« 暗渠ハンター 都立園芸高校に(前置き篇) | トップページ | 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇 »

暗渠ハンター 都立園芸高に堂々潜入!

いよいよ都立園芸高の文化祭、「園芸祭」に向かいます。

純粋な動機で文化祭に来られているみなさんに混じって校門をくぐるのは、なんだか多少のときめきがありましたw

「私の目的はみなさんのように生徒諸君の日頃の学業の様子を垣間見たり生徒諸君が作った美味しい野菜を買うなどのことではなく、校内における水源を見つけるべく東側を中心に探索することなのである」 という目的をそれとなく表に出さないように注意を払って校門から受付まで進みます。

さて、捜索開始。敷地は真ん中で南北に高くなっているので狙いは東側半分です。

あった「水ポイント」は二つ。

一つは北東にあるプール。

Imgp4150

シーズンオフはバードサンクチュアリになっている模様w

Imgp4149

そしてもうひとつは南東にある西洋庭園の四角い池。

Imgp4148

位置的にはこの池が最も怪しいです。
もう人造度がかなり高くて?とも思いますが、これを反対側から見てみると・・・

Imgp4154

おわかりになるでしょうか・・・。奥に段丘があって、一段低いところにこの池が配されています。
つまり見立てによってはここには「谷頭」があって、そしてその直下に「水」場がある・・・。

谷頭部にはこんなおそらく水がらみの設備も。

Imgp4157

ポンプ小屋のようです。

「湧水をコントロールする」設備なのか、それとも「水道管からの水をコントロール」する装置なのか・・・。

しばらくこの池の周りを歩いてみます。下写真は池から件の南東の暗渠方面を眺めたところ。

Imgp4155

この奥の雑木林の中に足を踏み入れてわかったのですが、どうも池と校庭外の暗渠を結ぶ直線上の土だけが異様に柔らかでした。その部分だけ土の様子がちがいます。昔はここに小さな流れがあって、今はそれがすっかり干上がってしまったのでは・・・?という想像もできなくはないですね。

しかし始終決定打が見つかりません。痕跡が全くないならないで諦めもつくのですが、なまじいくつか見つかるだけに少々ヤキモキしますねw

しかしこれ以上はここで調べてみても怪しいだけなので、文化祭メイン会場に戻ることにしましたw。

懐かしいですね、こういう雰囲気。ちょっと疲れたので、PTA制作による大学芋&シュウマイ(すごい組合せw)を買って同行者とぱくつきながら校内見学。

立派なバラ園もありましたよー。すごいたくさんの種類が植えられてました。

Imgp4162 Imgp4160

白いほうのバラはすっごくいい香り。

この他日本庭園(池あり)とか、高山植物園などもあるそうです。都内とは思えないほど贅沢な自然を味わえるところでした。生徒さんも毎日楽しいだろうなぁ。

さてさて、帰宅してからはあの池の「昔の姿」を探ります。「目黒区川の資料館」学芸員さんは「そういうときは学校の創立周年記念誌を見よ」と教えてくれたのを思い出し、見つけたのがweb上の08年発行「創立100周年記念誌」です。
いろいろなことがわかりますねえ。

へえ!大正10年にはここで陸軍大演習があり皇太子殿下(後の昭和天皇)が来校されたそうです。

へえへえ!1500年代にはこのへんは兎々呂城(とどろじょう・とどろき)というお城だったそうです。

しかしあの池のことについては「昭和24年、創立40周年を記念して作られた庭園」としか情報がない・・・。今後の課題ですね。

では今日のところの結論。

前向きバージョン】

●もしたしたら、園芸高東側の谷頭から湧水があってちょっとした流れができていて、それが校庭外南東の暗渠につながり深沢川(呑川深沢支流)に繋がっていた、という可能性もないではないw。

【後向きバージョン】

●園芸東側には「メタファーとしての谷頭、湧水、おまけに流路」があって、暗渠ファンの想像力を掻き立ててくれている。

こんど図書館にでも行った時に調べてみまーす。

次回は、ここから南下した等々力3丁目、東横学園付近と満願寺の間の暗渠&開渠をレポートしようかと思います。

|

« 暗渠ハンター 都立園芸高校に(前置き篇) | トップページ | 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇 »

2041 ・・・呑川水系(上流3支流)」カテゴリの記事

コメント

>web上の08年発行「創立100周年記念誌」

よく見つけましたね~w 
こういうのから探すの、面白そうですね。

それからバラの写真がとてもきれいです。バラのはな、大好きなので、とくに。
それと陸軍の大演習ってのがなんともいえないバランスですねww

投稿: nama | 2009年11月13日 (金) 09時28分

陸軍とバラのバランスw・・・確かに。
なんか頭の中で、見てきたバラが有刺鉄線とダブるようになってきましたw
とはいえバラはほんといろんな種類があって結構楽しかったですよー。
ほのかないい香りがしてこれまた癒されました。

投稿: lotus62 | 2009年11月13日 (金) 10時00分

いやぁ、、、潜入してしまったんですねえ。凄い。
西側の池まではさすがに行かれなかったんでしょうか?

投稿: HONDA@tokyoriver | 2009年11月15日 (日) 00時12分

ありがとうございます;;;
ちょうど文化祭のことを知ったものですから、まるで導かれるようにww
西側の池も見てきました。でも当日はほとんど枯れていて、ちょっとさびしい感じがしました。

投稿: lotus62 | 2009年11月15日 (日) 18時46分

こんばんは、はじめまして、暗渠ハンターですか?

都立園芸の卒業生です。

湧水は有りますよ、知っているのは二つ、盆栽エリアの地下には井戸が有ります。

これは、トドロキ城だったころからの井戸らしいです。

もう一つは日本庭園の池に水をためるための水道ではなく井戸の二か所です。

入口付近の西洋庭園は水道です。

投稿: kumakichi | 2011年9月12日 (月) 00時01分

kumakichiさん
はじめまして。暗渠ハンター(中級)です。
コメントいただきまして、どうもありがとうございます。
卒業生の方から事情を教えていただけるとは、思いもかけない喜びです!
確かに盆栽エリアには井戸がありましたね。でも日本庭園も井戸だったとは!なるほどー。そしてまあ残念なのは覚悟はしていましたが西洋庭園…。やはり水道でしたか…。
園芸高校自体が高台にあり、東の呑川の谷と西の谷沢川の谷との分水嶺になっていますでしょう?盆栽エリアと日本庭園は西側の斜面のほうでしょうから、これらはたぶん谷沢川水系に合流、呑川に合流する湧水はやはり確認できず、ということになりますね…。園芸高校から呑川に続く暗渠は、湧水でなくやはり生活排水の跡だった、というのが有力になりますか…。
いずれにしても、大変貴重な情報をどうも有難うございます。
どうぞ今後ともお気軽に遊びにいらしてください。

投稿: lotus62 | 2011年9月12日 (月) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 都立園芸高に堂々潜入!:

« 暗渠ハンター 都立園芸高校に(前置き篇) | トップページ | 暗渠ハンター 等々力満願寺裏を歩く 前篇 »