« 暗渠ハンター 彼方の水路 | トップページ | 暗渠ハンター 三軒茶屋の谷の南北②暗渠に囲まれるテル子女神 »

暗渠ハンター 三軒茶屋の谷の南北①谷の北側イッキ攻め

太子堂付近の烏山川の谷、ここに繋がる北や南からの斜面をあちこち廻ってきました。
たぶん細かい支流がたくさんあるんだろうなー、地図の様子からして・・・と思って。
そしたら予想以上の成果がありまして。結局1回ではレポートしきれないので、
今後数回に分けてご紹介していきます。
まずはおおまかな地図を。

より大きな地図で 太子堂・三宿付近の烏山川支流 を表示

青いところが今回の①でご紹介するエリア。
オレンジが次回②、緑が③、赤が④でのご紹介になります。
お、丁度反時計回りの順番ですね。<って何が「丁度」やねんw
②では「テル子女神像」を挟む暗渠のこと、
③では下の谷の「暗渠スクエア」のこと、
④では下の谷南の網の目状暗渠のことなどをお伝えしていきます。

では、シリーズ①の今回。
スタートは太子堂3丁目あたり。まずは烏山川緑道の谷底、ちょうど三宿神社あたりから、北側の斜面を登って暗渠を探してみましょう。
このあたりを北に登っていくと、台地の上の国立小児病院跡地に造成されたドでかい敷地を持つマンション群に突き当たります。
もう分譲や賃貸を開始してから数年になりますが、未だ「真新しいかんじ」がぷんぷんするところ。
その新規造成感が滴るトマソン物件を路上に見つけたので、暗渠と関係ないけどアップしちゃおうw
これ。
Imgp7560
もとはこの坂は緩い階段だったのでしょう。それをクルマが通れるようにアスファルトで均して道を作ったと思われます。
ですが・・・階段が2段だけなぜか残ってるw 
これはどういうワケなんだー?
テキトウな工事の結果?それとも予算が足りなくてアスファルト買えなくなった?後世に残すべき偉大な遺構?
それとも単に「なんかかわいいから」w?
いずれにしても、世知辛い現代、役には立たなくとも純粋に存在だけするものはどこか心打つものがあります。
音楽でもノイズって大事ですからw

さて、このあたりを徘徊すると、一つの大きな流れ(烏山川への支流)としては確認しづらいのですが、
いくつか切れ切れに流路のかけらのようなものに遭遇します。
Imgp7565

Imgp7570

そのなかでも、太子堂3-12あたりは気になる小路があって
おやと思って入っていくと、ちょいとまとまった暗渠が見られます。
Imgp7572

Imgp7574

Imgp7576

出口にはこんなレトロな建物も。

Imgp7578

茶沢通りを西に越え、太子堂5丁目あたりをうろうろ。
このあたりも暗渠フラグメンツがあちこちに。

Imgp7584

漏斗みたくキュートなシェイプ。
Imgp7580

きょろきょろ探していると、目の前にどんと現れたのがなんと「メゾン水車橋」!
バックの図案(っつかこれロゴw?)も水車っぽいw
Imgp7586
果たして昔ここに水車があったのでしょうか。
たぶんあったんでしょうねー。

三軒茶屋の中心に近づいていきます。
写真奥は、以前釣堀があったところ。
09年10月末で廃業してしまいました。
(廃業寸前にnamaさんが記事にされています
隣の氷やさんはまだしっかり営業中。
Imgp7591

この奥にも暗渠が。
消えたマンホールw なんかマンガみたいですね。
Imgp7590

さらに奥。
Imgp7589
おっと。この奥は個人のお宅でした。写真はここまでね。

では、この続き「テル子女神像」絡みの暗渠は次回!

|

« 暗渠ハンター 彼方の水路 | トップページ | 暗渠ハンター 三軒茶屋の谷の南北②暗渠に囲まれるテル子女神 »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

おー、最初の階段・・・すごいですねえw
あそこらへん、こんなに色々とあるんですね。

テル子女神像の謎、解かれるのでしょうか・・・たのしみ~~!

投稿: nama | 2010年5月18日 (火) 12時33分

可愛らしすぎる階段でした。
何なんでしょうね、あの「残し方」はw
先に言っちゃうのもアレですけど、テル子女神像・・・実は謎は解けていないんです;;;
でもテル子さんのあの場所にも・・・暗渠・・・・続いて・・・(以下次号)w

投稿: lotus62 | 2010年5月18日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 三軒茶屋の谷の南北①谷の北側イッキ攻め:

« 暗渠ハンター 彼方の水路 | トップページ | 暗渠ハンター 三軒茶屋の谷の南北②暗渠に囲まれるテル子女神 »