« 品川用水沿いの銭湯 | トップページ | 玉川上水のパイプ »

暗渠とバスターミナル

前回のトピックで「品川用水と銭湯」の関係地図を作ってみたら結構ハマっちゃってw。

今度はバスターミナル(営業所:広い土地にバスがたくさん停まってて、折り返したりするところ)をプロットしてみました。東京都南西部だけですが・・・。

地図上のバスマークがバスターミナルを表します。

青ピンマークは「ドンズバ」ではないですが、谷筋や主要暗渠との距離から見て「関係あり」と思われる物件です。

【090921加筆修正】赤いポイントはみなさんからのコメントで教えていただいた「川関連濃厚」物件です。(namaさん、リバーサイドさんありがとうございました)

より大きな地図で 暗渠とバスターミナル を表示

●東急バスは、都内に営業所として7つありますが、その全てが暗渠・川筋の至近距離でした。(営業所でなく単なる折返し所で一カ所若林にありましたが、そこは北沢川から600mほど離れていますが北沢川に繋がる谷筋にありました)

●小田急バスは、総数は掴めていませんが同上の谷筋に1件、北沢川沿いに1件を確認しました。

●都バスは、都南西エリアに4件の営業所がありますが、全て暗渠・川筋(用水)、運河の至近距離でした

つまり、都南西エリアに限っていえば、「暗渠と関係のないバスターミナルはない」という結果になりました。

namaさんや庵魚堂さんにもかつてその原因についてご指摘・コメントいただきましたが、やはり

■銭湯と同じく、水をたくさん使う(洗車用水とその排水)ので上下水の便のよいところにターミナルを作った。

■モーターリゼーションの進展・郊外の宅地化が進んだ高度成長期は暗渠化が進んだ時代とも重なるため、暗渠化とともに周辺湿地などが整備され、そこが公共性の高い事業主に優先的に売り払われた。

という仮説が成り立つかと。

手元の古地図ではちょっと限界があるため、後日別な古地図を使ってバスターミナルの元地をしらべてみるコトにします!

|

« 品川用水沿いの銭湯 | トップページ | 玉川上水のパイプ »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

面白いところに目をつけましたね。
弦巻営業所なんて、蛇崩川に近いというか、その川の上ですよね。
暗渠ではないけれど、都バスの小滝橋営業所(神田川)や関東バスの五日市街道営業所(善福寺川)など、考えて見れば川の脇にあります。

投稿: リバーサイド | 2009年9月20日 (日) 08時53分

ありがとうございます。
今回は東京都南西部だけでしか調べませんでしたが、いつか東京全域を把握したいなと・・・。
小滝橋、五日市街道の情報ありがとうございます。他にも見つけられましたら、ぜひ教えてくださいませ!!

投稿: lotus62 | 2009年9月20日 (日) 09時30分

先のコメントを書いてから気づいたのですが、京王バスの中野車庫も神田川沿いにありますし、妙正寺川と江古田川の合流地点付近には、関東バスの丸山営業所もあります。あと、甲州街道と北沢川の交差箇所ちかくにも長距離高速バスの停泊所があったと思います。すぐに思いつくのはこんなとこかな。
暗渠だけでなく、開渠を含めてプロットしてみるのも良いかもしれません。
思うに、川沿いは湿地帯で大きな建物が建てられず、わりと広い敷地が残っていたからではないでしょうか。

投稿: リバーサイド | 2009年9月20日 (日) 22時07分

ただいま新幹線の中ですが、発見しちゃったのでこのスレ伸ばして良いですかw

まず電車、私が覚えてるのに限ると東京メトロの中野・茗荷谷と井の頭線の富士見ヶ丘の検車区はいずれも川か川跡のすぐ隣です。これ既出だったらすみません。

で、タクシー会社も桃園支流沿いにひとつあるんです。タクシーまで入れたら夢がまた広がりませんか??w

なんかlotusさんの最初の一言から、かなり発展してきましたよね。面白し!!!

投稿: なま | 2009年9月22日 (火) 17時29分

なるほど!バス以外にも電車、タクシーなど他の交通インフラにも着目してみるといいかもですね!!!
いいヒントをありがとうございます♪ちょっと調べてみますね。

投稿: lotus62 | 2009年9月22日 (火) 20時31分

はじめまして。いつも楽しく読ませてもらってます。
今回のバスターミナルほかの話は非常に興味深いですね。これほど顕著な傾向があるならなにか理由があるのでしょう。
皆さんのお話を拝見していて、私は地形が関係しているのではないかと思いました。バスにしても電車にしても操車をするターミナルの敷地に大きな傾斜があると非常に不便です。ですから広く平坦な敷地を確保しやすい川沿いがターミナル用地になったではないのでしょうか。
この話を広げていくと、東京という都市が作られていった経過の一部が見えてきそうですね!

投稿: huz | 2009年9月24日 (木) 10時01分

>huzさま
コメントありがとうございます。
なるほど、平らな地形!
そうですよね、わざわざ凸凹を造成するコストって結構なものでしょうから・・・。
地形平坦説もアリですねー。
また今後もお気づきの点ありましたらぜひどうぞコメントお願いいたします。
バス会社に一度取材に行こうかと本気で考えておりますのでw、その方面でもお知り合いなどもしいらっしゃいましたらぜひ!

投稿: lotus62 | 2009年9月24日 (木) 10時53分

こんにちは。ある法律を眺めていたら、バスターミナルと暗渠の関係を解き明かせそうなムフフな条項を見つけました。バスターミナルだけではなくてラムネ工場や豆腐屋も。それで、今度自分のブログに書いてみようと思うんですが、そもそもきっかけになる視点を与えてくれた東京peelingのこの記事に、リンク貼らせてもらってよいですか?(勿体ぶった書き方ですいません)

投稿: 大石俊六 | 2012年7月13日 (金) 22時29分

楽しみなニュースをありがとうございます、俊六さん!!
記事を早く読みたくてたまりませんw
リンクはどうぞお構いなく!というかそう言っていただいて光栄です;;;

投稿: lotus62 | 2012年7月16日 (月) 09時47分

ありがとうございます!なまさんコメントの電車の車庫も気になりますね・・・。

投稿: 大石俊六 | 2012年7月17日 (火) 06時41分

俊六さん、記事アップされたらぜひ教えてくださいね。
こちらにもリンク貼らせていただきます!!

投稿: lotus62 | 2012年7月18日 (水) 10時00分

アップしました!タイトルは「水質汚濁防止法」です。
今日lotus62さんがアップされた六郷用水の上も電車の車庫ですね。

投稿: 大石俊六 | 2012年9月 1日 (土) 13時49分

俊六さん、大変面白い記事でした!!

排水規制の対象を追っていくと、確かにこれは腑に落ちるものが多いし多くが経験的に「暗渠サイン」としてきたものたちですね。すごくいいことを教えていただきました。長年の胸のつかえがとれたような気持ちです。
そして、そのあとの「水の煙突」という考え方がすごく新鮮です。この説明の仕方はすごく説得力ありますねー。
(みなさんにもご一読をお勧めします。大石俊六さんのお名前からのリンクでどうぞ)

投稿: lotus62 | 2012年9月 6日 (木) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/31437841

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠とバスターミナル:

« 品川用水沿いの銭湯 | トップページ | 玉川上水のパイプ »