« 暗渠ハンター 二ヶ領用水上流部⑥登戸駅付近の暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺②乗蓮寺の蓮 »

暗渠ハンター 成増の蓮の寺①成増駅前から一級スリバチへ

今回は東武東上線・成増駅の北側エリア(このあたりを「赤塚」と総称するらしい)を数回にわたってご紹介。
池袋から延びる鉄道のエリアはほとんどこのブログではご紹介したことがない(っつかやっぱまだ詳しくないのでいつも腰が引けていた)のですが、
今回は明確な動機があって出かけました。
・・・あ、そういえば一度だけ志木付近をレポしたことがありましたっけ・・・。ひとんちに遊びに行くのに1時間早く着いちゃって、それを持て余すのに急遽駅付近の野火止用水をリモコン状態で探してご紹介しましたね・・・

私のHNが「lotus」だし、夏だし、蓮の花でもみたいなと。
でも不忍池とか見に行くのもなんかあたりまえでつまらんなあと。
そんで近郊を調べていたら見つかったのが、なんと「乗蓮寺」というお寺。
ここの蓮がいいらしいじゃあないですか(あとで若干期待を裏切られることになりますがw)。
もちっと調べると、その付近には、「青蓮寺」というのもあるじゃあないですか!!! 
決まり!
ダブル蓮寺に呼ばれていったのが、この赤塚地区だというわけです。
突然の赤塚行きだったので暗渠のことはよく調べませんでしたが(下調べなしで見当つけて歩くのも好きw)、
手元の地形図だけさらっとみると赤塚小学校の北側から乗蓮寺方面にかけてものすごい谷が走っているではないですか!!!! 
すばらしい!! まるで私を待っているかのようでしたw
さらに地図をちらっと見回すと、お寺の近くには「不動の滝」という湧水まであるじゃあないですか!しかもさらにその先には溜池!
というわけで朝テキトウに「赤塚に蓮みに行ってくっか」とだらんと思っていたのに
もうすっかり興奮して鼻息も荒く、そそくさと準備をし勇んで出かけていきました。

地下鉄成増駅からアプローチすると、
東上線成増駅の南口から北口を抜けてあるいていかねばならないのですが、
まず驚いたのは成増駅の南北の高低差です。
南口のロータリーと駅舎は平坦なのに、北口は駅舎を出るといきなりぐぐっと低くなっています。
これはすごいところに来ちゃったかも(嬉)。
Imgp9223

まずは赤塚小の北にばこんと空く谷頭を目指して歩き出しますが、
駅近くの成増公園付近が妙な窪地になっていて気になってしまいます。
あとで調べるとここは駅の南東の水源から来る百々向川(ずずむきがわ。百々女木川とも書くようです)が通っていて、
ここから隣の西友の敷地を抜けて百々向川緑道を経て白子川に合流するそうです。
・・・というのは、これからいく乗蓮寺の先にある郷土資料館で入手した資料に書いてあったのですが、この時点ではそんなこともしらず、「ここにやってくる水路があるはず・・・」とあたりを散策していたらいくつか怪しいものがw

Imgp9225

これは、公園付近の「ムダに広すぎる歩道」。実際これが百々向川が上流からやってくる流路のようです。
Imgp9227

Imgp9229

よし、ここから赤塚小を目指します。ひとつ山を越える感じで続く上り坂を進みます。
途中にあった雨水路の蓋。
二つ並ぶと鳥の足あとみたいですね。
Imgp9231

途中の古い酒屋さんに揚がっていた幟には
「いたばし二輪草」という地酒らしい商品名が。
中に入ってとりあえず小さなボトルを買い、
店のおばさんに聴くと、「いえねこれは板橋で造ってるわけじゃないですよ」とのことw 
多少がっかりしつつ、あまりに暑いので谷頭でのんじゃおうと缶ビールも購入。

