« 暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ②烏森神社の湧水から | トップページ | 暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ④蛇崩川から天祖神社に遡上 »

暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ③中目黒北のがけっぷち暗渠

目黒川の短い支流を巡る一日、その数々をシリーズでご紹介しています。

ちなみにこのシリーズで取り上げる暗渠は目黒区の「文化財地図」に記載されていたものが中心となっています。

次の支流は・・・
中目黒駅のすぐそば!中目黒といえばコーネリアス・小山田圭吾さんの「中目黒ラジオ」で有名ですが、まあ今回はそちらのネタは置いといて。周辺を知っている人なら「ああ!あそこかい!!」と思うこと必至の暗渠です。

まずは東横線、中目黒駅から横浜方面に辿ると二つめにある線路下のトンネル。ここは蛇崩川が東横線と交差するところでもあります。

Imgp6755
ここから、ぐいっと右に90度くらい視点を移動すると・・・

Imgp6754

なんと、立派な崖があるではないですか!!!
実は、ここが谷頭となって直接目黒川に注ぐ流れがあるのです。
ちょうどこの崖のある台地が、蛇崩川との分水嶺になっているようです。

では、この谷頭に潜入してみましょう。
少し下流に行くと、マンションの裏手からこの谷頭を上る小路(というか単なる半端なスペース)が現れます。

崖とマンション敷地をこんなふうに細い暗渠が走っているのがわかります。

Imgp6756

もうじめっとしてここだけ梅雨シーズンみたいです。

Imgp6757

すこし左に曲がって奥まで続いています。どんどんいってみよう!

Imgp6758

まだまだ。

Imgp6759

さらにもういちど緩いカーブ。

Imgp6760

崖からは水が滲みだして水溜りさえあるが、まさかこれは湧水ではあるまいww

Imgp6762

ここで突き当たりです。この先フェンスの向こうまでは見えません。
谷頭を辿るのもここが限界でした。

さて、このマンション崖の入口まで引き返します。
入口から下流は、こんな暗渠道が続いています。

Imgp6764

ここの左手には、崖上からの長い階段。
こりゃかなり厳しい階段ですw

Imgp6765

ではこの暗渠道を下流に辿ってみましょう。
マンホールが多いですが、ちょっと広めの暗渠道です。

Imgp6766

すぐに突き当たりますが、目黒区資料によるとこのシャッターのあるお家を突っ切って目黒川まで進んでいるようです。

Imgp6768

家の裏手に廻ると・・・

Imgp6769

おそらくこの隙間を通っていたのか・・・いい味わいです。
ここからはまっすぐな道で山手通りまで続きます。

Imgp6770

山手通りに出ました。
こっから目黒川は目と鼻の先なのですが、もう流路はわからなくなってしまいます。

Imgp6772

まあ目黒川近いし、方向だけはわかるのでもしかしたら目黒川に合流口があるのでは・・・?
と思って目黒川対岸から見てみました。
穴はありませんでしたが、穴を塞いだようなところはありました。
まあ以前川の資料館の学芸員さんに伺ったところだと、合流口がなくてもおおきな下水道管が目黒川沿い(もしくは川下)を通っているので、暗渠からの水はそこに落ちていきます、とのことですので穴が見えなくても実質的に合流している(していた)可能性は大きいですが・・・。

Imgp6773

より大きな地図で 中目黒駅北渓谷 を表示

ちょうど桜が5分咲き程度のこの日。もう目黒川はたいへんな騒ぎでした;;;;
喉も渇いてたしおなかも減ったので、桜まつりの出店でビールとトリッパをゲト!
トリッパ、写真はうまそー!ですが冷たくなっててちといまいちw
でもまあ、いいや桜きれいだからw

Imgp6776

※一連の記事は「公開日指定」機能を使って予約投稿しております。みなさまから頂いた貴重なコメントへのお返事をさせていただく前に記事が更新されることがありますが、どうぞご容赦願います。

|

« 暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ②烏森神社の湧水から | トップページ | 暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ④蛇崩川から天祖神社に遡上 »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ③中目黒北のがけっぷち暗渠:

« 暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ②烏森神社の湧水から | トップページ | 暗渠ハンター 目黒川付近のコネタ④蛇崩川から天祖神社に遡上 »