« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に | トップページ | 暗渠ハンター YMOファンの聖地昭和駅に暗渠が! »

暗渠ハンター 横須賀ドブ板通りの蓋暗渠と猿島

先月のこと。
横須賀の無人島、猿島に行ってきました。
猿島には、京急線横須賀中央駅から猿島と連絡する船着場まで歩いてとぼとぼと向かうわけですが、
横須賀といえばドブ板通り!
ドブ板といえばそりゃ暗渠もあんじゃね?的な希望的観測で立ち寄ってみました。
電車ではるばる向かう途中で「ドブ板!?」と気がついたので、
今回も下調べナシですw

さっそくドブ板通りを歩いてみます。
基本的には夜の街、なんでしょうね。午前中のドブ板通りはがらんとしたものです。

Imgp9478

昔ドブがこの道のまんなかを流れていたそうです。それに車や人の往来のためにドブ板がかけられていたからドブ板通り。そのまんまですね。

流路があっただけあって、通りの片側には急な崖が迫っています。

Imgp9482

しかし流路はおろかドブ板(つまり私的意訳すれば蓋暗渠)のかけらも見当たりません。
ただ、舗装された道路は「ドブ板」を意識した意匠にされていると思われ。
道路中央にはある間隔で横線が架けられるデザインだったり、
道路わきにはこの下の写真のように細い間隔のボーダー模様が施されていたり。

Imgp9484

うえの写真を撮っている時に気がついたのですが、
この奥は崖で、そこに何か穴のようなものが・・・。

近づいてみます。

Imgp9485

おお!崖のどてっぱらに確かに大きな穴があいている!
さらに近づいてみます。

Imgp9487

大きさや穴上部の構造からいうと、崖の中にムリヤリ駐車場でも作ってあったのかしらん・・・。

この右隣には高さ1m弱くらいの小さな穴も開いていました。
こっちは貯蔵庫かなにかか・・・?

Imgp9488

名前に惹かれてドブ板通りまで来ましたが、
成果といえば舗装道路の板模様と用途のよくわからない穴だけ・・・。
まあしゃあないほどほどにして猿島へ向かうとするか。

と歩き出し、ドブ板通りが終るはしっこからその先を何気なく見てみると・・・。

Imgp9492

ドブ板通りの延長線上に細い道が見えます!
・・・・んー、もしかして!?

果たして。ドブ板通りのドブから続いていると思しき暗渠が見つかりました。
しかも蓋暗渠!これがホントのドブ板かw!?

Imgp9493

こんなもんかねと諦めていたので、すごく嬉しい発見です。
しっかりした幅広の蓋暗渠が続きます。

Imgp9494

この暗渠の多くの部分は、このような↓穴開き蓋。

Imgp9495

それが、こんなふうに続きます。

Imgp9496

こんなふうに見ると、
まるで戦闘機から発射された機関砲が蓋にだだだだっと穴を開けていったみたいですよね。<発見した嬉しさのあまり横須賀海軍と蓋暗渠を勝手に結びつけて妄想中。

あぶないっ!伏せろ!!! <もういいっつのw

Imgp9498

あっというまに暗渠区間は終り、海に向かう流路はわからなくなってしまいます。

Imgp9499

しかし満足満足。

さあ、こんな船で猿島に向かいます。

Imgp9501

普段は1時間に1本の連絡線ですが、海の日前後の書き入れ時とあって船は増発、本土と猿島の間をひっきりなしに往復しています。

あ、船上からは対岸の木更津方面が見えます。
木更津工業地帯の製鉄所の高炉と、貯蔵タンクその他。
横須賀で暗渠ばかりか工場まで拝めるとは何て果報者・・・。

Imgp9503

そして15分ほどで猿島に到着。
お昼ころでしたが、すでに浜辺は海水浴&BBQ客でぎっしり満杯でした。
砂が見える隙間もないくらい。

Imgp9508

まあとにかくハラが減りました;;;;;。
実はドブ板通りのはしっこにあるハンバーガーショップで、
横須賀バーガーとホットドッグをテイクアウトして持ってきたのです!!!
ハンバーガーはでっかくって食べ甲斐あり!パテもつなぎを使ってないので、
「むははこれぞ牛肉でぃ!」という嬉しい食感です。
しかし一緒に買ったホットドッグは、それをはるかに上回る美味しさでした!

