« 暗渠ハンター 青山病院跡地に残る池 | トップページ | 暗渠ハンター 渋谷川を遡る① »

暗渠とバスターミナル②追加仮説

本日未明、二度寝してうつらうつらしてる時に思いつき、なんだかすぐにアップしたくなってしまったので特に本日は2個目の投稿ですw。

以前暗渠とバスターミナルについて当ブログで触れました。ここでは、「少なくとも東京都南西部一帯ついては、バスターミナルの立地は川筋と大いに関連性がある」と結論付けています。

そして仮説として、その理由を

■銭湯と同じく、水をたくさん使う(洗車用水とその排水)ので上下水の便のよいところにターミナルを作った。

■モーターリゼーションの進展・郊外の宅地化が進んだ高度成長期は暗渠化が進んだ時代とも重なるため、暗渠化とともに周辺湿地などが整備され、そこが公共性の高い事業主に優先的に売り払われた。

としました。

そしてhazさまからのコメントで

■平らな地形で造成しやすかった。

とのご意見もいただきました。

そしてリバーサイドさんからは

■川沿いは湿地帯で大きな建物が建てられず、わりと広い敷地が残っていたから。

と指摘いただきました。

リバーサイドさんからのご指摘、わかったつもりでいましたが、今朝やっと腑に落ちましたw。すごく素朴で「そんなんあたりまえやん!」と突っ込まれるかもしれませんがw

■なんにもない、コンクリートを敷くだけですむバスターミナルは、造成するときに深い基礎がいらないから。

ってことですよね!(<理解遅すぎか)

湿気をたくさん含む土はもちろん基礎が大変でしょうし(<想像)、そもそも大きな建築物には向かないはず。だから広場を広場として使う操車場やnamaさんがよくご指摘されている学校(の広いグラウンド)などに転用されていったのでは・・・?

まあバスターミナルと言っても2階建てくらいの管理棟は必要でしょうから、敷地の中の最も地盤の安定していそうなところ(水源や流路から最も遠いところとか)を慎重に選んで建てたのでしょう・・・(<これも想像)。

いやね、今朝半分夢の中で、水源地の上にコンクリート敷いてバス操車場を造成してる様子が浮かんできたんです。「いやー、コンクリ敷くだけだから簡単でできるなー♪」って現場監督みたいな人が話していたもので・・・・w

・・・考察つづくw。

|

« 暗渠ハンター 青山病院跡地に残る池 | トップページ | 暗渠ハンター 渋谷川を遡る① »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/31671425

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠とバスターミナル②追加仮説:

« 暗渠ハンター 青山病院跡地に残る池 | トップページ | 暗渠ハンター 渋谷川を遡る① »