« 橋の裏側萌え 2010年第2回橋裏特集 | トップページ | 暗渠ハンター 重箱掘から入間川 »

暗渠ハンター 吉野川で空振りして麻布のスリバチに迷い込む

先日、「あるく渋谷川入門」という本を読んで、
渋谷川(古川)支流の「吉野川」という川の存在を知りました。
(この本、単に地理的に渋谷川を記述するだけでなく、要所要所で地元の方にインタビューした昔の様子が書かれていたりして、すごく楽しめる本でした)

六本木の交差点、アマンドの裏手あたりに発して、六本木ヒルズ横のTSUTAYAあたりを通って麻布十番商店街を抜け一の橋近辺で渋谷川(古川)に注ぐ川。

TSUTAYAや麻布十番なんて何度か行ったことがあるのに、全然気がつかなかった・・・
川跡や暗渠は残っているんだろうか?せめて暗渠サインくらいは見つからないのだろうか・・・
と思うともういても立ってもいられなくなり、早速この目で確かめに行くことに。

今回はその行程をご紹介します。

吉野川は・・・。
結論からいうと、ほとんど暗渠は見つかりませんでしたw
なので、基本的には「ここが川だったんだねぇと思いながら川跡をなぞってみる」というサイクリング(自転車で行ったのです)的なものになりましたw

しかし。アマンド裏からスタートして芋洗坂を下る途中の、法興寺につながる脇道がこれ。

Imgp9637

なんかこの歩道が怪しいですねー。

それと、ここは最大の確信箇所。六本木高校の崖下です。
ここは間違いないでしょう(と思いたいw)。
Imgp9645

そんなふうに辿った吉野川ですが、渋谷川への合流点はそれはそれは見事でした。
Imgp9660

麻布十番の商店街からまっすぐに延びてきて、この合流口です。
「おおー、やっぱりしっかり通っていたのね吉野川くん!」
みたいなキモチになってかなりうれしかったですw

さて、せっかくなのでこの辺をあてずっぽうに散策して帰ろうかな。
まずはヒルメシをいただきながら休憩を、と思いましたがもうランチタイムもとうに終わっていって手頃な店が見つかりません。まえはウェンディーズという心強い見方があったのに日本撤退してしまった今はそれもこの街から消え去り・・・

しかたがないので公園横にあったミニストップでホットドッグを買って公園のベンチで。
ネイティブ発音で英語を話す親子連れ外国人ばかりの公園で食べるホットドッグは、
本場の味がしましたw
Imgp9664

さて小休止したら、あてずっぽう散策開始!

暗闇坂に出て、「ももんがー♪」などと鼻歌を歌いながら狸坂を下りきると・・・
元麻布3-6あたりで橋の欄干らしきもの発見!!!

Imgp9720

おおー!考えてみりゃここ谷底だし、周りにもっといろんなもの見つかるかも!
と見回してみると・・・
キター!この細さと暗さと湿り気と!!!こりゃ暗渠でしょー。
Imgp9725

この、まんなかの細いところを自転車で入ってみます。
Imgp9726

むひゃー!すごい!!いったいどこまで続くんでしょう!!!

しばらく行くと、住宅が集まるちょっとした「街」が。
ここは谷底、つまりスリバチになっているのですが、
その横、一段段差の上には「宮村児童公園」。(写真右側が公園)
Imgp9733

この段差(崖)の下に暗渠が続いているようです。

崖下に広がる住宅地は縦横に小さな路地が走っているのですが、
そのあちこちに暗渠サインをみることができます。
ほら。
Imgp9737

Imgp9738

ほらほら。
Imgp9739

Imgp9742

ここらへんで「ん?みたことあるかも・・・?」とうすうす思い、
家に帰って調べてみたら・・・
すでにHONDAさんが記事にしてらした場所でした。
あー、ココだったんだー!!!
さすが暗渠先輩、すでにこんな美味しい場所はチェック済みでいらしたw

さてもうすこしこのへんの様子をレポートします。
暗渠サインとは何の関係もないのですが、
この電柱の左側に立ってる街灯・・・・すごくないですか。
こんなの初めて見ました!!!
Imgp9740

スリバチ具合がわかる崖面。
Imgp9744

路地からは高台にある、パイントグラスみたいな形の名物マンションが見えます。
このコントラストって、どこか
「へいわなまちに、とつじょきょだいなかいじゅうがあらわれた」
的なインパクトがあります。

Imgp9746

崖下の流れ。

Imgp9748

袋小路だらけの路地。

Imgp9749

ここも行き止まり。

Imgp9750

このスリバチを徘徊した後、抜けたところが本光寺というお寺。

Imgp9751

この正面の奥まったところに、ビオトープがありました。
立っていた説明看板によると、もともと宮村池、という池だったところのようです。

Imgp9754

お。この池のそばには、流れ出す水が辿ると思われる水路的なものが。

Imgp9756

流れを推察して下流に回りこむと、ここに出ます。
あれ、ここはスリバチに迷い込む前に来た欄干跡の続きではないですか!

Imgp9757

橋の下を覗き込むと、深い谷の底にきれいな水が流れていました。
あ!!!ここもさきのHONDAさんの記事に取り上げられていたところだ!
記事を読んで、一度は行ってみたいと思っていたこの場所に、
図らずも迷い込んでしまったのでした。
やったw!

