« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺③湧水滝と赤パッケ | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に »

暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道

次の目的地は青蓮寺。

前回の資料館&溜池からは、地形から行って北にある白子川もしくは新河岸川に流れ込んでいるはず。つまりこのあたりにも水路が見つかるはず・・・と思ってなるべく青蓮寺まで遠回りしない範囲で川跡っぽいところを地図で選んで歩きます。

たどったのがここ。赤塚城の山裾の崖をぐるっと回り込んで、西に向かって三園通りに出る道です。

なにしろ崖が見事な道でした。

Imgp9324

こんなんアリですかっつくらいの「玄関階段」ですねー。

ここも。左の家はまるで「石垣の上のお城」です。
ちなみに、暗くてわかりづらいけど右のマンションとの間には
ジェットコースターのレールのような階段が付けられていますねw

Imgp9326

こんなふうに、崖にそってカーブを描いて三園通りにぶつかります。

Imgp9327

これが三園通り。これは南のほう、おおまかに言えば成増駅方面を望んだところ。
ゆるい上り坂になっています。

Imgp9332

この通りに出たところで、なんとつり掘発見!

Imgp9331

すでに廃業しているようです・・・。
隣には同じ屋号の料亭がありました。こちらは営業している模様。
料理に使う川魚をここにストックしていたのでしょうか・・・。

ちょっとつり掘りを覗いてみたら、まだしっかりと水が張ってありました。
バスクリン状態でしたが。目を凝らすと、何匹か魚の姿も見えました。

Imgp9334

このつり掘りの排水を考えると、どうもこの三園通り自体が川だった可能性も出てきました。
なにしろここも、道の両側が切り立った崖、つまり谷あいを通る道なので。
これは三園通り東側の崖。

Imgp9335

そしてこっちは、西側の崖に登って三園通りを見下ろしたところです。

Imgp9337

三園通りに面して崖に建つマンションの入口階段。
どうもこの崖から水が湧いて滴っているようです。すげえ、湧水マンションw

Imgp9340

この西側の崖というか山を登ったところに、青蓮寺がありました。

Imgp9343

えと、こちらは乗蓮寺と違って実際の蓮は咲いておりません;;;;。
まあ来るだけで満足。この土地に立つことに意味があったわけなのでw
あんまりあっさり流してしまうのもアレなので若干このお寺とことを説明させていただくと、
真言宗智山派の寺院で号は瑠璃光山。本尊は木造りの薬師如来ですが秘仏とのこと。
おお。秘仏。
昔は徳丸ヶ原の弁天塚というところの近くにあったそうですが、荒川の氾濫に何度も見舞われていつの頃からかここに引っ越してきた、といわれているそうです。
おお。川のそばにあったんですね、かつては。

青蓮寺のある山は、気が付けばハンパない高さの土地でした。

お寺の近くに北の方角を見下ろせる所があったのですが、
そこからの眺めがこれ。
急な階段を降りていく崖下は、そのまま新河岸川が削ったであろう低地へとつながって、独特のスリバチビューを作っています。

Imgp9345

進路をさらに西に取って、白子川方面を目指します。
そこに行くまでにはやはり崖を降りねばなりません。
こんな階段の。

Imgp9347_2

階段の踊り場ごとに設けられたマンホールは、下末吉スリバチ各所に見られたものとそっくり。階段下に下水道が通っているようです。

この階段を降りてまもなく、短い暗渠「こいど緑道」に出ます。
Imgp9349

小井戸川は、今降りてきた台地から湧き出る水を集めて白子川に注ぐ短い川だとのこと。
上流を振り返って見るとこんな風景。 

Imgp9351

さて、今回はここまで。
次回は白子川緑道を通って、いよいよ駅前から流れる百々向川を遡ります。

オマケ。こいど緑道で出迎えてくれた猫です。Imgp9352

|

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺③湧水滝と赤パッケ | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

