« 一日暗渠漬け | トップページ | 暗渠とバスターミナル »

品川用水沿いの銭湯

品川用水を巡っていて確信を持ちました。

いつか「暗渠さんぽ」でnamaさんがご指摘されていた「暗渠沿いに銭湯が多い」という件

試みに、品川用水(京王線千歳烏山駅~JR京浜東北線大井町大井付近)までの間にどれほど銭湯があるかをプロットしてみました。

※銭湯の所在は現地調査&「東京銭湯お遍路MAP」(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)2008年入手版を元にしています。非組合加入の銭湯は漏れがあるかもしれませんし、現在廃業しているものも含まれている可能性があります。また場所は町丁以下号数までは正確を期したつもりですが番数は不正確な場合があります。

すごい。見事に16件が水路沿線に出現しています!

より大きな地図で 品川用水の銭湯 を表示

すごいすごい!!

ちょっと感動w。

作業中銭湯の地図を眺めていて思ったのはやはり品川用水に限らず川筋のそばに多いなあと・・・。

先日行った久品仏川なんて水源付近(元久品仏池)には2件の銭湯があったり。

「なんかこのへん銭湯多くない?」と思ってた数件の銭湯が同じ川筋に沿っていたり。

すごいなあ。純粋に驚きました。また頭の中にレイヤーができました。

銭湯レイヤーw。

仮説を提示していただいたnamaさんに感謝。

銭湯以外で用水・川筋付近に多く出現するもの仮説としては以下。

・バス操車場

・消防署

・氷室

これらはこのあともプロットして検証を試みていきますね。

|

« 一日暗渠漬け | トップページ | 暗渠とバスターミナル »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

銭湯、多いんですよ。廃業した銭湯もプロットすると、もっと凄いことになるはずです。
用水沿いの場合はよくわかりませんが、川沿いの場合は、地下水をくみ上げ易く、
排水の出し易いところ、ということなのかなと思っています。
バスの車庫が多いのは何でなんでしょうね?
ほかに、暗渠や川筋でみかけるのは釣り堀とか、かなりレアですが金魚問屋とか・・・

投稿: HONDA@tokyoriver | 2009年9月19日 (土) 11時02分

私も、廃業した銭湯情報もあつめつつプロット中ですが・・・
この品川用水のとこ凄いですねwww
見事だな~~。

あと、私は銭湯の件は「(崇拝する)加瀬さんのサイトでも
(暗渠発見の条件として)書いてあったとおりだ」みたいな
大雑把なことしか書いてないはずですよう~~仮説だなんてとんでもないっす~。
私が書いたのは、
「(暗渠の指標になる施設をプロットしていたら)銭湯と小学校が隣接しているケースが結構ある」
です。そんでもってどうやってこれにアプローチしたら良いかわかんないっていう・・・w

投稿: nama | 2009年9月19日 (土) 12時03分

>HONDAさん
ありがとうございます。こんど暗渠沿いにある銭湯に行ったときに、番台のおばさんにインタビューしてみようかと思ってます。「なんでここで開業されたんですか?」って。
そしたらまたご報告しますね!

>namaさん
ありがとうございます。でも私にとってはnamaさんから着眼点をいただいたのでw。
廃業銭湯もプロット、って結果がたのしみですね!
小学校(プール?)との関係も面白そうです!!

いつかお互いの研究成果を集大成してみたいものですね・・・。

投稿: lotus62 | 2009年9月19日 (土) 14時32分

こんにちは。

いつもわくわくしながら楽しく拝見させていただいております。
暗渠沿いには、銭湯のほか材木屋さんも多いですね?

仲間にいれていただきたく(笑)、
おこがましくコメントさせていただきました。。。

またお邪魔します!

投稿: orangepeel | 2009年9月19日 (土) 19時12分

>orangepeel さん
コメントありがとうございます。
そうそう!材木やさんも多いんですよね!!!
気にはなっていたんですが、多い理由の仮説が思いつかなくて沈黙してましたw
これからもお気づきのことあれば、どんどん教えてくださいね♪

写真がすごく素敵なブログですね!よろしければ、リンク張らせていただいていいでしょうか?

投稿: lotus62 | 2009年9月19日 (土) 21時52分

ぜひせひ、リンクお願いいたします♪

材木屋さんが多い理由。。。
仮説ですが、東京にはヒマラヤ杉などの
植樹が河川沿い(暗渠もふくめて)に多いような気がするのです。

運搬に便利なのでしょうか?
すいません。
研究いたします!

