« 暗渠ハンター 二ヶ領用水プロローグ①稲田堤から多摩川へ | トップページ | 暗渠ハンター 浜離宮の汐留川合流口から始まるある平日のこと »

暗渠ハンター 二ヶ領用水プロローグ②多摩川たぬきや

二ヶ領用水プロローグの二回目です。
(なかなか二ヶ領用水にたどり着きませんねw)

稲田堤駅から多摩川をまっすぐにめざす道の続きを。
前回でも書いたとおり、この道を右から左・左から右へと何本もの用水・暗渠が通っています。

これは鉄板暗渠からコンクリ蓋暗渠へと変態する暗渠ですね。

Imgp8896

こちらは紫陽花が美しい水路。道路から数mまでは暗渠になっていますがその奥はもう開渠。ここも清々しい水が滔々と流れています。紫陽花が似あうなあ・・・。

Imgp8897

これは・・・ツッコミどころ満載のショットw
ゴミ籠の向こうに水路が延びています。
なんかこのあたりは、「水路の端っこにゴミ籠」がデフォルトのようで、あちこちこんな光景を目にしました。
それと、ゴミ籠の下なんですが、板っきれで暗渠に蓋がしてありますね。その板っきれが「ついでにこっちも蓋しとくか、ぬかるむからね」ってな具合に左のほうまで敷いてあります。なんかそのテキトーさがいいなあ。
それと、 右の自転車がおいてあるマンションの一角ですが、写真ではよくわからないですけどここ、浸水してますw 膝下くらいまでどっぷりと。そもそも真ん中の水路はいまたっぷり水を湛えてるので、水面より低くなっているようですね。そんでどっかから水路の水が漏れてきたんでしょう・・・それにしても。あんまりにもフツーに浸水してるので、「澄ました顔してるけど実はチャック全開」的なおかしさがありました。
(あ、住人の方、ご気分を害されたらごめんなさい。人の災いを楽しむみたいで良くなかったですね・・・)

Imgp8898

そのゴミ籠の先は、こんな長閑な開渠になっています。

Imgp8900

ここにも。
遠くの高架は京王線です。右の道はどう考えても水路チック。

Imgp8903

追いかけていくと、これまた暗渠上に佇むゴミ籠に進路を阻まれてしまいます。
やっぱりここではゴミ籠がクルマ止め代わりなんだなあ・・・。

Imgp8904

多摩川直前では、こんな立派な開渠がありました。
幅広ででっかいはしご状開渠。

Imgp8906

右から左へとこの道路を貫いています。
道路と交差するところには、ゴミ籠はないけどゴミの集積場になっていました;;;。
要するに「誰の土地でもないマージナルな場所」なので、ゴミ置き場として落ち着きがいいんでしょうね・・・。

Imgp8907

さあ、多摩川の土手は目の前。
土手を登ってすぐ右に見えるのは・・・
(赤い小さな幟に注目!)

Imgp8909

これ!知る人ぞ知る多摩川土手の名店「たぬきや」です。
要するに、二ヶ領用水を歩く前に、稲田堤で降りてこの店に来たかったわけですw
そしたら思いのほかこの店までの間に水路が多くって、
そんで前回と今回とで「二ヶ領用水プロローグ」を書いた、というワケでした。

Imgp8910

暑かったからビールがうまい!

Imgp8914

多摩川を眺めながらオープンエア(笑)で美味しいビールが飲める店!
ご希望であれば鉄橋を渡る京王線の電車もまじまじと見ることもできます!

この日は枝豆に煮込みにヤキソバに・・・と川面を渡ってくる涼しい風とともにB級なうまいもんを堪能しました。
あー、もう二ヶ領用水行かなくて帰ってもいいやぁ・・・ってくらいの満足度ですw

Imgp8917

Imgp8926

こちらは看板猫。
風の通りがよさげな畳敷きでごろごろしてました。

Imgp8916

休憩のつもりが結構ホンキで飲み食いしてしまった;;;;
そろそろ出かけましょう、二ヶ領用水に!

川下に見えるこの堰こそが、二ヶ領用水の出発点・上河原堰提です。
そんじゃ、次回から二ヶ領用水の中野島付近をご紹介しましょう!

Imgp8932 

|

« 暗渠ハンター 二ヶ領用水プロローグ①稲田堤から多摩川へ | トップページ | 暗渠ハンター 浜離宮の汐留川合流口から始まるある平日のこと »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

たぬきや、すばらしい空間ですね!!
おなじ多摩川の川べりカフェ(?)でも、ピース(URL欄参照)とはえらい違いですね。
えらい違いなんですが、わたしどっちも物凄くツボです。
・・・しかしたぬきやが近所にあったなら、さぞかし幸せだろうなと思います。

投稿: nama | 2010年7月 6日 (火) 10時00分

多摩川の宝と呼びたいですw 
ニコタマのピースもいいですね。業態は全然違うけど、私にとってもしあわせ指数はほとんど同じです!
ピースに煮込みがあったりたぬきやにワインがあったりしても私の中では全然矛盾なしw
近くにあるといいですねえ、こんな店とこんなロケーション。アル中になってしまいそうですがw

投稿: lotus62 | 2010年7月 6日 (火) 11時15分

登戸にもこんな感じのお店ありましたよね、確か。
今、調べてみたら名前判りました、「大黒屋」。
近所に住んでたわけですが、子供の頃なのでありがたみは分かってなかったです。
でも、多摩川にはやっぱり自分のルーツを強く感じてしまいます。

投稿: えいはち | 2010年7月 7日 (水) 19時37分

そうそう、大黒屋、それから「ことぶき」でしたっけ・・・?なかなか子どもにはわからないでしょうねww
このシリーズの最後のほうには登戸の駅前あたりの暗渠や昔駅の近くにあったお店のことなどご紹介する予定ですが、もしかしたらえいはちさんもご存知かも知れませんね・・・。

投稿: lotus62 | 2010年7月 8日 (木) 09時11分

早く本編始めてくださいよー。
今日、行ってきちゃいましたよ、向ヶ丘遊園~宿河原~登戸。
用水がメインのつもりじゃなかったけど、結構沿って歩きました。
どこかダブってるところあったかな?

投稿: えいはち | 2010年7月11日 (日) 00時35分

たはは・・えいはちさんお待たせしてもうしわけありません;;;w
遊園~宿河原~登戸では、懐かしい時間を過ごされましたか?
であれば、ちょっとでもそのきっかけとなれたことがうれしいです。
そのエリアは私も3年くらい住んでいたことがありますので、えいはちさんのレポも楽しみにお待ちしております!!

投稿: lotus62 | 2010年7月11日 (日) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/35565541

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 二ヶ領用水プロローグ②多摩川たぬきや:

« 暗渠ハンター 二ヶ領用水プロローグ①稲田堤から多摩川へ | トップページ | 暗渠ハンター 浜離宮の汐留川合流口から始まるある平日のこと »