うわー、ずいぶん歩かれましたね。

8枚目の写真「西側の崖に登って三園通りを見下ろしたところ」の道、ガードレールの位置がなんか変ですよね。
崖下に落ちる側じゃなくて、壁側に付いていますね。
何をガードしているんだ。

次回、百々向川まで行かれましたか。
百々向川は何度歩いても楽しい、面白い暗渠だと思っていましたので、次回が楽しみです。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月 5日 (木) 20時35分

2枚目の写真の家、地震とか豪雨の時とか大丈夫なのでしょうか。
高所恐怖症の私にとったら、
こんな家に住んでいること自体が不思議ですw

投稿: リバーサイド | 2010年8月 5日 (木) 20時52分

>猫またぎさん
そういえばこのガードレール、意味わかりませんよねえw
坂に夢中で、現地ではその不条理に気がつきませんでした;;;
次回百々向川分は日曜朝に更新の予定です。どうぞよろしくお願いします。
世田谷でいうと蛇崩川緑道に雰囲気が似たところでした。・・・あの階段以外はw

>リバーサイドさん
こんな家がずらっと数軒続いていました。
歳とったり足を怪我したりしたら、相当つらいと思います、ここw

投稿: lotus62 | 2010年8月 6日 (金) 09時25分

こんにちは。
>足を怪我したりしたら
わたし、崖の階段見るとこればっかり考えてしまいます。
自分が足の靭帯損傷したときの、階段の大変さを思い出すと、
ほんとどうするんだろうって感じです>写真1,2枚目
歳とったり、もそうですよねえ。うちの祖父は2階に上がるのも大変そうです。
・・・ふと、下末吉の個人宅トロッコみたいなのを思い出しました。
あれで人を運ぶのも、ありですねえ。

こういうこと、井草川でも紅葉川でも考えちゃいましたし、
暗渠めぐりする以上はついてくるのかもしれません、”崖上のくらしを想像すること”。

投稿: nama | 2010年8月 6日 (金) 10時53分

>namaさん
そうですね。ほんと出入りが大変な場所です。
いろんな人がいろんな事情を抱えていろんな土地に住んでいるんですね。
世界を考えたらもっと多種多様な住環境があるんでしょうけど、
日本、しかも東京近辺だけでもほんとにさまざま、ですね。
暗渠をみるようになって、同時に崖やスリバチも見るようになって、ますますそんなことを考えますね。

投稿: lotus62 | 2010年8月 6日 (金) 12時20分

成増エリア、下調べはずいぶん前にしているのですが未だに行けずにいるので、
毎回とても楽しませてもらってます&行く時には参考にさせてもらいますね〜
それにしても2枚目の写真の家、ほんと、凄い立地ですよね。
みなさんと同じく、ここでの暮らしぶり、考えてしまいます。

投稿: HONDA | 2010年8月 7日 (土) 00時24分

>HONDAさん、ありがとうございます。
この家、本体より土台のほうが長いですもんねえ・・・。
HONDAさんの成増のお話も楽しみにしてます!!

投稿: lotus62 | 2010年8月 7日 (土) 11時04分

はじめまして。
昔、こいど川緑道の近所に住んでいたので、思わず「懐かしい~!」と感じてしまいました。
初詣には東京大仏へ、普段の買い物へはこいど川緑道や百々向川緑道を歩いて成増駅まで行っていたものです。
懐かしいお写真をありがとうございました。cat

投稿: ちゃぽ | 2011年12月 1日 (木) 21時58分

ちゃぽさん
はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。
ご近所に住まれていたのですね。
こちらもたいへん地形の変化に富んだ楽しい場所でした♪
こちらにいらっしゃった時には、まだこの釣堀、営業していたのでしょうかw?それと、こいど川緑道の上流ってまだあたのでしょうか…?もういろんなことお尋ねしたくなってしまいますww
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2011年12月 2日 (金) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/35809917

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道:

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺③湧水滝と赤パッケ | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に »