« 渋谷の「渓谷」を堪能する | トップページ | 暗渠ハンター 羅漢寺川を遡る~新たな疑問もいくつか・・・ »

暗渠ハンター 蛇崩川を今度は下る。

先日は世田谷公園南あたりから蛇崩川を遡りましたが、

今回は同じ地点から目黒川まで下ってみます。

まずはスタート地点はここ。下馬1丁目東急バス教育センター裏から。

1






★しかしここで私的に大きな疑問。ここといい、先日の蛇崩川を遡ったときの弦巻4丁目といい(このあと詳しく書きますが羅漢寺川の水源近く目黒本町1丁目にも東急バスの操車場があるんです)、なぜか暗渠と「東急バスの車庫みたいなところ」はすごく関係がありそうです。なんで????今後のサブテーマとしますね★

どんどん進むとこんな風景が現れてきます。

1_3






これは橋の跡でしょうか・・・。

Photo_2

沿道は百日紅が旬まっただ中です。

白い百日紅はとりわけさわやかですね。

Photo_4






暗渠や緑道の脇には、どうも「なんだか荒れてる感じの中途半端な広さの公園」がよくありますが、

ここにもw。
Photo_5







暗渠ブログの大先輩「東京の水」さんが先日「発見」した「大径マンホール跡」、ここにもありました。

Photo_6






ここは五本木1丁目あたりでしょうか。緑道脇はモロに「川幅くっきり」状態。

Photo_7






さて、このあたりからまた橋の名前が表示されます。

ここは蛇崩橋。代表選手って感じの堂々とした名前です。
Photo_8











蛇崩下橋をすぎて、たぶん上目黒4丁目あたり。大黒湯のそばでしょうか。

Photo_9






そして寿福橋。
おめでたい名前ですね。

Photo_10






そして川端橋、諏訪山橋と続きます。
Photo_11 Photo_12













これをすぎると、緑道は一般道と併走することになります。
Photo_13






それにしても広い歩道ですねw。
Photo_15






昔の岸壁でしょうか。
Photo_16







道ばたに、こんな石碑が埋もれています。
二三橋?
Photo_17











上目黒3丁目あたり。もうすぐ東横線と交差です。
Photo_18







出ました。東横線。祐天寺と中目黒の間です。
Photo_19







その後は線路脇の自転車置き場を通って・・・
Photo_20






中目黒駅脇をとおって山手通りを過ぎ、「紅葉橋」のところで目黒川に合流。
Photo_21










その紅葉橋に繋がる最後の暗渠を振り返ると・・・

こんなかんじ。

Photo_22

蛇崩川の河口です。先週の大雨のせいか、あまり綺麗ではありませんね。

目黒川は普段は綺麗ですが、降水量が一定を越えると、目黒川水系の一般家庭の汚水が入り込んでくるそうです。(ちょっとびっくりですが、そういうことになっているそうです)
Photo_23







さて、ここで蛇崩川はおしまい。

でもせっかく近くまできたので、

またまた「川の資料館」に立ち寄って学芸員さんに日頃溜まっている質問をさせてもらいました。A津さん、いつもありがとうございます。
Photo_24






今日質問にお答えいただいてわかったことは以下。

鶯谷町に続く暗渠は、三田用水からの「鉢山口水路」という名前であること。

・馬事公苑内の池は人工池なので蛇崩川の水源ではないだろうこと。

話は変わりますがこの資料館地下は大きな大きな調整池になっているそうです。

8階建てマンションがすっぽり入るくらいの深さだそうで、かなりびっくり。

それがこの広場の地下に・・・・。

うーん、みてみたいw。
Photo_25








さてでは今回の行程を振り返ってみます。

より大きな地図で 蛇崩川を下る を表示

|

« 渋谷の「渓谷」を堪能する | トップページ | 暗渠ハンター 羅漢寺川を遡る~新たな疑問もいくつか・・・ »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 蛇崩川を今度は下る。:

« 渋谷の「渓谷」を堪能する | トップページ | 暗渠ハンター 羅漢寺川を遡る~新たな疑問もいくつか・・・ »