« 暗渠ハンター 千歳船橋・烏山川菅刈橋支流(仮)とその周辺 | トップページ | 暗渠ハンター たまにはふりかえってみる »

暗渠ハンター 京王線代田橋付近の玉川上水とちょっとだけ沖縄タウン

京王線・代田橋付近にある玉川上水の開渠を見にきました。

玉川上水は、代田橋駅付近の甲州街道から南下するところで一時開渠となっています。
開渠のはじまりあたりから甲州街道を見たのがこれ。
ぱっくりと大きな暗渠から玉川上水が流れきています。
流路の横は歩道が整備されています。

Imgp5739

流れは遅いですが、たっぷりと水を湛えた水路を拝むことができます。
これがあの取水口から来た水かあ・・・w

Imgp5738

甲州街道のすぐ南は京王線の高架が掛かっているので、これをくぐるために歩道もちょっと低い位置を通ります。

Imgp5740

高架をくぐり終えたところで、もう一度甲州街道方面を振り返って見ましょう。
橋裏もチラ見できるショットでどうぞw

Imgp5741

歩道の突き当りには、ふっとい青色の導水管が見えます。

Imgp5742

もちっとアップで。すぐ近くにある和田掘給水所からの水を伝わす水道管。玉川上水を横切る格好になっているので、まあ新旧の上水交差点、というわけですなー。

Imgp5743

この水道管と共に架かる橋は、「ゆずり橋」。どこか情緒のある名前ですね。

Imgp5744

ゆずり橋を越えた玉川上水は、上水上に作られたこの公園の下に再び潜ってしまいます。

Imgp5747

開渠から暗渠への入口がこちら。

Imgp5746

さて、ちょっとこの日はさんざん世田谷の暗渠と開渠を廻ったのでもう相当に空腹・・・。せっかくだからと甲州街道を北に入って代田橋・沖縄タウンにでも行ってみることに!

日曜の昼下がりだったので、あまりお店が開いていなかったのが残念。
しかし、このあたりは神田川に合流する「和泉川」と小さなが錯綜して流れる一大暗渠パラダイスなので、ヒルメシを食べる店を探すよりもつい脇道の暗渠に目がいってしまいますw

Imgp5735

ここはなぜか猫だらけの暗渠でした。その猫を目当てに集まってきたのであろう小学生くらいの女子数名がまったりと猫と戯れている、たいへん平和で長閑な風景。なんかやさしい街だなあ。

Imgp5734

和泉1-7では遠くに西に続く(ように見える)蓋暗渠も登場!!!

Imgp5733

しかしこのへんでもう空腹が限界に・・・w

せっかく沖縄タウンに来たのですが、いちばんいい風情だったのがこの第一食堂
おじいさんとおばあさんが二人でやっている、これまたやさしい食堂ですww
トイレを借りたら、普通の居間みたいなとこの奥にあるトイレに通されましたw

Imgp5736

見た目は中華か定食屋か、って感じですが、そこは沖縄タウンの真ん中。
メニューにはしっかりゴーヤチャンプルーが!
これをビールで一気に流し込む!!
ああー、思い出して書いている今もお腹が鳴ってきました!
(あ、冷静に考えると単にいまハラへってるからかもw)

Imgp5737

美味かったです、第一食堂。
近所の酒屋さんでおみやげの泡盛も買って、「結構今日は走ったしそろそろ帰路に着こうかなあ」なんて思っていたら、自転車の後輪がパンクしてましたorz

近所の自転車やさんを検索すると、どうやら笹塚方面にあるらしい・・・。
しかたがないから、笹塚まで自転車を押して歩き、パンク修理の時間を使ってこのあと笹塚の玉川上水も見にいってしましました;;;。

あ、これは笹塚移動中にちょっとだけ眺めた甲州街道から北に伸びる蓋暗渠。
さすがに自転車曳いてたので奥には入らずじまいでしたが、またこんど!

Imgp5749

・・・今回はこんなところをうろうろしてきました。

より大きな地図で 和泉付近で を表示

|

« 暗渠ハンター 千歳船橋・烏山川菅刈橋支流(仮)とその周辺 | トップページ | 暗渠ハンター たまにはふりかえってみる »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

>これがあの取水口から来た水かあ・・・w
感慨に浸ってらっしゃるところ申し訳ありませんが、
現在はそういうわけではなさそうなんです。
三鷹あたりのも清流復活事業みたいですが、それともまた違うようで。
でもまあ、我ら暗渠ファンの想念は水をも通す、です(意味判らん)。
沖縄タウン、まだ飲み食いしたことないんです。
そういえばゴーヤチャンプルーもウチで作っちゃって、あまり外で食べたことないです。
玉川上水&和泉川、今後ともよろしく(担当者気取り)。
桜とツツジの季節には和田堀給水所一般公開もあります。

投稿: えいはち | 2010年2月26日 (金) 12時29分

>感慨に浸ってらっしゃるところ申し訳ありませんが、
むひゃorz ww
まあここでの水は玉川上水水路における想念としての水、または記号としての水として捉え直し、
改めて感慨しときますw
第一食堂は実は沖縄メニューはこれくらいしかなく、あとはホントの食堂メニューですw
もしかしたらそっちのほうがウマいかも、という可能性はあります。
ビールの冷え加減は狙ってかどうかわかりませんが、絶妙でしたw

投稿: lotus62 | 2010年2月26日 (金) 15時45分

あ、ここ行きました。静けさの中で京王線の電車の通る音だけが響きわたるんですよね。
http://pub.ne.jp/sktk4a/?entry_id=1236933
私が行ったときは、殆ど水が流れていませんでした。

ちなみに、上流から流れてきた水は、環八付近で神田川に放水されちゃっています。
http://pub.ne.jp/sktk4a/?entry_id=871305

投稿: リバーサイド | 2010年2月26日 (金) 20時44分

そうそう、夜に通るにはちょっと用心しないと的なところでしたw
そうですか、環8あたりで放水ですかー;;;;ま、あくまでも「想念としての水」ということでww

投稿: lotus62 | 2010年3月 1日 (月) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/33344730

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 京王線代田橋付近の玉川上水とちょっとだけ沖縄タウン:

» 129号展示室~玉川上水旧水路遡行-5 [えいはち@十二社の写真館]
一旦、上水を離れ、ゆずり橋から和田堀給水所へと至る道を歩いてみる。中央の植え込... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 12時31分

« 暗渠ハンター 千歳船橋・烏山川菅刈橋支流(仮)とその周辺 | トップページ | 暗渠ハンター たまにはふりかえってみる »