« 暗渠ハンター 吉野川で空振りして麻布のスリバチに迷い込む | トップページ | 暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?①湧水つきの東側掘 »

暗渠ハンター 重箱掘から入間川

前回と同じく、梶山公子さん著「あるく渋谷川入門」を読んで知った川筋を、今回もトレースしてみました。

重箱掘と入間川。

この本によると、渋谷川(古川)から麻布十番あたりで別れて東京湾に注ぐ「もうひとつの渋谷川河口があった」とのこと。そのもうひとつの渋谷川が入間川(いりあいがわ)であり、河口が重箱掘である、とのことです。★訂正:「河口については重箱掘ではない」という記述です;;;私の勘違いでした。後日河口についての記述を確認し改めて訂正いたします。申し訳ありませんでした。

これらについてのエッセンスは梶山さんのwebでも公開されています
でももっと詳しいことをお知りになりたい方はぜひ本でw!

不勉強ながら、知りませんでした。渋谷川は専ら中流から上流を調べたり歩いたりしていまして、下流については全くノーマーク;;;;。

よしここはひとつ自分の目で確かめに行ってこよう!
と前回の吉野川と同じ日に自転車でうろついてまいりりました。
(暑かったっす;;;;;)

スタートは重箱掘。日の出桟橋の裏側の運河の、凸型になったところ(写真奥)が重箱掘です。
まあ地図で見れば確かにこの凸の向こうには川があると考えるのが自然・・・・。Imgp9674

さあてさっそく遡ってみましょう!まずはJRの浜松町と田町の間をくぐります。
・・・この橋裏もすごく美しかったのですが、それは次回の橋裏特集でw

Imgp9679

しかしほとんど暗渠サインはなく、流路も特定しずらいです。
本から写した流路を頼りに、それらしいところを見極めつつ芝小学校の横からセレスティンホテルの横を抜けて・・・
芝3丁目の住宅街にやってきました。

すると・・・・。

この界隈は状況が一変します。

★2013.1.28追記。しかすけさんのこの記事では、この近辺を地籍地図を元に水路の検証をされています(すばらしい記事!)。それによると、以下でご紹介する路地の殆どは「暗渠ではなかった」ことがわかります(恥);;;;すみませんでした。改めて私も記事にしてみたいのですが、それまでは自戒を込めてこのまま晒すことにします。
以下、タワケものの戯言としてお読みくださいませ。

重要な暗渠サインであるクリーニング屋さんがあったので、
付近を丹念に歩いてみるかと思ったそばから・・・。

Imgp9687

こんな暗渠道がタテにヨコにと張り巡らされていました。

Imgp9689

Imgp9691

Imgp9693

Imgp9694

Imgp9695

お。これは防火用水ですかね。
こんなのが自然に溶け込んでいる町並みです。
これが港区芝とは思えないノスタルジックな空間です。

Imgp9696

では引き続き界隈の暗渠をお楽しみください。
まっすぐなやつがタテヨコに、ってことで、昔は用水路だったのではないかと思っています。

ちなみに、リンクのご承諾をいただこうと先ほどの「あるく渋谷川入門」著者の梶山様にメールでご連絡をし、この界隈のことを少しだけ申し上げると、
ご快諾のお返事とともに
『増補港区沿革図集‐芝・三田・芝浦‐」の中の弘化3年(1846)の図を見ると、ちょうどその辺りは、大名、旗本の屋敷が接する複雑な掘割りがあったところです。
とのご教授をいただきました。梶山様、どうもありがとうございました。

なるほど、昔の掘割の名残、と考える「なるほど、芝ならでは!」なんて妙に納得してしまいますw

Imgp9699

Imgp9700

Imgp9702

Imgp9704_2

入間川は桜田通り(国道1号線)を越えて渋谷川につながるわけですが、
この界隈から果たしてどうやって桜田通りを越えていくのかがよくわかりません。
ひとつ、可能性として見つけたのがこの3丁目12にある社です。

Imgp9706

3丁目12のブロックを、この裏から表へと蛇行した舗装道路が横切っており、
さらにこの社の向いの酒屋さんの横の(暗渠テイストのある)路地を抜けると桜田通り。
さらにらさらにその先、桜田通りを越えると三井国際ビルヂング敷地があるのですが、
そこはこの延長線上の仮想流路を避けるように建物が建っています。
たぶんここ・・・。でしょう。

Imgp9710

この敷地を出て、渋谷川沿いに東西に走る通りに沿って入間川は西に向かいます。
Imgp9712

あ、水道局も道沿いにありました!

Imgp9713

そして、一の橋で直角に曲がる渋谷川に、麻布十番を対岸に見ながら合流(というかここを起点に分流)。というのが現地を見て感じた想定流路です。

Imgp9714

この流路が正しいかどうか全然自信が持てませんが、
途中見た芝3丁目の縦横暗渠は大収穫。
ほんと、路地を廻りながら小さな呻き声がとまりませんでしたw

ご近所の方々、その節はお騒がせいたしました;;;;。 

より大きな地図で 入間川 を表示

|

« 暗渠ハンター 吉野川で空振りして麻布のスリバチに迷い込む | トップページ | 暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?①湧水つきの東側掘 »

2011 ・・・渋谷川水系」カテゴリの記事

コメント

最近細い道、抜け道、ごちゃごちゃした界隈、などに興味を持ってまして、偶然にもこの芝3丁目にも注目していたところです。
私の地図にはこの芝3丁目にも「行ってみたい所マーキング」がしてありますw
ここら辺は暗渠でもあったのですね。それには全く気がついていませんでした。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月27日 (金) 19時11分

ふふふ・・・猫またぎさんの「いってみたいところ」地図が見てみたいっすww
縦横に用水路みたいな暗渠がたくさんあります、ぜひ楽しんできてください!!

投稿: lotus62 | 2010年8月30日 (月) 09時24分

早速ですが、土曜日に行ってきました。

確かに縦横に草むした石畳の道が走っていていい感じでしたねー。
こんな場所は東京にはほかにないんじゃないでしょうか。

…と締めくくるはずでしたが、似た感じのところがありました!
三田5-14界隈です(魚藍坂の近く)。
暗渠かどうかは分かりませんが、「草むした石畳が縦横」は同じ。
道の真ん中が側溝だったりします。
こっちを先に通っちゃったので、芝3丁目の感動が少し薄れちゃいましたー(笑)。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月30日 (月) 11時18分

おお!三田のその場所、魚藍坂下あたりというのはノーチェックでした!
(暗渠だとすると、三田用水の通っている尾根からの落ち水で田圃を潤していた、というようなところでしょうか・・・?)
さすがいいトコご存知ですねェ。
私も行って見ます!

投稿: lotus62 | 2010年8月30日 (月) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暗渠ハンター 吉野川で空振りして麻布のスリバチに迷い込む | トップページ | 暗渠ハンター 山王崖下の「池尻掘」?①湧水つきの東側掘 »