« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道 | トップページ | 暗渠ハンター 横須賀ドブ板通りの蓋暗渠と猿島 »

暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に

こいど緑道はすぐに旧白子川緑道に接続されます。
今の白子川よりちょい東に作られているのがこの旧白子川緑道。
Imgp9353

白子川はこの赤塚村付近では「矢川」と呼ばれていたそうです。
今はかなり人工的な建造物、まああまり好きなテイストではありません・・・。
せせらぎで子どもたちが下におりて遊べるように、と91年に作られたそうですが、
この日はほとんで水もなく。
所々あまりいい匂いのしない水の溜りがありましたが、そこではしっかり子どもが遊んでいましたw

Imgp9354

傍らの公園。緑道造成の時に余ったやつかな、あちこちに土管を使った遊具(?オブジェ?)があります。

Imgp9355

上流に向かってあるくと、百々向川との合流点がありました。
この緑道が百々向川。

Imgp9356

百々向川は百々女木川(ずずめきかわ)とも呼ばれていたと①で書きましたが、地元のひとは「すずめきかわ」とも呼んでいるそうです。
水源は線路を越えた赤塚新町3-24にある下赤塚公園付近、と手元資料にはあります。
その後近くの緑道の下を流れて成増小の東側で北に進路を変え、東上線のガードをくぐって今度は西に向きを変え、成増公園を通って西友を通ってここに向かってきます。

それを、この緑道伝いに駅まで遡っていきます!
おお、緑道沿いに井戸が。

Imgp9357

さっきの旧白子川緑道に比べると、断然鄙びて狭くていいかんじ!

気がつけば、この百々向川は結構な深い谷を刻んでいました。
交わる道を眺めてみれば、上り坂ばかり。

Imgp9358

さらに。
なぜかこの緑道を遡っていくと2箇所ほど土手に阻まれるところがあります。
・・・つまりここも一級スリバチ!
なぜこんなつくりにしたのかとんと解りませんが・・・。

これはその土手の「山頂」から下を眺めた写真です。
緑道を辿っていてこんな階段を越えていくのは初めての体験でした。

Imgp9363

緑道は時々狭くなり、車止めにもたまに出会ったりして
いい塩梅の暗渠テイストになります。

Imgp9364

お。民家庭に古井戸。
それにしてもこんな姿になっても庭に井戸を残す、というのはどういう考えによるものなのかな・・・。
以前にも書きましたが、古井戸って埋めちゃうとよくない(家相学的に)という話をきいた事があります。それでなのかな・・・。

Imgp9368

さあもう一つの「土手」登場。

Imgp9369

これを上って、再び「山頂」から振り返るの図。
この下が見事な一級スリバチ地形です。
が、このスリバチ底はいかにも川跡しかなく。
風情からいったら①でご紹介した赤塚小の北に作られているスリバチのほうが住居や縦横に延びる暗渠があって、全然よかったですねー。

Imgp9373

そして、駅前の西友に行き当たります。
百々向川はこの敷地を横切っていたそうです。

Imgp9374

と、ここまでで成増赤塚の行程はおしまい。
さすがにくたびれましたー。

成増駅を南に抜けて地下鉄成増駅から帰路を辿るのですが、
そのまえに駅前商店街で休憩を・・・・。

商店街入口にいきなり「不二越」という純喫茶然としたお店があり、
ここに吸い寄せられるように入店。

Imgp9378

地元では結構有名なお店らしく、TVの取材もいくつかあったらしいです。
イチオシメニューがキーマカレーらしく、
お昼に続いてカレーとビールを注文する私。
お昼のカレーでカレー欲に火がついてしまったw

Imgp9377

具の茄子が非常にうまかった!!!
満足して成増を後にします。

・・・が。
この日夜からのあるトークショーを見に阿佐ヶ谷に寄って帰りました。

都市河川学会による「東京静脈」「東京静脈R」DVD発売記念イベントです。
川映像作家である野田真外さんらによるトークと、川のお宝映像上映会。
進行にちょっと難ありw、という感じでしたが、野田さんのお話はとても興味深く聴かせていただきました。
DVDも買っちゃいましたよw 私の大好きな「橋の裏側」がたくさん映っていたので。

Imgp9381

というわけで長かった一日、というか長かった成増赤塚シリーズは今回でおしまい。
今回の行程は①の地図をご参照ください。

■■■■■■■■

では、今回は数回にわたるシリーズだったので、
さいごに全体の振り返りをしてみましょう。
よかったこと、印象に残ったことなど列挙します。
たくさんあってもなんだから5つに絞って書きます。
・このへんはスリバチだらけで、一級スリバチも偶然見つけられた。
・水量はすくないながら、不動の滝という湧水の滝を見ることができた。
・溜池につながる流路(暗渠)を2本見つけられた。
・ノーマークだった百々向川という川を辿れた。しかも緑道にしてはいい風情だった。
・「ビールとカレー」に短期的にはまった。

ってところですかね。

あ、本来の目的は「蓮を見に行く」だったのにw

|

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道 | トップページ | 暗渠ハンター 横須賀ドブ板通りの蓋暗渠と猿島 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
成増方面、杉並からだと行きづらいのですが、
結構、面白い場所がありそうですね。
mixiの暗渠トピによると、東武練馬の北側の徳丸あたりにも暗渠がかなりありそうです。
(mixi会員でなければごめんなさい。よろしければ招待しますよ)

そのうち、こっちのほうも巡ってみたいなあ。

投稿: リバーサイド | 2010年8月 8日 (日) 09時40分

いや、お疲れ様でした。ずいぶん歩きますなぁ。

百々向川の下流は、緑道にしては雰囲気がいいですよね。
川底感があります。
「暗渠山に上る」という意外性もあって割りと飽きません。

ただ、成増よりも上流の方がさらにバラエティがあって面白いのですが。

またお待ちしております(笑)。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月 8日 (日) 22時36分

>リバーサイドさん
そうですね、ちょっと行くのが億劫で・・・
しかし副都心線ができてからアクセスがものすごく楽になった気がします。新宿三丁目乗り換えで、すぐですよw
mixiおさそい、ありがとうございます。入っているのですがもうほったらかしでw

>猫またぎさん
おお!こんどは上流にも行ってみます!
「川底感」、ありますねぇ。おもしろいところでした・・・。
近いうちにまたおじゃましますね(笑)

投稿: lotus62 | 2010年8月 9日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に:

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺④青蓮寺からこいど川緑道 | トップページ | 暗渠ハンター 横須賀ドブ板通りの蓋暗渠と猿島 »