« 暗渠ハンター 尾山台から等々力に続く暗渠と一瞬開渠 | トップページ | 暗渠ハンター 九品仏川を遡る »

暗渠ハンター 洗足池から呑川まで(池上用水)

先日は洗足池から水源の清水窪まで辿りましたが、今回は洗足池から呑川合流点までの池上用水を辿ります。

まずは洗足池の南端すぐにある池上線洗足池駅。改札横のトンネルが 流路のようです。

Photo

そして駅を回りこむようにして流路が続きます。

Photo_2

こういうよくわからないデッドスペースも暗渠周りにはありがちw。

Photo_3

さてここを左に折れます。

Photo_4

この歩道の奥のほうに、流れが見えてきます。

これを開渠と言っていいのかな・・・。暗渠の水の一部を露出させてる感じでしょうね。北沢川緑道方式w。

Photo_5

こんこんと水が流れ出てきます。

しかしこんこんって擬音語なのかしらん?擬態語?

いずれにしても最初にこの様子を「こんこん」と言った人のセンスはどんなだったんでしょう。いえ文句をいっているわけでなく、こんこんと表現するなんて常人じゃできないよなあなんて。

流れは続きます。

1

周りはすごい坂。暗渠を廻ってると、周りの坂地形に感心することが多いです。今日の両側の坂も素敵です。ため息が出ちゃいます。いい坂だなぁー。

Photo_6

側道の暗渠もいい感じw。

ほんとはこういう暗渠が好きなんですが・・・なになにしばらくは有名どころの暗渠川筋を押さえ、それが終ってから側道暗渠を見つけるようにしようかというのが私の目下の方針なので。

Photo_7

さて道がせまくなってきました。こっからはかなり川面がワイルドになります。

なんかすごいことになってきた。

Photo_8

Photo_9

このへんは住宅と道の間に川筋が通っており、橋を駐車場代わりにするお宅もw。

2

この先で暗渠になります。

さらに大きな交差点を越えて、長慶寺というお寺の前を通ってこっちのほうに。

6

この細い暗渠を抜けると車道と一緒になります。

8

まもなく新幹線の高架を越えるのですが、そのあたりになると全く川の形跡がなくなります。

しかしもう呑川は目と鼻の先。合流点到着です。

呑川ってなんか太くて水面が深くてまっすぐで、ヘンな存在感がありますね・・・。

4

この本村橋と一つ下流の道々橋の間では、川に蓋をするような格好で何かの工事を進めていました。

Photo_10

さて、池上用水は先ほどの長慶寺から二股に別れて呑川に注ぎます。

そのもう一方の川筋の出口がこれ。

Photo_11

ここから長慶寺までも川筋を想像させるものはほとんどありません。

しかし驚いたのは、途中横を掠める子安神社。この断崖です!!

1_2

上ってみるとそれなりの達成感もw。

しかしほんとこの辺は高低差が激しく味わいのある坂がいっぱいです。

この台地が環7夫婦坂辺りまで続いているのでしょうか。

さて、今回の行程です。

より大きな地図で 洗足池から呑川まで を表示

|

« 暗渠ハンター 尾山台から等々力に続く暗渠と一瞬開渠 | トップページ | 暗渠ハンター 九品仏川を遡る »

2042 ・・・呑川水系(それ以外)」カテゴリの記事

コメント

ほぉ~,そういうことでしたか!
ここは以前よく歩いた道です。
暗渠のことなんて全く知らなかったけど,
のほほんと歩けるいい道でした。

投稿: ほ☆ミ | 2009年9月15日 (火) 17時23分

コメントありがとうございます。
このへんあるってたの?
特に池上(下流)に向けての道はなんか東京じゃないみたいな土地の使い方してておもしろいですよねー。
フツーにロードサイド型みたいな駐車場の広いコンビニやファストフード店とかあるしw。

投稿: lotus62 | 2009年9月16日 (水) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 洗足池から呑川まで(池上用水):

« 暗渠ハンター 尾山台から等々力に続く暗渠と一瞬開渠 | トップページ | 暗渠ハンター 九品仏川を遡る »