル以上の広さがありますので、やっぱり側溝じゃなくてコンクリ蓋暗渠と言いたい。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月31日 (火) 17時27分

わかりました、猫またぎさん。
過大な期待は抱かないようにしますww
でも側溝くらいの幅、ってかなり萌えるサイズですw しかも水が流れているなんて!
やっぱこれは見とかないと!

投稿: lotus62 | 2010年8月31日 (火) 18時18分

こんにちは。
拙blogにもお越しいただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

今回の場所、拙宅に近い!
あそこの細道は、実は暗渠だった、ということが分かって、相当びっくりです。

よく行く春日神社にも橋の親柱があるとは。
今度、ちゃんと見に行かねば。
もうちょっと先に行くと、「美皿橋」の親柱がありますよ。気づいていましたか?

続いて内川ですね。
楽しみにしています。

投稿: Weekend Outdoors | 2010年9月 1日 (水) 00時14分

>Weekend Outdoors さま
おお!お近くだったのですね。
このエリアはさすが水路が多いだけあって、あちこちにクリーニング屋さんが多いのが印象的でした。きっともうすこし丹念に探せば裏道の暗渠が見つかるかもしれませんね・・・。
「美皿橋」、みつけましたーw。ちょっと痛々しい感じで残されていましたね。内川のあとの六郷用水北堀記事にて写真をお目にかけようと思っております。
(あ、次回内川はほんとチラ見程度の記事なので、どうぞ過分なご期待はされないほうが・・・w)
今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: lotus62 | 2010年9月 1日 (水) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/36246438

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?②西側の掘と合流後の暗渠:

« 暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?①湧水つきの東側掘 | トップページ | 暗渠ハンター 内川のまんなかへんをちょっとだけ »