« 暗渠ハンター 渋谷川を遡る③ 最終回 | トップページ | 暗渠ハンター 代々木川を下る 後編 »

暗渠ハンター 代々木川を下る 前編

さて今回は、渋谷川の西を流れていた代々木川を下ります。
今回はその前編。
手元資料では、水源は甲州街道を東西に走っていた玉川上水に限りなく近い・・・。
実際落ち水もあったのでしょう。
水源付近の玉川上水跡は、今はこんな感じになっています。

1

代々木川よりちょっと東に行くと、こんな橋跡も残っています。「千駄木橋」。

2

代々木川水源はちょうど今の文化女子大あたり。
この道が大学横の道。ここから下ります。

1_2

すぐに両側に大規模な公務員千駄ヶ谷住宅がありますが、この南端に文化女子大方面から出てくる暗渠みちが。
おそらくこれが流路なのでは?

3

その先はこんな。
味がありますねぇ。この苔はやはり下が相当湿っているからでしょうか・・・。

4

甲州街道から文化女子大横を通って下ってきた当初の道に戻ります。
行く手はこんなふうに蛇行しながら小田急線南新宿駅をくぐって進みます。

6

ただし・・・。
付近もうろうろしていると、すぐ横、ほんの4~5m東を並走する通りも相当に川筋らしい感じがします。
奥に見えるのが「奥の湯」w。銭湯です。

7

この2本の道を両方追っかけてみることにします。
道端にはこんな落し物たちが。

8

9

12

横道には、こんなミニ開渠もありました。

10

そして、これはちょうどその怪しい2本の流路の間に経っているマンション1階の駐車場。

11
なんだかこの窪んだ駐車場を見ていたら、
もしかしたら並走する2本の流路は、幅のひろーい1本の川筋だったのでは?
という疑問もわいてきました。
昔のこのへんの川って、どのくらいの川幅だったのでしょうね・・・。私の想像力が足りません・・・。
あるいは湧水・悪水があちこちで混然となり、何本もの小さな流が縦横無尽に流れていたのかも知れません・・・。
前編はここまで。
さて今回の行程をふりかえります。青がこの前編。
次回後編分は赤で。


より大きな地図で 代々木川 を表示

|

« 暗渠ハンター 渋谷川を遡る③ 最終回 | トップページ | 暗渠ハンター 代々木川を下る 後編 »

2011 ・・・渋谷川水系」カテゴリの記事

コメント

ちょくちょく行くところで、たまたま昨夜も3枚目の道から甲州街道に出て帰宅しました。
南新宿駅下を通る2本の道、両方川跡だったのですか。
奥の湯は挟まれちゃってますね。
この道、ハリウッド版「呪怨」を見てたら出てきました。
奥の湯の記事あります。
ei8at12so.seesaa.net/article/97430672.html
中にハリウッド版「呪怨」の記事へのリンクも。
なんだか僕が知らずに惹かれて歩いてたところ、川跡だったということがかなり多そうです。

投稿: えいはち | 2009年10月10日 (土) 10時17分

えいはちさん
>南新宿駅下を通る2本の道、両方川跡だったのですか。
あくまで私が歩いた感想ですが・・・
帰ってから手元資料を見ると、さらに西にもう一本くっきりと川筋があったという記述もあります。

>この道、ハリウッド版「呪怨」を見てたら出てきました。
意外と有名な銭湯だったんですねw奥の湯。

投稿: lotus62 | 2009年10月10日 (土) 20時04分

後編も楽しませていただきました。
>さらに西にもう一本くっきりと川筋があった
やはりそうでしたか。
小田急線に沿った細い路地から北へ向かう暗渠らしいところには入っていったことあります。
代々木小学校の敷地までで行き止まりになっていました。
改めて地図で見たところ、小田急に分断はされていますが、明らかに続いていますね。
これは辿ってみなければ、と思います。

投稿: えいはち | 2009年10月11日 (日) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 代々木川を下る 前編:

« 暗渠ハンター 渋谷川を遡る③ 最終回 | トップページ | 暗渠ハンター 代々木川を下る 後編 »