さあ、赤塚小北側の谷頭に到着。すげえ崖になってます。

Imgp9235

谷頭を見下ろしながらがぶっと缶ビールを飲んで、谷に下りていきますと・・・。

あちこちに暗渠テイストの路地が見つかります。

Imgp9238

Imgp9240

谷に下りてくる階段は急峻。
Imgp9241

切り立つ崖面からは、
家からの排水ばかりでなく崖から滲みだすものもあるのでは?という風情。
Imgp9247

谷底にはどうも2本の暗渠が下流に向かっているようです。
こちらはそのうちの東側の流れ。
赤壁の家がはっとするほど美しいです。

Imgp9248

この谷底、手元地形図では乗蓮寺のほうまで続くはずなのですが、
途中で行く手を高い土手がさえぎります。
この土手の上にはやっとクルマがすれ違えるほどの道路が一本。
この土手道路が谷を分断しています。
道の上から今きた谷底を振り返ります。

Imgp9252

・・・・ってことは今のはスリバチ学会で定義するところの「一級スリバチ」!?
意外なところで出合った珍物件でした。
はやくスリバチ学会の会長さんにご報告しなくちゃ!
(この数週間後にたまたま会長さんにお会いする機会があったので、さっそくご報告させていただきましたw)

こちらはその一級スリバチの反対側、つまり下流方面の谷です。

Imgp9253

さあここも勇んで降りていきます。この階段から。

Imgp9251

振り返って、今きた「赤塚小下から続く谷を分断する土手」を眺めます。
この土手の向こうが一級スリバチ。
スリバチ会長さん喜んでくださるなかあと、このときはちょっとどきどきしましたw

Imgp9256

さてまだまだご紹介したいところ満載の赤塚シリーズ。
まずはこのシリーズの見所を地図で予告編変わりにご紹介します。 

より大きな地図で 成増・赤塚 を表示

|

« 暗渠ハンター 二ヶ領用水上流部⑥登戸駅付近の暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺②乗蓮寺の蓮 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

うわ、いきなり来られましたね。板橋区。

lotus62さん、はじめまして。
ずっと拝見してますので、私的には「はじめまして」な感じはしないのですが(笑)。

赤塚小北側から発するこの暗渠はかなり雰囲気がいい、とずっと思っていたのですが、Web上では「東京西北部の中小河川」さんも「東京の河川」さんも誰も報告していない所です。たぶんlotus62さんが初めて。

すでに他で紹介されている百々向川も前谷津川も白子川お玉が池支流も飛ばしてここからスタートされるとは、さすがですね。
前回の稲田堤~登戸シリーズも面白かったです。今後も期待しています。

投稿: 猫またぎ | 2010年7月27日 (火) 21時07分

大江戸線の光が丘駅から公園突っ切って、「おふろの王様」光が丘店に行って、地下鉄赤塚駅から帰るというパターンが多いです。
知らず知らずのうちに川跡を横切っていたことを猫またぎさんにお教え頂きました。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/148220083.html

投稿: えいはち | 2010年7月27日 (火) 21時19分

>猫またぎさん
コメントありがとうございます。はじめまして、というか、お待ちしておりましたw。
板橋練馬方面に特に造詣の深いコメントを、各所で拝読させていただいておりました。
そんな猫またぎさんに読んでいただいていたとは、とても嬉しいです。どうぞ今後とも、いっそうのご教示とご愛顧、お願い申し上げます。
ここを訪れた動機は、朝蓮が見たくなったのでググッてみたら蓮と名のつくお寺が二つもあったのでなんだか行きたくなった、というかなりいいかげんなものでした。百々向川も成増の駅にあった地図で見てやっと知ったほど(私の携行地図はこのへん縮尺が粗いのです;;;)。期待をはるかに上回る楽しさに板橋・練馬エリアの奥深さを実感しましたww。

>えいはちさん
ありがとうございます。
そういえばこのリンク記事の「KENDO」が可笑しかったのを思い出しました。
このあたりは土地勘が全くないので、まずはこの「おふろの王様」を軸にして歩いてみようかな、と思いました。モバイル会員になってから行くとよいのですねw!

