« 暗渠ハンター 谷川緑道から丸子川へ③ | トップページ | なんとなく偶然に大橋ジャンクション潜入! »

暗渠ハンター 1時間決戦で野火止用水に挑む

ある秋の休日。先日定年退職された元上司のお宅に同僚と二人で押しかけてしゃぶしゃぶ宴会を企画した日のことです。

東武東上線志木駅の改札に13時集合!と約束して無事に駅到着。10分前だったのでまだ誰も来てないよなーなどと呑気に改札を出、ケータイを開けて時刻を確かめた瞬間。自分でも失笑してしまうような事態にやっと気付きました。

・・・なにをどう勘違いしたのか、私は12時10分前にこの志木駅に着いてしまったのですw
アホやなー自分。もうちょっと家でゆっくりしてくればよかった;;;;。しゃあない本屋にでも入って時間潰そうかあてずっぽうに駅前を歩いて暗渠でも探そうかなあ・・・(しかし埼玉は全くノーマークだったので全然勝手がわかりませんw)。

あまりに呆れ、もう自分でネタにするしかなかったので共に笑ってくれそうな人にこの事態をメールで報告。
程なく帰ってきたメールの返信で

「駅付近、志木高校にナゾの開渠あり。これは野火止用水跡である可能性高し」とたいへんありがたい情報をゲット。あてずっぽうでは暗渠を見つける可能性も低かろうと、PCで検索してくれたようでした。どうもありがとう!

この後数通周辺水路状況をメールしてもらい、私はまるでリモートコントロールされるように流路探検に向かうことになりますw

Imgp4331

ってことで早速駅の南、およそ徒歩10分の慶応義塾志木高校へ!
なんつったってここは大好きな高橋幸宏さんの母校だかんね♪

校門には関係者以外入らないでねという注意書きがありましたが、にっこり門横の守衛さんに会釈してパスw

校内はすんごく広そうです。こうなると「途方に暮れる1時間」から「もしかしたら足らないかもしれない1時間」にポジショニング180度転換。さーて探すぞー♪

校門から左手に折れて時計回りに探索開始。

しばらく行くとこんなものが・・・「橋?」

Imgp4312

この下にある溝のゆくえを追いかけてみます。

左はひろいグラウンド。右は小さな崖になっています。キタかー!?

Imgp4313

右の崖面を降りていくと・・・。

Imgp4314

結構高低差がありますね。水路があるとすればきっとこの崖下でしょう。
と思ってどんどん歩いていくと。
看板発見!!! 早速リモコン主に興奮の「あったぞ!」メール。

Imgp4315

看板には、

「これは、野火止用水のあとである。ただし、本来の水路よりちょっと高いところに、昔、高低差を利用して近所の米屋さんが米搗き水車を作るため新たに掘削したものである。これは貴重な遺産であり将来にどう活かしていくかは私たちに残された課題である」

となぜか無駄に気合の入った啓蒙的な内容が書かれていますw

ま、何にしても見つかってよかったww

あとでよく調べてみると、玉川上水の完成翌年に小川町付近から取水し、このあたりの農業発展に多大な功績を残した用水路らしいです。決して山火事や原っぱの火事を消す目的ではなくw。

さて進んでみましょ!

