« 暗渠ハンター 呑川3つの上流②駒沢川 | トップページ | ひさびさに、橋の裏のお時間でございます。 »

暗渠ハンター 呑川3つの上流③柿の木坂支流

さて、連載:呑川の3つの上流、最後は一番東の柿の木坂支流です。

同じく東横線・都立大駅前からスタート。水源まで遡ります。

駅前から程なくしてこのような緑道となります。

Imgp3051

ほぼ環7と並行し北上する道。これは緑道から環7方面を望んだところ。環7は高台を走りこちらは谷を走ります。

Imgp3053

お。道の脇には消防施設。防火水槽として貯水がありました。

Imgp3054

緑道は遺構を使ったような車止めが立てられています。(ホントに遺構かどうか未確認w)

Imgp3056

そして左側ちょっと奥には知る人ぞ知るデザイナーズマンション「泰山館」の裏側が見えてきます。こちらはちょっと変わった(<いい意味でw)物件ばかりを豊富に取り揃える「東京R不動産」でも絶賛の人気物件。いつもたくさんのお洒落物件が載っているので結構このサイト見に行ってます、私。

実はこの泰山館に私の尊敬すべき先輩が住んでおられて、何度かお家にお招きいただいたことがあるんですがそれはそれはもう素敵なお住まいでした!!!

おっと、本題に戻ります。

しばらく緑道を行くと、「芳窪街かど公園」なるスペースが現れます。そうそう、ここはもう柿の木坂支流の源流に近いところなのですが、この辺り一帯は芳窪と呼ばれる湿地だったそうです。

Imgp3059

程なくして緑道終了。

うーん、まだもうちょっと源流まで遡れそうです。緑道の奥に続くあの道が怪しい・・・。あの歩道の感じとか。

Imgp3060

行ってみます。何本かの側道は支流を思わせるものでした。

Imgp3064

Imgp3066

追い続けていると、環7と246がぶつかる交差点に行き当たります。その角にあるスーパーオオゼキの裏側がこの道。

Imgp3067

環7のこの地点には品川用水が通っていました。(交差点から環7をすこしだけ北上して左に流路を取っています)

さて、ここで行程は終わりますが・・・結局水源の特定はできませんでした・・・。

が、改めて思った仮説はこの2つ。

●数本芳窪と呼ばれる地帯一帯が水源であった。それゆえ緑道先にたくさんの支流暗渠がある。

●品川用水と芳窪は至近距離。品川用水の落ち水も水源としていた可能性もある。(高所を走るこ品川用水・環7から坂を下ったところが芳窪)

さて、これで呑川3大上流のシリーズは終わりです。

今回の行程を振り返ります。

より大きな地図で 呑川③柿の木坂支流 を表示

|

« 暗渠ハンター 呑川3つの上流②駒沢川 | トップページ | ひさびさに、橋の裏のお時間でございます。 »

2041 ・・・呑川水系(上流3支流)」カテゴリの記事

コメント

地図上にある旭小学校にオイラは通っておりました…1年だけ(汗)

旭小学校の名前の由来は246と環七の上馬交差点付近にあった品川用水の旭橋が由来と聞いてます(上馬交差点の陸橋名も旭橋陸橋)。

祖父母が存命の時にこのブログを知っていればいろんな話が聞けたと思うのですが…といっても約20年前の話ですが(汗)

母や叔父がどこまで知っているか、今度聞いてみますね。

投稿: とびえもん | 2015年1月19日 (月) 20時49分

とびえもんさま
ゆかりのある場所だったのですね。
小学校名が品川用水の橋の名からきてるとは何とも優雅な…w
しかしその旭橋の「旭」ってなんだったんでしょうねえ…。
古地図を見ても旭という地名があるわけでもなし。
気になるところですw

投稿: lotus62 | 2015年1月21日 (水) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 呑川3つの上流③柿の木坂支流:

« 暗渠ハンター 呑川3つの上流②駒沢川 | トップページ | ひさびさに、橋の裏のお時間でございます。 »