« 暗渠ハンター 駒沢緑泉公園周辺をいく | トップページ | 暗渠ハンター 呑川3つの上流②駒沢川 »

暗渠ハンター 呑川の3つの上流①深沢川

呑川は、緑が丘駅付近で久品仏川を合流する前は、三つの川に別れて水源を構成しています。

今回はその3つの水源を辿る旅・その①として一番西側の深沢川です。

深沢川の源流は、田園都市線・桜新町と246号線(玉川通り)の間の地点といわれていますが、桜新町駅地上を通っていた品川用水からの落ち水が・・・という説もあります。

実際今でも確認できる暗渠の先端と品川用水はわずか100m強の距離ですからね・・・。

で、もし品川用水の落ち水から流れを作っていたとすれば、それはこの辺りです。丁度桜新町の駅真上にあたります。

Imgp3013

ここから南に下ると、途中から暗渠が確認できます。こんな。

Imgp3015

この「暗渠スタート地点」を品川用水方面に振り返ってみたのがこれ。

なんか笑っちゃうくらい唐突に始まりますね。

Imgp3016

さて、早速深沢川を下りましょう。

Imgp3017

246と交差する地点では、橋が残っています。新桜橋。

この橋の直前で一瞬開渠になります。金網越しに開渠を写したのがこれ。

Imgp3019

写真としては少々厳しいかw こんな風にこの開渠を覗き込む人ってどれくらいいるのかなぁ、とはこのとき思った素朴な疑問・・・。

246を越えるとまた暗渠が続くのか!?と期待していきましたが、

246向こうは結構長い距離を開渠が続きます。ちょっと拍子抜けw

(とはいってもたぶんこの開渠部分は水流の一部で、この下に暗渠があるんでしょうけど・・・その証拠にほとんどこの地点には水流がありません。)

Imgp3021

あ、いきなり銭湯発見。もう廃業されているようです。

Imgp3022_2 

Imgp3024

たぶん支流。いい坂ですねー。右も左も緩く長い坂が続き、いい感じの谷底感を味わえます。

深沢4丁目付近に右手に公園がありますが・・・・あ。池だ!湧水かも!?と思って見に行くと池のほとりにこんな石碑がありました。

Imgp3030

「三島の洗い場跡」です。

そか、湧水でなくて水のたまりがあったようです。この付近を物色すると、丘の方面にこんな穴。この水は他所から流れてきている様子。

Imgp3031

※追記:この水はこちらから流れてきていました。

というわけで、少しだけ深沢川を離れてこの支流を追っ掛けてみます。

地形的には支流方面は追いやすく、高い土地に向かってみます。

途中こんな遺跡(!?)も。うーん;;;;なんだろ・・・。

Imgp3035_3

さて池の上流と思しきところには三島幼稚園がありましたが、その裏側には・・・。

あった!人の通行を拒むような狭い暗渠です。

Imgp3036_2

この上流に回り込んでみます。まだ続いています。

が、さらに人の通行を拒むような・・・。

Imgp3037

また上流に回りこみます。

するとたどり着いたのは都立園芸高校でした。

Imgp3038

後日googleで見ると構内に池があるようです。そこから来てるようですね、この流れは。

高校はこの辺りでは高い場所にあり、高校の向こうはまた下に傾斜しているようでもあるので間違いなさそうです。

また深沢川に戻ります。

しばらく行くと右手に商店街「エーダンモール深沢」と交差します。

「エーダン」ってなんだ?「営団」?

まいいかw。

この商店街の道路は真ん中をへこませてありますね。

やはり川筋かも知れません。

Imgp3043 

あ、こんどは消防署だw。やっぱり大量の水の利用を考えるて、川筋の側に配置したんでしょうね・・・。

Imgp3044

これは右手を並行して走る目黒通り方面を望んだところ。

目黒通りは高台を通っています。それで、こんな風な見事になだらかな坂を深沢川からのあちこちで見ることができます。

Imgp3045

さて、終点。②で取り上げる予定の駒沢川との合流地点です。

パノラマでどうぞ(<あんま意味ないけど)。

左が辿ってきた深沢川、右が駒沢川です。

Imgp3048

※ちなみに※

呑川についても暗渠大先輩の庵魚堂さんが「世田谷の川探検隊」で詳しく書かれております。今回も私としては「まず現地に行く。んで ブログに書く。その後『世田谷の川探検隊』はじめ他の方の記述をじっくり参照させていただいて自分とに相違点を確認し、今後の課題にする」方針で一連の記事を書くことにいたします。現地や周辺の情報をお持ちの方、どうぞ「それ違ってるよ」的なご指摘いただけると大変ありがたいです。