投稿: orangepeel | 2009年9月20日 (日) 00時24分

はじめまして。namaさんのところから辿ってまいりました。
tokyoriverさんのところ同様、興味深い記事満載で楽しみです。
じっくり読ませていただきます。
さて、この記事に関してなんですが、武蔵小山の清水湯には行ったことがあります。
近年改修したようで、スーパー銭湯並みの施設で、なんと2種類の天然温泉が楽しめます。
用水沿いということはまったく知りませんでした。
で、仮説の氷室ですが、清水湯の向かいに氷屋があったことを覚えています。
拙ブログに写真を載せています。
ei8at12so.seesaa.net/article/105943946.html
清水湯についてはこちら。
ei8at12so.seesaa.net/article/105833924.html
あと、バス操車場と消防署。
操車場というほどの規模ではないですが、旧玉川上水には東急バス幡ヶ谷折返所があり、そのすぐ近くには消防署ではないですが、東京消防庁消防学校がありますね。
これらは写真サイトに載せています。
ei8at12so.sakura.ne.jp/2008/07/1273.html
さらに、namaさんのコメント内の、「銭湯と小学校が隣接しているケース」。
幡ヶ谷の神田川支流暗渠沿い、天龍泉~中幡小学校(プールが一般開放されているのでよく利用します)~武の湯なんてその典型でしょうか。
中野、桃園川沿いには高砂湯~超有名な堀越学園(小学校じゃないけど)なんていうのも。
すみません、長々と。今後ともよろしくお願いします。

投稿: えいはち | 2009年9月21日 (月) 02時40分

えいはちさま
コメントありがとうございます。味のある写真ですね。構図がすごく個性的です!
そうそうこの氷屋さん!
幡ヶ谷折り返し所情報もありがとうございます!
あとでみなさんからいただいた情報もプロットして地図更新しますね。

投稿: lotus62 | 2009年9月21日 (月) 06時57分

わーすごいですね。京王線沿いの銭湯の湯が東急線沿いの湯を集めて東京湾へ向かう行く様子が一目瞭然!

ところで、バス操車場が多い件については、仮説ですが、地下水を使いたかったんじゃないかと思います。
地下水の用途で洗車用って割合として結構大きいんです。
だから自然河川の暗渠沿いにあるはずで、上水沿いにはあまりないんじゃないでしょうか。

投稿: 俊六 | 2010年9月10日 (金) 19時46分

俊六さん
コメントありがとうございます。俊六さんのページも毎回興味深く読ませていただいております。
さてバス操車場ですが、確かにあるのは川のそばで、上水沿いには見かけませんね。
最近見た反証例では東急バス池上営業所(六郷用水北堀沿い)くらいかもしれません・・・。

>地下水の用途で洗車用って割合として結構大きいんです
なるほど。コメントいただいている暗渠つながりの皆さまからも、
「洗車用に川や上水の水を使うのでは!?」という声を結構いただきました。
しかし洗車でどのくらい水が必要なものか全く見当がつかず、いまひとつ確信が得られずにいました。
しかも俊六さんのおっしゃるのは「地下水」なのですね。これは盲点でした。
そこで一つ教えていただきたいのですが、
上水近辺(つまり尾根や高台になると思います)ってやっぱり地下水を得るには不利、
なのでしょうか?基本的な質問でごめんなさい。

投稿: lotus62 | 2010年9月10日 (金) 20時22分

私の知識は、素人のにわか仕込みなんですが、
東京西部の場合には、粘土質の火山灰からなる不透水の地層の上に地下水が貯まるようです。
この上に透水性の火山灰から成る関東ローム層が厚く積もって東京の地形ができていますね。

不透水の地層も、地下でそれなりにでこぼこがあるのですが、例えば川沿いのように地上で急激に標高の下がる場所があると、そこは地下の不透水層との距離が縮まっている可能性の高い場所になると思います。

なので、理論的には川沿いの低地のほうが地下水を得やすいのですが、プロに聞くとそれは浅層地下水の話で、現代の東京では浅層地下水はほとんど枯れていますから、より深層の地下水を求めて井戸を掘らねばならず、そんなに深く掘るなら地上の数メートルの標高差など関係ない、ということのようです。
つまり上水の通るような場所でも条件としてはそれほど変わりはなくなるということになります。

すると、私のコメントと矛盾しちゃうのですが、それでも昔は浅層地下水が基本だったでしょうから、操車場のできた年代にもよるのかもしれません。うーん面白いですねー。

それはそうと、昔は氷屋、今はコインランドリーという暗渠沿いの店を見つけました。プンプンにおいます。

投稿: 俊六 | 2010年9月11日 (土) 10時49分

なるほど、深層と浅層・・・。
川や湧水のことを調べているとよく宙水などの話もでてきますよね。
断片的なキーワードだけはよく目にするのですが、このへん(つまり東京の地下水のしくみ・東京におけるその利用の仕方の歴史)をしっかり理解することが必要だなあと実感しました。俊六さんには大きなきっかけをいただきました。どうもありがとうございます!
よーし勉強するぞーw 
昔氷屋今ランドリーって、店主は何を思って業種転換したのかインタビューしてみたいですねー!

投稿: lotus62 | 2010年9月12日 (日) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/31434761

この記事へのトラックバック一覧です: 品川用水沿いの銭湯:

« 一日暗渠漬け | トップページ | 暗渠とバスターミナル »