それにしても見事な渓谷っぷりです。

Imgp9759

さらに周りを見てみると。
このへんやたらと欄干が残っていますw
大きな谷だったのですかねえ・・・。

Imgp9761

さらにこの谷川の流れを追ってみることにします。
向こうのビルは六本木ヒルズ。
手前に見える塀の向こう側が崖下になっていて、
そこをを谷川が通っているようです。

Imgp9763

どんどん追っていくと・・・。

もともと追っていた吉野川の流れに合流!
これは吉野川流路が麻布十番商店街に入るところにある駐車場。
ここで合流していました。
この崖下(まんなか)の白いところが流路です。

Imgp9651

駐車場の奥から、いま追ってきた谷川の上流を覗き込んだのが下の写真。

Imgp9653

麻布十番からちょっと入ったところにこんな渓流(w)があること自体、
とても驚きました。
吉野川に関する収穫はあまりなかったけど、
その支流をこんなカタチで味わえるとは。
満足w

ちなみに今回は寄りませんでしたが、
元麻布のスリバチの上にはがま池があります。
(半分道に迷っていたので、がま池がそばにあるとは気がつかなかったんですw)
そこからの流れも合流していたのでしょうね。

付近の地図はこちらでどうぞ。

より大きな地図で 麻布・吉野川近辺の川 を表示

|

« 橋の裏側萌え 2010年第2回橋裏特集 | トップページ | 暗渠ハンター 重箱掘から入間川 »

2011 ・・・渋谷川水系」カテゴリの記事

コメント

> すでにHONDAさんが記事にしてらした場所でした。

忘れてちゃだめでしょ(笑)。

ここはいろんな意味で興味深いエリアですよね。
ペコンと凹んだ谷地形も素晴らしいし、谷底の道路が全部行き止まりになってるとか、住宅が入り組んでるとか、いろいろ面白いことがあります(あ、暗渠忘れた)。

あの細い道に自転車で突入しましたか。
すごいですね。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月23日 (月) 12時12分

「ももんがぁ~♪」をやりにいくためだけに、暗闇坂に行ったことあります!
あのうたはほんとに良いですよね。
そこから歩いて行ける範囲に、この暗渠あるんですねぇ。。
HONDAさんの記事であの狭ぁ~~い暗渠をみたときにはすごく興奮しました。

投稿: nama | 2010年8月23日 (月) 16時14分

>猫またぎさん
〉忘れてちゃだめでしょ(笑)。
あい・・・・。ずびばぜんw (HONDAさんにもごめんなさい;;;)
まさかここに出てくるとは思わなかったんです;;;
自転車突入には多少の勇気が要りましたwってか自分若干良識を失っていたかも知れませんw

>namaさん
「暗闇坂むささび変化」。蝉しぐれ、ですから今が旬ですよねw
暗闇坂、ではないのですが、この細暗渠とその先の界隈には、
ちょっと独特の雰囲気がありましたよ。

投稿: lotus62 | 2010年8月23日 (月) 20時37分

記事など一度忘れてもらった方が、現地での楽しみが増えて面白いと思いますよ!
六本木〜麻布十番の川は様々な呼び名があるようですね。
お探しの暗渠はこちらの記事のなかほどに。
http://tokyoriver.exblog.jp/14062603/

投稿: HONDA | 2010年8月25日 (水) 00時34分

>HONDAさん
暖かいお言葉ありがとうございます;;;;
宮村・・・。公園や池のなまえに残っていた町名ですが、ここの歴史もとても興味深いですね・・・。
「網代橋」、うーん、はっきり気付きませんでした;;;もしかしてはしっこのY字路のところですかね・・・。
いずれにしても、今回はあまりに衝動的に行ってしまったので、リベンジが必要と思っています!!

投稿: lotus62 | 2010年8月25日 (水) 11時20分

おっ、リベンジされますか。

でしたら、暗闇坂の下からいい感じの抜け道が通っているのをご存知でしょうか。
参考情報はこちら。
http://blog.goo.ne.jp/tokyostair/e/535cb1baf8da690f5019b923864e88d1
階段ですから自転車で突入しちゃだめですよw
ていうか、地元の人以外はあんまり通っちゃいけないんでしょうけど。

あと、南麻布3-9に「衆楽園」という釣り堀があるのをご存知でしょうか。
この辺は、短いですが谷筋となっていて、暗渠としてたどれます。
こちらもよろしければ。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月25日 (水) 12時57分

はい、リベンジw
さすが階段マニアの猫またぎさんwよさげなところをご存知ですね!
自転車担いで登ってみます。あ、担いで降りたほうが楽かw
衆楽園は、暗渠に目覚める前にいったことがあります。
今思うとあのへんも萌えポイント満載だったなあ・・・。
ここも改めて行ってみたいところですねー。

投稿: lotus62 | 2010年8月26日 (木) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/36150105

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 吉野川で空振りして麻布のスリバチに迷い込む:

« 橋の裏側萌え 2010年第2回橋裏特集 | トップページ | 暗渠ハンター 重箱掘から入間川 »