« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺②乗蓮寺の蓮 | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道 »

暗渠ハンター 成増の蓮の寺③湧水滝と赤パッケ

乗蓮寺敷地から続く暗渠を追っていきます。

Imgp9288

ですが、車道に出たとたんにこのあからさまな暗渠は消えてしまいます。
車道の向こう側にこんな草ぼうぼうの手付かずの怪しいスペースが見えますが、
もしかしたらこの先に流路が続いているのかも知れません。

Imgp9289

手元の地図を見ると、もうこのあたりに「不動の滝」という湧水があるはずです。
あたりを見回してみると・・・・
あった!

Imgp9291

不動の滝は、住所でいうと赤塚8丁目11。昔大山詣りや富士詣りの人たちがこの滝に打たれ心身を清めてから出発した、という禊場だったそうです。
どんな旱魃でも水が枯れず、水量がたいへん多かったらしいですがいまはもう僅かの水が流れ落ちるだけ・・・(「文化財シリーズ第76集 ”まち博”ガイドブック 下赤塚・成増・徳丸・高島平地区編」板橋区教育委員会 より 以下当シリーズは特に他の資料を記さない限り全てこれを参考文献とさせていただいています)

暗いので露出を上げて撮りました。まんなかへんに細い水流が見えますでしょうか・・・。
背後は山になっていて、そのが蓄える水がこの崖に集まり滝をなっているようです。 

Imgp9292

流れ出す口のところのアップ。

Imgp9295

マイナスイオンを浴びて次に向かうのは、溜池とそのほとりにある郷土資料館です。

滝の前にあるこんな道伝いに行けばすぐに着くのですが・・・。

Imgp9302

この一本左側には、さっきの乗蓮寺下暗渠から続くと思われる流路のようなものがずっと並行しています。
これですね。

Imgp9301
これを気にしながら広い道を進むことにしましょう。

しかしもう相当歩きました。
ヒルメシも食べてないのでハラも減り、喉もからからでどこか休むところはないかいな、と歩いていくと・・・。
道沿いに駐車場があり、その駐車場の脇に2つ3つパラソルを拡げる素敵なお店が!
まあ素敵と言ってもオープンカフェ風、とかじゃなくって
「大衆食堂の露天版・甘味もやってるよ」的なところなんですけどねw
しかし私にとっては理想的なB級度です。
当然速攻休憩!
ちなみこの駐車場の向こう、緑の木や草に覆われているところが崖になっているのですが、あとからの調べによるとこの崖、「赤パッケ」と呼ばれているそうです。
赤土の崖、になっているのでしょうかね。

Imgp9303

この店ではビールとカレーライスを注文。
テラス(?)席でカレーの出来上がりを待っていると、
レジのほうから「チーン」といまではあまり聴かない典型的な「レンチン音」が聞こえてきて、まもなく「カレーライスご注文の方ー!できましたよー!」と私を呼ぶ声が。
レンチンのレトルトでも、この日のカレーはすっごく美味かったです!

Imgp9304

すっかり満足して、行程再開です。

この店の向いには区立の美術館があり、その奥もまた崖になっています。
この崖は室町時代の「赤塚城跡」とのこと。昔崖上に赤塚城があったとのことです。

これがその両者の境界ですね。
Imgp9306

この境界・美術館と崖の間に、
細い川(水路?)が見えました!
背中に美術館、左側が崖、川は右上に延びていきます。

Imgp9309

足場が悪くて&草が繁っていて水面をなかなか上手に写せないのですが、
これでどうでしょうw?
わかりずらいか?ほら。写真の左下が水面です!だめ?

Imgp9308

これが、前回の乗蓮寺下からの暗渠と繋がっているようです。
なんか一つパズルを解いたようなスッキリ感w

この川は、すぐそこの溜池、赤塚溜池に流れ込みます。
溜池のそばにはこんな表示がありました。

Imgp9311

この現在の様子が、これ。
何人かがのんびり釣りをする、ゆったりした池です。

Imgp9313

この池のほとりに、次の目的地・郷土資料館があります。
さて、いい資料見つかるといいなーと建物に近づくと・・・

郷土資料館のすぐ裏にも暗渠がありました。
資料館はこの暗渠を追ってからにしましょうw

Imgp9315

資料館の裏を這うように続き、途中からまさかの蓋暗渠に!

