« 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇 | トップページ | 暗渠ハンター 二子玉川街中の暗渠 »

暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 後篇

後篇は満願寺近辺です。

(前篇のコメントでnamaさんから「満願堂の芋きんつば」の話を振っていただいたのですっかり私の頭の中では「満願寺→満願堂→芋きん→お腹減った」という回路ができてしまいましたw)

満願寺の裏手北側に廻ると、そこは中央がくぼんだ谷地形。

Imgp4172

その一番低いところから北に伸びる蓋暗渠が見つかります。

Imgp4173

これは反対側の満願寺墓地内に続いている模様。

ちょっと背伸びして、というか車止めに登って墓地内を覗き込んでみると・・・

Imgp4175

蓋、続いてますねw ボケて見づらいけど。真ん中の灰色のところです。

さて、この蓋暗渠を北上してみましょう。

直角に車道が横切る道に出ました。車道の下には流れが見えます。

Imgp4177 Imgp4178

そしてこの道を渡ったところが・・・

開渠!

Imgp4179 

ほんの短い区間ですが、開渠です。

開渠が終る向こう側から写したものがこちら。

Imgp4180

暗渠も大好きなんですが、暗渠をたどっていった先にある開渠って、なんかどぉーんとした存在感があっていいですね。

そうそう、暗くなる頃にもういちどこの開渠を眺めにきましたが、他にこの開渠や前篇の蓋暗渠を念入りに撮影している方がいました。

暗渠仲間wと現地で遭遇したのって、初めてでしたw

これらの場所はひとつ前のトピック、「前篇」をご参照ください。

さて、手元テキストではこの「満願寺」内から東に向かう流路も載っているのですが、今回は確認できず。たぶん満願寺の内部にその秘密があると思われ。
今度は満願寺内に潜入を試みますw
機会を見て浅草満願堂の芋きんも買いに行きますw

|

« 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇 | トップページ | 暗渠ハンター 二子玉川街中の暗渠 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

へぇぇ~、ここ良いですね!
前の記事の一瞬開渠、といい、今回のチラ見せおよび開渠といい。
かなりエロいと思います。

>暗渠も大好きなんですが、暗渠をたどっていった先にある開渠って、
>なんかどぉーんとした存在感があっていいですね。

たしかに、わたしは開渠<<<暗渠なわけですが、
暗渠の合間にある開渠となると、暗渠を凌ぐ魅力を感じることがあります。
なんだかとくべつ感ありますよね!


・・・で、暗渠仲間との遭遇って、めっちゃ凄くないですかww

投稿: nama | 2009年11月18日 (水) 12時04分

一瞬開渠って素直に驚きがありますよね。
「エロい」と表現したnamaさん、的確だと思います。
栗本慎一郎の経済人類学や彼の著書「パンツをはいたサル」中のパンサル理論を思い出して納得しました。
(乱暴に簡素化すると、「いつも隠しているからこそ魅力を内包できる」みたいなことです)
私は以前栗本慎一郎が好きでよく読んでいたのですが、やっと栗本と暗渠が繋がりました。

>・・・で、暗渠仲間との遭遇って、めっちゃ凄くないですかww
そうなんですよ、それだけで興奮しましたw
もしかしてどなたかいつもオンラインでつながりのある方かな、なんて想像したりしてww

投稿: lotus62 | 2009年11月18日 (水) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/32234047

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 後篇:

« 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇 | トップページ | 暗渠ハンター 二子玉川街中の暗渠 »