« 暗渠ハンター まえに行った小沢川のこと | トップページ | 暗渠ハンター 新堀用水の蓋暗渠パースペクティブ »

深夜の京浜工業地帯 千鳥町の工場の谷

久々に工場ネタ行ってみましょうかね。

とはいっても前回(って去年の9月ですなーwww)ご紹介したわが聖地を見に行ったときの、その他の工場をご紹介するわけなんですが・・・。

さて処は川崎京浜工業地帯。
ここは大きくエリアを分けると、羽田よりの「浮島」、
その西隣の海側に二つの島が並んでて「東扇島」「扇島」、
さらにその一つ内陸部に東から「千鳥町」「水江町」「(もうひとつの)扇島」「大川町」・・・
と連なっているのですが、今回はその中でも比較的手軽に行けてしかも名所ぞろいの「千鳥町」の工場をいくつかご紹介します。

まずは、千鳥町に向かうには運河にかかる橋を渡っていきますが、そこから西の水江町あたりを見たところ。

遠く水江町に光る工場たち・・・。なんて美しいんでしょう。しかもそれが運河の水面に映ってゆらゆら・・・。「暗渠ハンター」シリーズを期待してここにいらした方もきっとご満足いただける一枚ではないかと確信しております。モロ開渠だし暗いし・・・え?ダメですかw?

Imgp6141

この橋を渡るとすぐ左手に現れるのが東燃化学です。このでかいタンク!絶対家庭では見られないレアな大きさ!(あたりまえか)
そしてその上に整然と絡まる(<これ、矛盾してるw)パイプ群!いやがおうにもテンション上がるってもんです!!

2

すこし進んではじめのT字路を左に曲がると、こんどは左右に高く聳え立つ素敵なフォルムの工場が現れます。まるで工場に囲まれた谷!谷戸!!

左手の崖(<じゃないってw)はサンアロマー。煙突の周りに配された妖しい光にもう釘付け!!! おまけに私を歓迎してくれるように水蒸気まで出てきました!えいっ!!!
コンパクトデジカメの限界に挑戦するような渾身のワンショット!!!

Photo

そして振り返れば、日本触媒!!
こちら光源が少なく地味目の演出となってはいるものの、そのトーテムポールみたいな形が「雨後の菌糸だか胞子だか」みたいに屹立し、有機物的親しみを備えながらもどこか巨大金属構造物のもつ厳かささえ湛えています。うーん、銀座の会社終えてからはるばる自転車でやってきた疲れも吹っ飛びますー。

Photo_2

調子に乗って隣の島である浮島までも行ってきました。浮島をはじめこのあたりの工業地帯にはあちこちに引込み線が通っています。貨物列車ですからあまり本数は多くはないのですが、こちら偶然「深夜の貨物列車」に遭遇。嬉しくなって一枚w
鉄の気はほとんどないのですが、夜の工場を駆ける引き込み貨物列車とあってはこれは萌えざるを得ません!

Imgp2448

今回ご紹介した工場はこのへん。暖かくなったらまた行ってきます!
このへんの工場群の真ん中にレジャーシート敷いて、宴会したいくらいですまじで。

より大きな地図で 千鳥町 を表示

|

« 暗渠ハンター まえに行った小沢川のこと | トップページ | 暗渠ハンター 新堀用水の蓋暗渠パースペクティブ »

3000 異形地点・工場からピーリング」カテゴリの記事

コメント

 すごい、すごい!
 インパクトのあるいい写真ですね。
 夜の工場がこんなに美しいものだなんて知りませんでした。
 いつかぼくも行ってみます。

投稿: aquira | 2010年3月 4日 (木) 18時14分

ありがとうございます。実物はもっと桁違いに美しいですよー!!!
特にこの千鳥町は一周すると島内の工場も周りの島の工場の夜景もたっぷり見れるのでお勧めです。
「工場萌え」という写真集が2冊出ていますが、ここには京浜工業地帯の地図なども載っていますので
ご参考になさるといいかもしれません。
また、夜間に自転車で回られるときは結構暗くて人通りもないので、安全にはどうぞ充分注意なさってください。
ぜひ、よい工場夜景を!!

投稿: lotus62 | 2010年3月 4日 (木) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の京浜工業地帯 千鳥町の工場の谷:

« 暗渠ハンター まえに行った小沢川のこと | トップページ | 暗渠ハンター 新堀用水の蓋暗渠パースペクティブ »