« 暗渠ハンター 桜に流れる2つの開渠①農大一校前から姿を現す開渠 | トップページ | 暗渠ハンター 北沢川東松原支流①羽根木田圃から井の頭線へ »

暗渠ハンター 桜に流れる2つの開渠②畑を通ってくる田舎開渠

さて、前回のつづきです。
前回の道をまっすぐ進んで谷底道を行くと、台地に上る坂にたどりつきます。

その坂の手前を左手に曲がると。
行き止まり表示のある道がありますが、気にせず進みます。

Imgp5637

行き止まりは駐車場ですが、その脇にまた金網フェンスに囲まれた「聖地」が!

Imgp5638

ここはまだ開渠ではありませんが、立派な川筋です。ここを遡りたいのですが、前回同様ここには入っていけないし側道もないので、「有髄神経式」でこれを追いかけることにしましょう。
まずはさきほどの坂道を登って、台地側からぐるっと回り込んで先を確認しましょう。

と思って上った坂の中腹の道に、こんな車止めのある道が横から合流。しかも隣は公園です。

Imgp5640

いったんこの奥を進んで見なければ気がすまなくなりましたw
この道の奥まで行って下を眺めます。

Imgp5641

うん、間違いないですね。地形からいって、この坂の上からさっきの川筋に降りていく暗渠があるのでしょう。

しかしここはまだ坂の途中。もしかしたらこの坂の上にもっと暗渠があるのかも・・・
と思って坂の上をぐるぐる探してみましたが・・・

どうもこれだ!というのは見つかりません。
唯一怪しいのがこれ!

Imgp5642

しかしよくよく回りを見ると、その隣はこんな風景。

Imgp5643

この道路とその先の桜木中学校との地下に大きな道路を通す、とかで大工事中です。
暗渠というよりは、単なる「道路工事のために金網フェンスで囲った細い歩道」のようでした・・・。うーん、もとの姿がわからないのでなんとも・・・。

空振り気味でしたが、気を取り直してもとの開渠探検を再開。

少し先のほうでこの開渠と再会できるポイントはいくつかありました。
まずはこれ。
右が小さな運動場、左は畑です。世田谷って結構「ホンキ畑」が多いんですよねー。
しかしここでは開渠には水は見られませんでした。
っつかもう農業グッズ置き場みたいになってますw

Imgp5646

私のいる位置には、右の運動場につながる小さな橋が架かっているのですが、それがこれ。

Imgp5647

開渠!と思っていましたが堂々と川底(?)にマンホールがあるじゃないですかw
ってことはこの下に「昔の開渠筋を活かした暗渠」が通っているのでしょう。

橋の向こうはこんな。

Imgp5648

雑草が生い茂る、水の流れがなくなった開渠ですね。
このままずっと水面は見られないんでしょうか・・・

と思って進んだ次の鑑賞ポイントでは。
じゃん!やっとホンモノの開渠登場です。

Imgp5650

住宅の間を見事にするりと抜けていく、颯爽とした開渠!

ところが、次の鑑賞ポイントでは・・・

Imgp5653

この反対側を見るととうとう「蓋」が被せられてしまいます。むーん。

Imgp5654

しかぁーし。さらに次の鑑賞ポイントでは、また半開きw!
晴れたり曇ったり、というなんとも変化に富んだ川筋です。

Imgp5655

このポイントには、足元に辛うじて橋跡が残っています。

Imgp5656
上の写真の右から左にこの開渠が通っており、私は右から鑑賞してきてどんどん左に進んでいく、という行程を採っていますが、とうとう左はしっかりした蓋が被され、
そればかりかもう民家敷地と同化しているではありませんか・・・。

Imgp5657

もう開渠もここまでかなあ・・・

と思って次の鑑賞ポイントを探していると・・・
開渠復活ー!!!
しかもなんか材木が渡してあったりして、必要以上にラフな感じになりましたw

Imgp5660_2

そして私の足元からなんと・・・

Imgp5661

鉄板暗渠に変わりますw

Imgp5662

そのまま鉄板で民家に突入!