しかし自分で廻ったあとに庵魚堂さんの記事を読むとほんとにおもしろい;;;。

では今回の行程を振り返ってみましょう。

より大きな地図で 呑川上流①深沢川 を表示

|

« 暗渠ハンター 駒沢緑泉公園周辺をいく | トップページ | 暗渠ハンター 呑川3つの上流②駒沢川 »

2041 ・・・呑川水系(上流3支流)」カテゴリの記事

コメント

そうそう、自分が行ったところを他の方の視点で書かれたものをみるの、ほんと面白いですよね~!

それにしてもがんがん巡ってますねw
途中で出てくる狭い暗渠、すごくよさげ!
ああいうの、lotusさんは入っていかないのですか?

投稿: nama | 2009年9月28日 (月) 12時52分

自分でテリトリーと定めたエリアはこの夏でほぼコンプリート(っていう表現はおかしいかw)。
おいおい記事にしてまいりますね。
例外もありますが、行動およびブログアップにあたっての大きな方針としては
 ①まず全体像を掴むために主流の現地調査 (基礎編)
 ②その後気になった部分を再訪したり支流を攻めたり(応用編)
ということにしていこうと思ってます。
この回のように、多少時間に余裕があるときは支流を追ったりしていますが、それも含めてここで記述しようとすると
読んでいただいている方も自分もわけわなんなくなっちゃうかなーなんて。
要は筆力の問題なんですがw
でも緑道より圧倒的に細い支流暗渠のほうがトキメキます♪

投稿: lotus62 | 2009年9月28日 (月) 13時38分

なるほど、支流は隠してるんですね。わたしの桃園ちゃん攻めと似てますね。井草さんは確かに散らばりすぎたので、あとで清書した地図を載せようと思ってました。
それにしても、本流コンプリートするだけでもスゴイっすー! でも支流コンプは数ヶ月とかじゃ無理ぽくないです?暗渠、奥深すぎ!って、巡るほどに思えます。

投稿: 生 | 2009年9月28日 (月) 21時30分

支流は隠している、というか「あとのご馳走として残している」みたいなw?
>奥深すぎ!
ほんとですね。訪れるとあちこち支流がありますから、キリがないですね。
そのぶん楽しめていい、とも言えますねw。

投稿: lotus62 | 2009年9月29日 (火) 10時27分

こんばんは。三島の洗い場、面白いですね!このようなものが残っていのを発見すると、嬉しくなりますよね。ただ、園芸高校の池は谷沢川側の谷に向かってます(ちょうど園芸高校の敷地が分水嶺になってます)ので、他にどこかに水源があったのでしょうね。
この辺りでは呑川を挟んで反対側の、深沢小学校の東側と南西側から南下してくる、一部開渠になっている2本の支流が気になっており、一度訪れてみたいです。

投稿: HONDA@tokyoriver | 2009年9月29日 (火) 23時33分

HONDAさん、ありがとうございます。
日頃フィールドワーク後の確認ではHONDAさんの「東京の水」(特に2005!)にもいつも助けられております。
改めて御礼申し上げます。

そうですか、池は谷沢川に!!!高校内が分水嶺なんですね・・・。
三島の洗い場から遡る支流は、確かに高校敷地に続いていたようなので、
敷地東端になにかあるのか知らん。高校内に立ち入らせていただきたいものです。
あ、この季節だから文化祭とかで構内に入れるかも!
っていずれにしてもカメラ持って校庭うろうろしてたらヤバいっすね。
貴重な情報、どうもありがとうございました!!!

投稿: lotus62 | 2009年9月30日 (水) 08時35分

HONDAさんにもう一本!
>深沢小学校の東側と南西側から南下してくる、一部開渠になっている2本の支流
これは知りませんでした。これまた貴重な情報ありがとうございます。
この近辺は支流がたくさんありますし、ぜひもう一度訪ねてみたいと思います。
・・・しかしHONDAさん広範囲にホントによく精通されてますねー・・・

投稿: lotus62 | 2009年9月30日 (水) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 呑川の3つの上流①深沢川:

« 暗渠ハンター 駒沢緑泉公園周辺をいく | トップページ | 暗渠ハンター 呑川3つの上流②駒沢川 »