« 工場萌え 貨物基地に萌えるはずじゃなかった③廃線パーキング!? | トップページ | 橋の裏側萌え 2010年第1回橋裏特集<動画付き!> »

暗渠ハンター 涯のうえした・狛江喜多見に成城学園

もう1ヵ月も前の話ですが、小田急線・狛江駅駅前の泉の森会館というところで「六郷用水の今と昔」という小さな展示が行われていたので見に行ってきました。

Imgp6651
六郷用水とは、小田急線が多摩川を渡るあたり(駅でいうと和泉多摩川駅)のちょっと上流から取水し、狛江、喜多見、世田谷の西端方面jからずっと下流の大田区・品川区あたりまで網の目のように続く、付近の田畑を潤していた用水です。つまり、国分寺崖線の下に広がる農地にぶわっと拡がっていたわけですね。
その、特に狛江周辺の昔の様子を地図や写真、絵で解説する、という展示でした。六郷用水についてはまだあまり詳しく知らなかったので、この上流のほうの全体像を把握するにはとても勉強になりました。

さて、ついでですからこのあたりの暗渠や湧水を見て回って帰りましょうかね。

展示施設のすぐ隣、もう狛江の駅のまん前には泉龍寺弁財天池という大きな池があります。
奈良時代からいつの旱魃にも枯れることなく一帯を潤してきた湧水でしたが、1972年の11月に枯れ尽きてしまったとのこと。現在は復元された姿となっています。ちなみに、隣の駅は「和泉多摩川」ですが、この「和泉」というのはこの池から取られたという説もあるようです。

Imgp6652

さて、池つながりでもうひとつ。駅を新宿寄りに二つ戻って(狛江→喜多見→成城学園前)成城学園前に降りてみます。
狛江、喜多見と成城学園前。駅は至近距離ですが決定的に違うのは、国分寺崖線の崖下なのか、崖上なのか、という点。もちろん成城は崖上です。崖線には野川が流れており、崖上の成城側には当然国分寺崖線湧水ポイントがいくつか。
成城から歩いてこの湧水を見に行ってみることにします。

てくてく歩いて崖線近くにまで来ると現れるのが「みつ池」。しかし残念ながら保護区域に指定されていて、柵に阻まれ近づくことができませんでした。・・・無念。

*******************************

※訂正・・・さきほどまでここであたかも「みつ池」の如く池の写真を掲載しておりましたが、あれは先の「泉龍寺弁財天池」の画像でした;;;;;申し訳ありません、お詫びいたします;;;;

*******************************

近くのベンチでビール休憩したあと、なんとかこの池から野川に流れ込む様子を見られないかと崖を降りてみつ池の下あたりをうろうろ。

果たして、ありました!
崖からちょろちょろと下水道に流れ込む「小川(?)」!みつ池からの流れ(の一部?もしくはまた違った滲みだし湧水?)は崖を伝ってここから野川に流れ込んでいるのではないか・・?

Imgp6659

Imgp6660

さっきは小田急線でこの野川を成城方面にわたりましたが、今度は徒歩で喜多見方面にまた引き返してみます。何でかっていうと、喜多見にある銭湯でお風呂に入りたかったからw さっきのビールのせいで、トイレにもいきたくなっているので早足で、真剣に地図を見ながら向かいます。

ありました。ここが目指していた「お湯処・野川」。いえね、喜多見の駅を通過したときホームに出ていた広告看板にあったんですよ、ここがw

Imgp6664

さてまたーり露天風呂を楽しんだ後は、喜多見駅まで歩いて帰ります。結構距離あるから覚悟していこうっと、と思った矢先に出会ってしまいました。喜多見の暗渠。四角い車止め3人衆が道を阻んでいます。私に対する挑戦かw
もちろん事前にはまったく調べてこなかったのですが、これは巡らざるを得ませんねw

Imgp6665

ふむ。
広い道ですが、やたらマンホールが目につきますね。喜多見9丁目21あたりです。

Imgp6666

すぐに道は細くなり、「おまえ、暗渠だろう」といいたくなるような風情です。
(ちなみにこの「おまえ、暗渠だろう」は村上龍「愛と幻想のファシズム」で主人公の鈴原が、ものすごい才能を持った映像クリエイターに向かって唐突に言った「おまえ、未熟児だろう」という台詞回しを踏襲していますw ってこの場面憶えてらっしゃる方どんだけいますでしょうかw?)

Imgp6670

うおー。このカーブいいですね。

Imgp6672

喜多見は結構のどかなところで、こんな休耕地(?)の脇を暗渠が通っていて往年の水路の活躍ぶりも想像することができます。素敵。

Imgp6674

Imgp6673 

暗渠は狭くなったり広くなったりしますが、

Imgp6676

ちゃんと車止めがその存在を教えてくれます。

Imgp6677

さっきから、外灯も道路標識も根本からたわーんとたわんでいるケースがすごく多いような気がするんですが・・・w

Imgp6679

Imgp6680 

さてこちらは「縦置き車止め」。これやっぱクスっと笑っちゃいますねw

Imgp6682

暗渠伝いに歩いてきたら、いつの間にか喜多見の駅前まで来ていました。

距離や地形から言って、この暗渠は六郷用水、というよりはすぐ横を流れる野川に注いでいるようです。

国分寺崖線と多摩川・六郷用水にはさまれたこのあたりは、すごく水に縁のあるところのような気がするし・・・。よく調べて、また来てみることにします。

この喜多見の暗渠はこちら。

より大きな地図で 喜多見暗渠 を表示

|

« 工場萌え 貨物基地に萌えるはずじゃなかった③廃線パーキング!? | トップページ | 橋の裏側萌え 2010年第1回橋裏特集<動画付き!> »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

この暗渠はですね・・・・と書こうと思いましたが、
謎解きの楽しみは取っておいた方が面白いですよね。
やめときます。

投稿: HONDA | 2010年4月21日 (水) 22時56分

小田急線の橋梁近くの喜多見不動堂にも
涌水が湧き出る小さな滝がありますよね。

国分寺崖線、面白すぎですw

投稿: リバーサイド | 2010年4月21日 (水) 23時44分

「お湯処・野川」、
東京都浴場組合HPで世田谷区の銭湯はだいぶチェックしていたのですが、
狛江市は完全に盲点でした。行きたい!

投稿: えいはち | 2010年4月22日 (木) 10時20分

>HONDAさん
はふー!思わせぶりな書き方しないでくださいよーww
思ってた以上に「謎」があるんですね!調べてみます!!! ・・・せめてヒントでもww

>リバーサイドさん
喜多見不動尊はそんな近くにあったんですね!あまり下調べせずに行ってしまったもので、
ザルのような行脚になってしまいましたw 今度は成城(祖師谷)にあったという池なんかも含めて本格的に訪ねてみようと思っております!!

>えいはちさん
偶然駅広告で見つけたお湯でしたが、露天がB級っぽい(<誉めコトバw)長閑さでなかなかいいとこでしたw 家庭的なソファで飲む缶ビールもいいっすb

投稿: lotus62 | 2010年4月22日 (木) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/34293925

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 涯のうえした・狛江喜多見に成城学園:

« 工場萌え 貨物基地に萌えるはずじゃなかった③廃線パーキング!? | トップページ | 橋の裏側萌え 2010年第1回橋裏特集<動画付き!> »