Imgp9514

サウザンドレッシングみたいなソースがかかってる、
ぽきぽきいうソーセージまた「アメリカ!」的な、
それはそれはたいへんなごちそうでした。
これを島の売店で買った普通よりちょっと売価の高いビールといっしょにがぶっ、とね。

海を見ながらだとさらにうまし。

お腹が落ち着いたら猿島探検です。
なんと言ってももと軍事要塞ですからね、
島の中央部には司令室に通じるトンネルやら砲台跡やらがあちこち残っているのです。

Imgp9527

なんでも、最近はこの島にコスプレの方々がたくさん集まってきているそうです。
(この日は見ませんでしたが・・・きっと海水浴客らでの混雑を避けて夏はオフシーズンなのかも)

ガラガラと衣裳の入ったトランクを引いて島に渡ってきて、
こんな非日常感たっぷりのロケーションで、コスプレ撮影していくんだとか。

Imgp9531

まあキモチはわからないではない・・・。

Imgp9545

戦争という悲惨な歴史さえ一瞬忘れてしまいそうな、
幻想的な空間、ともいえます。

Imgp9535

要塞遺構には丁寧な説明板も設けられており、
横須賀市観光局(たぶん)の本気度が伝わります。
お。ここは弾薬庫ですか。

Imgp9537

軍島とはいえ、ひとの暮らしあるところに水路あり。
レンガ壁が続くなか、写真右下には石組みの排水路らしきものも見えました。

Imgp9542

実は猿島唯一のショップでは、貸し竿を使って海釣りができるのです。
その海釣りが第一目的で来たのですが、
すでに貸し竿はすべて売り切れ(貸し切れ?)。
2時間ほどの短い滞在でしたが、
この溢れんばかりの海水浴客といっしょにもみくちゃになって船に乗るのもアレなので、
早々に島を離れることにしました。

Imgp9549

海水浴客が落ち着く頃に、また釣りにこよっと。

ドブ板通りと、今回見つけたその先の暗渠の場所はこちら。

より大きな地図で 横須賀ドブ板通り を表示

|

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に | トップページ | 暗渠ハンター YMOファンの聖地昭和駅に暗渠が! »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

猿島、来週あたり行こうかなと思って、ちょうど計画立ててたところです。
昼飯をどうするかなあって考えてましたが、うーん、ホットドッグ美味そう。

投稿: えいはち | 2010年8月11日 (水) 09時25分

おお!グッドタイミング。
しかしこの季節、ほんとイヤになるくらい混雑してますのでどうぞ覚悟していってらしてくださいね。 ほんと混んでますよww
ホットドッグは強烈にお勧めいたしますがw

投稿: lotus62 | 2010年8月11日 (水) 17時34分

ツボ満載、おなかいっぱいの内容ですね!!
要塞・・・たしかに、写真の光の加減のせいなのか、
とても幻想的に見えます。
そこでするのが、 釣り っていうのがまた素敵ww
以前わたしは川崎のゴッツイ工場群を目の前に
釣りをしましたが、似たギャップを感じます。


投稿: nama | 2010年8月12日 (木) 18時07分

namaさん
まさにおなかいっぱいwホットドッグも食いでがありましたしw
川崎の工場群での釣り、私にとっては理想的な組み合わせ・・・。
でもそこで釣った魚って、食べるの勇気要りませんかw?

投稿: lotus62 | 2010年8月13日 (金) 09時55分

速報! 本日、行ってきました。
実は猿島だけではなくて、かなりの強行軍でしたが。
朝7時にウチを出て、夜11時ちょっと前に帰宅…、
後日記事にしますので、しばしお待ちを。
ところで、ホットドッグ、「どぶ板食堂Perry」ってお店でした?
臨時休業でしたぁぁぁ。
別のお店でなかなか美味い横須賀バーガーは食べましたが…うう。

投稿: えいはち | 2010年8月18日 (水) 23時40分

おお!速報ありがとうございます。店の名前は忘れましたが、いちばん猿島より。
しかし長丁場でしたね !
レポート楽しみにしてまつ!

投稿: lotus62 | 2010年8月19日 (木) 00時02分

どぶ板通りのすぐ横の崖に空いている穴は、防空壕です。

海軍の本拠地なので、いつ空襲されるかも知れず、
当時の市民が自分たちの避難用に掘りました。
京急の汐入駅あたりから横須賀中央を廻って、安浦駅あたりまでの
崖には、無数に防空壕が掘られています。

投稿: スカッ子 | 2012年9月15日 (土) 13時27分

スカッ子さん、コメントどうもありがとうございます。
そうですか、無数に防空壕があったんですですね。そのうちの2つだったのですか…。
戦争中にここの辺りにすまれていた方々は、どんな気持ちで毎日を過ごされていたのでしょう。
防空壕のように数えきれないくらいのご苦労を窺い知るきっかけをいただきました。
どうぞ今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2012年9月16日 (日) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 横須賀ドブ板通りの蓋暗渠と猿島:

« 暗渠ハンター 成増の蓮の寺⑤百々向川から駅前に | トップページ | 暗渠ハンター YMOファンの聖地昭和駅に暗渠が! »