米屋さんの新水路か元水路かはよく判別がつきませんでしたが、

こんな淡い流れが続いています。ちなみに水気は全くありません。

Imgp4316

途中はこんなしっかりした構造物も残っています。

Imgp4317

ほら、土管を渡した橋w

Imgp4319

これが、校庭南端に生い茂る竹林の中に吸い込まれていきます。

Imgp4321

竹林に分け入ってみましょう。

Imgp4324

もうこれ以上は山深くて、追跡もここまでですね。

竹林前にはこんな遺構?も。
なんだか全然わかんないっす。

Imgp4326

竹林の向こう側、ホントの敷地南端に回りこんでみました。
金網のむこう、草の奥に流路らしき凹みが見えます。
写真ではほとんどわかんないけどw

Imgp4330

学校と、すぐ南の東武東上線の間の道。野火止用水はこの先で線路を横切っていたはずです。

Imgp4332

実質約40分の短期リモコン決戦でしたが、思わぬ収穫がありました。

そして13時、無事に元上司と同僚に改札前で会い、私たちはしゃぶしゃぶ宴会に突入するのでした。

より大きな地図で 志木高校 を表示

|

« 暗渠ハンター 谷川緑道から丸子川へ③ | トップページ | なんとなく偶然に大橋ジャンクション潜入! »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、またまた学校潜入ですね。っていうか、ここは私の母校じゃないですかw。驚き&興奮しています。w(゚o゚)w
校内の野火止用水、確か私が入学した頃は水が流れていたような・・・。「1976年に暗渠化」と説明文にありますが、まさに在学中。でも、そんな工事、ぜんぜん記憶にありません。その頃は野火止用水なんてタダの川としか思っていませんでしたから・・・w。
卒業以来、ご無沙汰していますが、そのうち学園祭(もともと農業高校だったので、収穫祭という名前です)にでも行ってみようかな。
(なお、残念ながら高橋幸弘氏は、同じ志木でも立教高校のご卒業のようです。)

懐かしい風景を見せていただいて、lotus62さんに感謝です。

投稿: リバーサイド | 2009年12月 1日 (火) 21時36分

おお!生き証人登場ですw!ありがとうございます!!
まずは訂正。たしかに高橋さんは立教でしたorgすみません。お恥ずかしいです;;;

母校でらしたんですね。
しかしまあいい雰囲気の高校でした。まるで公園w
喜んでいただいてうれしいです。
すごいいまこの野火止、いい雰囲気ですよー。

投稿: lotus62 | 2009年12月 1日 (火) 22時07分

小学校入学から大学に入る前までサイタマに居たので、野火止用水って耳に馴染んだ名前です。
多分、社会科なんかで習ったんでしょうが、どこを流れているのかとかは知りませんでした。
志木ではウチからは遠かったですね。
僕の通っていた県立高校も裏に用水が流れていました。あれは見沼代用水かな。田んぼは見沼田んぼと呼ばれていましたので。

リバーサイドさん、慶応ボーイでしたか!

投稿: えいはち | 2009年12月 2日 (水) 13時14分

こんにちは~imakenpressです!
遊びに来ました。
仕事中だというのに、事務所からネット上で暗渠散歩中(笑)
志木ですね~。
この辺り、当家の財務大臣兼司法大臣兼防衛大臣(笑)の若い頃のテリトリーで、周辺私も良く行きました。
志木の駅前からのバス通り(道名?)も「昔は水路だった」と大臣から聞いたことがあります。今度ゆっくりと探検したいスポットです~。
それと恐縮ですが、貴ブログのリンクを当方に張らせて頂きたいと思いますがいかがでしょうか?

投稿: imakenpress | 2009年12月 2日 (水) 16時56分

えいはちさん
野火止用水、かなりのメジャー度なんですねw!
えいはちさんの高校の裏にも用水ですかー。もしかして高校時代から気になってましたw?

imakenpressさん、どうもありがとうございます。
実はたびたび貴ブログを拝見させていただいておりました。コメントいただきまして光栄です。
もちろんリンクは大歓迎です!こちらも張らせていただいてよろしいでしょうか?
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
志木駅前からのバス通りも水路だったとは・・・痕跡が見つかるといいですね!

投稿: lotus62 | 2009年12月 2日 (水) 18時20分

いやぁ~、アクティブですねぇw
校門にて怪しまれない笑顔、&度胸、うらやましいです。
わたし先日、吉祥女子高校に入ろうとして、ひよって3歩でやめました。。。
いちお門は突破?できたんですが、守衛さんに追いかけられたら
かなわん、とか思ってしまって、、、(言い訳が「ちょっと川跡が・・・」とかですからね)

>決して山火事や原っぱの火事を消す目的ではなくw。

野火止って、もとからある地名じゃないんですかね?w
学生時代、テニスの大会の会場が野火止になることがあったので
わりと親しみを感じている地名です。

(やっぱ気になったので由来を調べてみました。
 「平林寺内にある野火止塚」が由来だそうで、、
 その塚がなんでその名前かまではたどり着きませんでした。。)

投稿: nama | 2009年12月 2日 (水) 18時24分

imakenpressです。
リンクの件OKです!!よろしくです。

投稿: imakenpress | 2009年12月 2日 (水) 18時44分

namaさん
いえいえ、私でもさずがに女子高はハードル高すぎて、入ろうという気にもなれませぬw
野火止の情報、ありがとうございました。
何か謂れのありそうな名前ですもんね。私もあとで調べてみます!

投稿: lotus62 | 2009年12月 3日 (木) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 1時間決戦で野火止用水に挑む:

« 暗渠ハンター 谷川緑道から丸子川へ③ | トップページ | なんとなく偶然に大橋ジャンクション潜入! »