« 川崎京浜工業地帯の夜景を見に行く。 | トップページ | 暗渠ハンター 洗足池から呑川まで(池上用水) »

暗渠ハンター 尾山台から等々力に続く暗渠と一瞬開渠

先日九品仏川を遡ってきましたが、本編はまた後日。まず今回はその源流を探していた時に見つけたものをご紹介します。

九品仏川は野趣溢れる「ねこじゃらし公園」あたりで痕跡を消しますが、付近にもう一本、南北に走る短い緑道があります。九品仏川源流はこれと関係があるのかな?と思って南下しましたがどうも違う様子。まっすぐだし、両脇は農地だし、昔の農業用水の名残かな・・・。この緑道も大井町線、九品仏・尾山台間で鉄道にぶつかり途絶えてしまします。

(Googleで確認すると、鉄道を越え尾山台中学校をぐるりと囲む感じで暗渠が続く模様。後日調査に向かいます!)

うーんと途方に暮れて尾山台駅方面を見てみると・・・。

1

普通のアスファルトの道ですが、なぜか遠く向こうに車止めが・・・・。もしかしてここ暗渠?

というワケで尾山台駅方面に向かってみました。

ふむふむ。こりゃ間違いなさそうだ。この不自然な歩道w。

2

不自然な改修跡。

3

尾山台駅を越えて等々力に続く道になると、もう確信!コンクリート蓋キターw。

4_2

5

さらに蓋の形状が変わって・・・。

6

結末は意外でした。

なんと大井町線に架かる目黒通りの高架の下で一瞬開渠になっていました。写真は開渠口となっている部分(どうも目黒通り上り方面からの流れと合流しているようにも見えます)。

大井町線の線路の下です。下流に目を凝らしてみましたが、どうも線路を越えると再び暗渠になっている模様。この延長線上至近距離には等々力渓谷がああるので、そこと繋がっているのかな?

8

目黒通り上り方面にかけては、ここから緩やかに上り坂。坂上のほうまで歩いてみましたが合流するような流れの跡は見つからず・・・。

なにしろこの付近は、昔々九品仏川上流であった谷沢川が浸食の果てに等々力渓谷に流れを変えた、という曰く付きのエリアですから、妄想も膨らみますw。

時間と体力の関係で線路の向こう側には行きませんでしたが、あとでまたゆっくり来て見る事にします。

→HONDAさんからのコメントを元に、逆川とその水源に付いて補足します。世田谷区が出している「ふるさと世田谷を語る」という本によると、

「逆川とは等々力駅南側を流れる小水で、目黒通りの下をもぐってゴルフ橋の下に流れ落ちる・・・」

「源流は満願寺近くにあって人々はこれを洗い場に使った」(09.09.17)

という記述がありました。また同本には

「(満願寺北部・つまり上流には)海抜40mもあるところがあって、3カ所の湧水があった。それを農民は野菜を洗ったり鯉の養殖に利用していた」

とのことです。湧水を示す地図もありましたが、東横学園の西のほう3カ所にマーキングがありました。


より大きな地図で 大井町線沿い尾山台付近暗渠 を表示

|

« 川崎京浜工業地帯の夜景を見に行く。 | トップページ | 暗渠ハンター 洗足池から呑川まで(池上用水) »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

2042 ・・・呑川水系(それ以外)」カテゴリの記事

コメント

この開渠、どこからどこにつながっているのか、なかなか判断が難しいところです。私の考えでは、東横学園の先から南下して満願寺境内に至る川(一部開渠あり)と、線路の南にあって等々力渓谷に注ぐ「逆川」(全区間暗渠)を結ぶミッシングリンクなのではないかなあと思っています。

投稿: HONDA@tokyoriver | 2009年9月14日 (月) 22時17分

コメントありがとうございます。
満願寺境内に川がある、ということですか?それともその先の一般道に・・・?もう一度見にいかなきゃw
重要な情報をありがとうございます!
地形からいって満願寺も怪しいな・湧水でもないかなと思ったんですが、突っ込み不足でした・・・。
もっと坂上にある玉川神社も水源としてはアリかなと思っていましたが、東横学園方面ですか・・・なるほど!
玉川神社も中に入ったことはないのでなんともいえませんが、玉川神社裏つまり東横学園南には雨水のみを通す下水管も基点になっているようですね・・・(http://www.gesuijoho.metro.tokyo.jp/semiswebsystem/index.html)
逆川というのも初めて聞きました!

投稿: lotus62 | 2009年9月15日 (火) 08時56分

 こんばんわhikadaです。以前の記事にコメントしてすみません。
 先日、逆川について調べていたら液状化のマップを見つけました。そしたら、九品仏川の上流の一部(等々力6丁目の一部)が液状化しやすい地域だとわかりました。なにか、九品仏川と谷澤川の河川争奪について関係があるような気がします。
 分断された満願寺の流れの下流の水路はあの宅配便の営業所の下に眠っているのでしょうか。

投稿: hikada | 2011年11月 4日 (金) 23時30分

hikadaさん
あんなところで液状化とは…。やはり水の多いところなんですね。
眼には見えないけれど水みちなるものが今でも存在しているのかもしれませんね。目下のhikadaさんの、この近辺記事にも注目させていただいています!

投稿: lotus62 | 2011年11月 7日 (月) 10時48分

私も以前の記事にコメントしちゃいますが、この開渠はいつ見ても惚れ惚れしますねー。
ところでhikadaさん(はじめまして)のコメントに液状化のことがあったのでこの辺りのことが気になりだしました。
大井町線のこの区間ができたのは昭和4年、関東大震災の6年後。
関東大震災は新宿の繁華街や田園調布の住宅地の乗る山の手の固い地盤の魅力をまざまざと見せつけ、山の手開発ブームを促したはずです。
ところがこのブームに乗ったはずの大井町線は、等々力から緑ヶ丘まで低湿地を通っている。
これは興味深いです。ひたすら川を横切る東横線や目蒲線にはない敷き方です。
「住宅地に適さないゾーンを鉄道敷地と駅前商業地に充てる」という、住宅開発の最適化戦略なのか?それが西小山駅前の下町っぽさと尾山台駅前の山の手っぽさに結実しているのか?私はもう分からなくなってきました!

投稿: 俊六 | 2011年11月 7日 (月) 21時08分

俊六さん
お名前にその記事のリンク張ってくださったんですね。ありがとうございます。(hikadaさんもまだでしたらぜひご覧になってみてください!)
東横線以外のこのあたりの東急の線路、実はずっと前「なんでこんなにぐちゃぐちゃに張り巡らされてるのかなあ」と疑問に思ったことがありました。五島氏のことだからきっとなにか明確な戦略があったのかもしれませんね、この「線から面へ」の拡げ方に。このあたりの開発についてなんだか急に興味が湧いてきました。

投稿: lotus62 | 2011年11月 9日 (水) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 尾山台から等々力に続く暗渠と一瞬開渠:

« 川崎京浜工業地帯の夜景を見に行く。 | トップページ | 暗渠ハンター 洗足池から呑川まで(池上用水) »