Imgp5663

Imgp5664

ようやくここでこの開渠&暗渠の終りを迎えます。
いやー、鑑賞ポイントを探しながらのチラ見&開いたりふさがったりの七変化で
なんか一本の映画を見終わったような気持ちですww

さて、トピックの最初に紹介した、この開渠のはじまりのところに戻って考えます。
「この川筋は、どっちが上流なんだ???」

実は開渠の水面はほとんど流れがないし、川筋を辿ってもどっちが低い&高いがわかりづらい平坦な流路なので、しかもイマイチここ近辺は土地勘もないのでどこからどこへ流れていくのかわからん・・・
そこで地形が載っているマイ地図を取り出して付近の谷と台地を検分・・・

地形からすると、今ここがこの開渠の下流で、さっきまで私は上流に遡って鑑賞ポイントを探して辿っていった、ということがわかりました。
すなわち、この川筋は道の向こうのちょっと先、烏山川に流れ込んでいるようです。

Imgp5665

(あ、見えませんがこの道をずっと辿っていくと烏山川に出ますww)

この道の途中で、前回辿った開渠&暗渠と合流して烏山川に注ぎ込んでいる模様。
今回の二つの支流、正式な名前があるのかも知れませんがわかりません・・・。勝手につけちゃおうかとも思いましたが、気の利いたネーミングが浮かんでこないので、とりあえず「桜支流(仮称)」と呼ぶことにしますww

烏山川まではこんな道が続きます。道の脇に植えられた大きな桜の木が、昔の流路を物語りますねぇ・・・。

Imgp5668

今回の行程は、前回の地図をご参照ください。

次回は東松原まで一気に移動、そこでの開渠をご紹介します。

|

« 暗渠ハンター 桜に流れる2つの開渠①農大一校前から姿を現す開渠 | トップページ | 暗渠ハンター 北沢川東松原支流①羽根木田圃から井の頭線へ »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

うーん、鉄板暗渠、都内にもあるもんですねえ。
わたしも先日ひとつ発見したばかりだったので、なんだか嬉しくなりました。
水の上に鉄を置く、という発想がなんだか不思議なんですけどねw

それにしても、鉄板の一つ手前(17枚目の写真)に、
網暗渠まであるじゃないですか。。秘境ですねぇ。

投稿: nama | 2010年2月12日 (金) 15時16分

鉄板暗渠、二子玉川の谷川緑道の上流で見たことがありました。
http://lotus62.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-caa4.html
でも圧倒的に少ないですよね。事故防止の観点からでしょうか。
私たちが「蓋暗渠」っていうとだいたいコンクリ蓋暗渠を指していますものね・・・。
しかし「網暗渠」は、自分でも気づきませんでした。なるほど、ほんとですねw!
網被せるだけでで「暗」にするのは難しいのでwこれも「ハンキョ」のバリエーションってことですかねw?

投稿: lotus62 | 2010年2月12日 (金) 16時19分

おひさしぶりです。
今日は暗渠ムックとイベントのご案内で、
寄らせて頂きました。

既にご存知かもしれませんが、
4人の執筆者によるオムニバス暗渠案内
暗渠ムック『東京ぶらり暗渠探検』が、
出版される事になりました。
また出版に併せて、
3/6に東京カルチャーカルチャーお台場で、
イベントも開催されますので、
もしお時間がございましたら、
是非お越しください。

詳細は拙ブログにアップ中ですので、
ご覧になって頂ければと思います。

投稿: KLO @ 廃墟徒然草 | 2010年2月13日 (土) 05時35分

KLOさん
お知らせありがとうございます!は、イベントや出版のお話は、暗渠仲間みなさんのブログなどで存じておりました。
なんだか嬉しい限りですね!!
本は発売日にゲトしますよー!イベントもできれば参加したいと思っています。
がんばてくださいねー!!

投稿: lotus62 | 2010年2月14日 (日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 桜に流れる2つの開渠②畑を通ってくる田舎開渠:

« 暗渠ハンター 桜に流れる2つの開渠①農大一校前から姿を現す開渠 | トップページ | 暗渠ハンター 北沢川東松原支流①羽根木田圃から井の頭線へ »