Imgp9316

資料館横には小さな小休止公園スペースがありますが、これを横切って蓋暗渠が続きます。

Imgp9317

この蓋暗渠、車道にぶつかってから消えてしまいますが、
車道の向こうは何方向にも谷頭が見えます。
これらの谷頭から来る水を溜池に繋いでいるのでしょうね。

というわけでいよいよ郷土資料館へ。
入口には昔の大砲のレプリカが数台。

Imgp9321

閲覧室のない資料館でしたが、結構ツカエる資料がたくさん!
5冊ほど冊子を購入してきました。

このあともまだまだ赤塚シリーズ、続きますよー。

行程は①の回の地図をご参照ください。

|

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺②乗蓮寺の蓮 | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

ほう、「赤パッケ」。
「パッケ」はやはり国分寺崖線の「ハケ」と同じ語源なのでしょうかね。
「チンする」って言葉も定着しちゃってるけど、最近のレンジは「チン」っていわないのになあって常々思ってました。ありましたか、「チン」っていうレンジが。
いやー、シチュエーションのせいか、カレーがやたら美味そうですねえ。
でもビールじゃ水分補給になりませんよ。お気をつけて。

投稿: えいはち | 2010年8月 3日 (火) 10時42分

はい、きっと「崖」のことでしょうね。
あまりに草深いので赤土かどうかは確認できませんでしたが、実際断崖でした。
カレーうまかったっす。実はこれが引き金になったのか、この後の行程でもういちどカレー食べちゃうんですがw

エジプトでピラミッド作る時に、労働者の皆さまにビールを飲ませていたという話を思い出しましたが
あれは水分補給というよりむしろ栄養補給だったのかも知れませんね・・・w

投稿: lotus62 | 2010年8月 3日 (火) 12時50分

ちょっとこの辺意外とよく分かっていませんでした。
もうlotusさんに知識で抜かれた気がします。

蓋暗渠があるんですか。
板橋区では数が少ないので、貴重な存在だと思います。
自分の知る限りではほかに3ヵ所しかありません(これもあてにならないですが)。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月 3日 (火) 12時57分

はぁぁ~、なんか写真見てたら癒されました。
23区内とは思えないのどかさですね・・・!

投稿: nama | 2010年8月 3日 (火) 17時53分

>猫またぎさん
そんな、ありえませんからww
はい、郷土資料館の裏は蓋暗渠でした。その他の板橋の蓋、というと一つはnamaさんが以前記事にされてた大谷口風呂釜蓋暗渠、ですよね?

>で、その風呂釜暗渠命名者であるnamaさん
確かにのどかでしたw 
そうそう、この溜池で釣りをする人たちの間に一匹の猫が寝そべっていたんです。それだけでもいい雰囲気だったんですが、この猫、誰かの竿に魚が掛かると、「タノムその魚くれくれー」といわんばかりにささっと素早く起きあがって駆け寄っていくんですよ。 なんだか昭和の漫画に出てくるようなひとコマでしたw

投稿: lotus62 | 2010年8月 4日 (水) 12時39分

> その他の板橋の蓋、というと一つはnamaさんが以前記事にされてた大谷口風呂釜蓋暗渠、ですよね?

その通りです。

んで、もう一つは、namaさんのその記事を見て、たまらずすぐ見に行ってしまった時に、途中で偶然見かけた中板橋駅前の暗渠です。その時のコメントでnamaさんには報告しています。

んで、もう一つは…
あとは内緒にしておいた方が楽しいですかねw
とは言っても「東京西北部の中小河川」さんのサイトを見ると分かっちゃうんですがww

投稿: 猫またぎ | 2010年8月 4日 (水) 20時42分

>猫またぎさん
ありがとうございます。
おおー、その1個、楽しみに見つけてみますね!

投稿: lotus62 | 2010年8月 4日 (水) 20時48分

本日、このコンクリート蓋暗渠を見てきました。
何度か通ったことのある場所なのですが、暗渠道にのめり込む前だったので、全く気がついていませんでした。

歩くとガタピシ言って、申し分ない蓋暗渠ですね(笑)。

蓋の横を見ると丸い穴がたくさん開いていて、namaさんが行かれた風呂釜暗渠と同じタイプのフタですね。
やっぱり区で仕様を統一してるのかな?

投稿: 猫またぎ | 2010年8月 8日 (日) 22時35分

>歩くとガタピシ言って、申し分ない蓋暗渠ですね(笑)。
まさしく申し分ないですねw
確かに区(というか地域)によって傾向がありますよね。
それと、仕上がりwも。
やっぱ納品会社・請負会社がある程度きまってくるからでしょうかね。
それにしても杉並区の暗渠工事人はすごいですよ。あのカーブの仕上がりは神w

投稿: lotus62 | 2010年8月 9日 (月) 10時11分

こんにちは。
杉並区にはすごいカーブ職人がたぶんいるんですがw、
でも暗渠によってはすごい雑ですよ。年代の違いもあるのかな?

板橋区のコンクリ蓋は、風呂釜暗渠のときにみた
あの穴あきがスタンダードかもしれないのですか。
面白いですねえ~!3つぜんぶ見比べてみたいものです!

投稿: nama | 2010年8月10日 (火) 17時27分

>namaさん
雑なところもあるのかもしれませんが、あのカーブ職人芸をいくつかでもみちゃうと
「杉並すげ!」て思っちゃいますよw
namaさんの蓋コレクションも、楽しみにしてます!

投稿: lotus62 | 2010年8月10日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 成増の蓮の寺③湧水滝と赤パッケ:

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺②乗蓮寺の蓮 | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道 »