« 暗渠ハンター 都立園芸高に堂々潜入! | トップページ | 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 後篇 »

暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇

前回ご紹介した都立園芸高の文化祭の帰り道は、園芸高と等々力駅の間にある暗渠を見つけ辿ってきました。

以前大井町線目黒通り高架下の「一瞬開渠」を見つけた時に、おそらく水源となるのは地形的にこのあたり・・・と目星をつけていたエリアです。

世田谷資料館にあった「ふるさと世田谷を語る」という史料にも、「(等々力駅)北部の台地は海抜40mもあるところがあって、3箇所の湧水があった。ここは野菜を洗ったり鯉の養殖に利用されていた」との記述がありました。

実際は満願寺というお寺の裏手から探索を始めたのですが、その付近は後編でご紹介し、今回は等々力3丁目29辺りから延々続く蓋暗渠から。(地図ではオレンジ色のエリアです)

Imgp4183

堂々とした蓋が続きます。

このあたりの道は両側が高い台地になっており、いかにも谷底。

野菜畑もあるでよ。

Imgp4185

突然蓋暗渠は消え、横の細道に流れを変えていきます。

Imgp4186

かくんと曲がって、東京都市大キャンパスの間に続きます。

Imgp4189

おっと、道を阻まれました。意地悪だなこの柵、出口ないじゃんw

Imgp4191

横切る車道を渡って向こう側に。

Imgp4192

マンションの狭間の狭い暗渠を行きます。

Imgp4193

またかくんと曲がって、再び広めの道の蓋暗渠登場。

Imgp4197

そして等々力8丁目24の交差点で暗渠消滅・・・。

今回は史料にあったような湧水的なところを探すのが目的でしたが、

このあたりだと怪しいポイントはこの公園だけ・・・・・って

あ。公園の写真取り忘れたorz。

この暗渠沿い、等々力8丁目18に「シンプルすぎる公園」があります。斜面と草っぱらだけの。ここは見ようによっては谷頭みたいにも見えるし、かなり怪しいと思うのですが地下貯水池やら消防水利やらよくあるサインは一つも見つからず。つまり何の状況証拠もありません。(っつか写真すらないしww)

ま、前半は「蓋暗渠鑑賞」ということで・・・w

後半は満願寺付近の暗渠とその先の開渠をご紹介します。

より大きな地図で 等々力付近の暗渠 を表示

|

« 暗渠ハンター 都立園芸高に堂々潜入! | トップページ | 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 後篇 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

満願・・・・”芋きん”(←好き)を思い出して、お腹がすいてきたのは私だけでしょうか。

投稿: nama | 2009年11月17日 (火) 10時58分

満願「堂」のほうですね。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13002948/
この写真みたら確かにお腹すいてきましたw
後篇は満願寺周辺のお話なので、なおお腹空かせて書かせていただきますw

投稿: lotus62 | 2009年11月17日 (火) 11時30分

古い記事へのコメントすみません、最近、近くを歩いたもので。

等々力4-5の区画の東端の道に、別記事の大井町線沿いの暗渠につながる蓋暗渠歩道がありますが、満願寺内の開渠のほぼ延長線上にありますし、つながっていそうですね。

投稿: M2 | 2011年8月28日 (日) 13時35分

>M2さん
古い記事でも大歓迎です!コメントありがとうございます。
いや実は私もつい昨日尾山台近辺を歩いておりましたw
ご指摘の件、鋭い!
実はこられの記事を書いた後、大先輩「世田谷の川探検隊」の庵魚堂さんが
こんな「発見」をされていました。
http://tanken.life.coocan.jp/weblog2/?p=2842
なるほどさすがだなあと感嘆させられたのが、
仰る等々力4-5東側の蓋暗渠なのです。
きっとM2さんも上記の記事、とても興味深くご覧になれると思います。

投稿: lotus62 | 2011年8月29日 (月) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇:

« 暗渠ハンター 都立園芸高に堂々潜入! | トップページ | 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 後篇 »