« ちょっとびっくりした建物。堀質店。 | トップページ | 暗渠ハンター 清水窪から洗足池へ »

暗渠ハンター 品川用水を半端に下る

   以前tokyoriverさんにコメントをいただき教えていただいた、品川用水・清水池付近L字路

ここをはさむちょっと上流からちょっと下流までを歩いてきました。

まず今回のスタートはここ。東横線学芸大学駅の高架下を通る道路(都道420号線)です。

写真の奥に見えるのが東横線。
Photo_2

この写真は西向きですが、廻れ右をして東に向かうとこんな感じ。

2

今回は南に下っていきます。

いい感じに蛇行しながら目黒通りを目指します。

3

4

目黒通りを過ぎると、さっきの二車線対面通行の道路から脇道に入ることになります。

脇道(右のほう)の入り口がこれ。

Photo_3

緩い蛇行が続きます。

2_2

そしてここが問題(w?)のL字ひんまがり地点です。曲がってから振り返ってみたのがこの写真。

清水池公園は目と鼻の先です。

このL字が清水池と羅漢寺川を分断している格好になっているわけですね、tokyoriverさん!

Imgp2150

地図の通りずいぶんカックンと大胆に曲がっていますね。事前に知らないと曲がらずまっすぐ進んでしまいそう。

さらに行くと、バス通りである円融寺通りと交差。

3_2

これを越えるときゅっと道幅が細くなります。

4_2

さらに、学芸大駅前から辿った都道420号線との交差。

420号線を横断し、写真奥の道(林試の森方面)に向かうことになります。

5402

奥に見えていた道の入口はこんなかんじ。車両通行止めの路上標識が暗渠ゴコロを萌やしますw。

6

さらに進みます。

8

小山台2-19あたり。ここで北から走るやや大きな道(六畝川の始点である清水稲荷に繋がる道)に合流します。

すぐ北は羅漢寺川緑道が走ります。そしてすぐ東は林試の森公園。

両端歩道だけがブロック敷きの凝った(?)通りになります。

10

この通りから右手の横道をみたところ。人工的に引いた用水だけあって、この流れが高台を伝っていることがよくわかります。

13

また路傍にはこんな遺構も。

14 15

さて、目黒本町3丁目。かむろ坂を上りきったあたりですね。

18

この先で目黒線(武蔵小山駅付近)と交差。今は地下線となった目黒線を通過します。

お。右手の酒屋さんは「清水屋」ですねw。

19

程なく行くと銭湯「清水湯」。去年改装してキレイになりました。何度か入ったことありますがいいお風呂ですよ!湯上りに生ビールも飲めますしw

20

途中路傍の公園には品川用水を偲ぶ「水車のモニュメント」あり。

21

さあ、またまた道には「暗渠アイテム」が増えてきました。

22 23

そしてアーケード商店街で全国に知れ渡る「武蔵小山駅前商店街・パルム」の端っこに合流、その後すぐさま中原街道の平塚橋交差点に到着します。

25

平塚橋の名前はずっと前から知っていましたが、なるほど品川用水にかかる橋だった、というワケですね。

27

今日はここまで。

後日品川用水を海から遡るお話も。

では行程を振り返ってみましょう。

より大きな地図で 品川用水 学芸大前から平塚橋まで を表示

|

« ちょっとびっくりした建物。堀質店。 | トップページ | 暗渠ハンター 清水窪から洗足池へ »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/31216051

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 品川用水を半端に下る:

« ちょっとびっくりした建物。堀質店。 | トップページ | 暗渠ハンター 清水窪から洗足池へ »