投稿: lotus62 | 2010年7月28日 (水) 10時10分

>lotus62さん
「造詣の深い」などとおっしゃられると、ちょっとこっぱずかしいですなぁ。
近いからよく行ってる、というだけなのですが。

板橋区は起伏が激しいので、地形に関心がある方には歩くと楽しい所だと思います。
東京スリバチ学会さんも2回訪問されています(東武練馬と上板橋)。

成増駅の北口~南口の高低差は、「そう言えば」という感じで、うかつにもはっきり認識していませんでした。
というのは、北口~南口の高低差がもっとすごい東武練馬駅があるからです。下りホームは地面と同じ高さなのに、上りホームは崖上の空中!にあります。ホームにいたら気づきませんが。

あと、ちなみに「二輪草」は板橋区の「区の花」です。「にりんそう公園」ってのも上板橋の方にあります。

>えいはちさん
いつぞやは、地元の話題ということもあり、つい口出ししてしまいました。あと、「KENDO」があまりにも面白かったので。
ついでに申し上げますと、百々向川も「王様」からほど近い所からスタートしています。そんなに回れませんかw

投稿: 猫またぎ | 2010年7月28日 (水) 12時14分

>猫またぎさん
東武練馬駅、駅から北に向かってすぐにスリバチがたくさんあって魅力的!とスリバチ会長さんがおっしゃってました。
早く行ってみて見なきゃあと思っていたのですが、なんと駅自体からすばらしいことになっているんですねw!!!
ますます楽しみです!!
板橋区の花、だったんですねー二輪草。にりんそう公園は当日地図で見つけて、そこで酒屋さんで買った「いたばし二輪草」を開けようかとも思ったのですが、検索したら花の旬はとうに過ぎているようなので行程から外してしまいました・・・。あ、ちなみに先日「いたばし二輪草」を家で飲みましたがなかなか美味しかったですw

投稿: lotus62 | 2010年7月29日 (木) 09時48分

先日はおつかれさま+一級スリバチ情報ありがとうございます!現地未確認ですが、5mメッシュの標高データからも、確かに土手で閉じられた一級スリバチが存在しますね。なります児童館があるところが土手(ダム)ですよね!イヤ~興奮します!!
ちなみに東武練馬駅は谷戸を跨ぐダム駅ですよね。原宿も同じダム駅ですが、東武練馬駅の方が高低差が激しく、ホームからの「スリバチの空は広い」眺めが気持ちいいですよ。

投稿: スリバチ会長 | 2010年7月30日 (金) 01時17分

あ、会長コメントありがとうございます!
そうそう、土手の上に道作ってあるんですが、なんでこんなことしたのかちょっと素人目にはわからず・・・。
資料館で資料も当たってみたんですが、まだ分からずじまいです;;;。
そうか、原宿駅も「ダム駅」なんですね、なるほどそうですね!
もう東武練馬行く気満々になってまーすw

投稿: lotus62 | 2010年7月31日 (土) 00時21分

東武練馬周辺は、“味わいのある階段”とか、“スリバチ3連チャン”とかいろいろと見所がありますが(暗渠的にはあまりないですが)、最後に一つだけおすすめしておきたいポイントがあります。
それは、「西台3-24と3-9の間にある階段の上」です。不動通りの谷を一望するなかなかのビューポイントかと。

では、暑さにはくれぐれもお気をつけ下さい。

投稿: 猫またぎ | 2010年8月 1日 (日) 17時43分

猫またぎさんありがとうございます。
スリバチ三連星のあるところですね!さっそく地図にプロットしました。
行ってみますー!

投稿: lotus62 | 2010年8月 2日 (月) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/35809593

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 成増の蓮の寺①成増駅前から一級スリバチへ:

« 暗渠ハンター 二ヶ領用水上流部⑥登戸駅付近の暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 成増の蓮の寺②乗蓮寺の蓮 »