« 暗渠ハンター 立会川を下る② | トップページ | 暗渠付近によくある風景~すばる座状マンホール »

暗渠ハンター 立会川を下る③

さて立会川も最終回。

では中原街道と立会道路との交点から。
2_2









手前が中原街道、その奥に緑道が続きます。

進んでいくと、旗の台駅近くでいったん線路を前に中断。
3









4_2













さらに荏原町の駅をまたぎ中延を通って国道1号線まで続きます。
6









その途中にあった物件が、先日ご紹介したこの「大径マンホール跡」。
9









荏原町付近にはこんな味のある質屋さんも。大谷石づくりですね。
12










わき道もいい感じ。
14

















地図上では立会緑地と名前を変え、こんな感じになります。
15

















途中から工事中。すぐわきのストロングタイプの暗渠道を行きます。
18_2









19_2
















中延あたりではこんな川辺っぽい光景も。
23











さて、ここが国道1号線との交点です。国道1号線ですが地域での愛称は「2国」。

東京横浜を結ぶ大幹線を、海側から1国(産業道路)、2国(1号線)、第3(第3京浜)と呼ぶんですって。かえって混乱しそうですけどねw。
25_2










そして、上の写真の左の敷地が、先日から問題視wしている「東急バスの荏原営業所」です。
26









うーん、川筋と操車場、どんな関係があるのでしょう・・・。
2国(<やっぱ紛らわしい)を越えると道幅がぐっと広がり、こんな光景になります。
28_2









ところでこの道をまっすぐ30m程度進むと、品川用水と立会川が交わる地点に。
立会川を下流に向かって左を望んだ写真が下ですが、この道がおそらく品川用水。立会川を突っ切って右に続いていたようです。
しかし横切るって・・・立体交差だったのでしょうか・・・。
29










さて、さらに立会川を下ります。道は上りへの一方通行道路となり、その脇をこんな歩道が続きます。
31

















こんな魅力的は道も交差。ただし立会道路はすこし盛り土して作ったのか、支流からはこのように階段で数段上るようにして交差しています。
32

















横須賀線・新幹線の高架と交差する場所が近づいてきました。
33_2
















これを越えるとすぐにJR西大井駅。

ここからはこんな整備された緑道となり、いまいちテンション下がりますw。
37_2









JR大井町方面に向かっています。道もまた細くなったり、こんな暗渠らしい道になったり。
(あ、これは立会道路に交差する道だったかもしれません;;;;)
41_2










いわくありげな舗装跡ですねw。
43_2












大井町に到着。川筋を見失いそうになりますが、しっかり立会道路の続きがあるので大丈夫。

47









駅の南にある線路を渡って、
48









右に現れる大きなガードをくぐると
49_2









こんな緑道が復活します。
50









蛇行して進むこの道の傍らには、なんだかいわくありげな物件もいくつか。
53_2









そして唐突に、東大井6丁目17あたりで立会川は開渠となるのです。
54










さあ、これからは開渠の立会川を海まで辿ります!
57

















ばしっとした直立コンクリート護岸に挟まれて立会川は続きます。

・・・なんか、こう、見慣れない景色にちょっとどきどきします。開渠だしw。

すぐに京急線と交わります。駅があって、その名も「立会川駅」。

まえから立会川駅は知っていましたが、初めて「あ、そういえば立会川か!」と頭のどこかでつながりました!!
60










駅付近の川の様子。川辺のお家は立会川にたまにこの階段で降りたりしてるのかな・・・。暮らしと密着する立会川の姿。
61










立会川駅を越えると、もう河口です。勝島運河に注ぎます。向こうは勝島の倉庫街。さらにその向こうは八潮となるはずです。
65



暗渠めぐりから海に出るのははじめてでした。なんかちょっとした達成感と、あの源流からここまで繋がっているんだという不思議な感慨がありました。

このあたりは私の好きな「工場萌え」ポイントも近いこともあって、ちょっとテンションあがります。よし、帰りは品川用水を遡ってみよう!というわけで次回は品川用水を!

ちなみに、河口では水質改善のための(?)大規模な改修工事が行われていました。

そんな中で、坂本(竜馬)さんと鳥さんが突っ立っておられました。
62











Imgp2249

















行程は 立会川を下る①の地図をご参照ください。

|

« 暗渠ハンター 立会川を下る② | トップページ | 暗渠付近によくある風景~すばる座状マンホール »

2031 ・・・立会川・内川水系」カテゴリの記事

コメント

このブログ、写真が多いから僕のぼろいパソコンだとロードに時間がかかるww

でも、写真を追っかけていくと、臨場感というか一緒にコソコソと細い道を移動してる気分になるなー。

暗渠マニアの君がうらやましがりそうな場所を、僕もそのうちアップしよーっと。(当てはナシ)

投稿: ふらふら | 2009年8月30日 (日) 14時22分

ふらふらくん、コメントありがとう。
そうね、ちょっと重いかもしれません。
今後は「追跡もの」は小さい写真でお好きなものをポップアップ、
「スポットもの」はこのサイズで行こうかなと思います。
ふらふらくんち近くの暗渠報告、お待ちしていますよ!

投稿: lotus62 | 2009年8月30日 (日) 20時51分

こんにちは。

鶴ヶ久保公園の時にコメントしたとびえもんです。

立会川の水質改善のために東京駅の地下水を立会川に注いでるんですよね。

横須賀線東京駅の地下ホームから大井町駅の少し先まで線路沿いに続いてる青い管がそうなんですが…

ご存知でしたらすみません。

投稿: とびえもん | 2015年1月19日 (月) 14時55分

とびえもんさま、こんにちは。
楽しい話題をありがとうございます!
(当記事をアップしたのはまだカケダシの頃で、ちと恥ずかしさが残るのですが、初心忘るるべからずということで掲載続けております)

確かに、東京駅地下の水は立会川の開渠になるところに流されているそうですね。
下水道が周辺環境を担当する都や区にとって「立会川の水質浄化のため」でもあり、JRにとっては「東京駅の地下からの水圧対策のため」、のwin-win(←あまり使いたくないコトバですがw)施策ですね。確か費用はJR側が持ったときいております。

ですが、まだ実際の青い管はまだ見たことがありません!
いつか見てみようと思いつつかんじんなときに忘れてしまっているというだらしなさです(笑)。

たまたまこの件は耳にしたことがありましたが、
まだまだ不勉強なものですから、ぜひご存知のことあれば教えてくださいませ!

投稿: lotus62 | 2015年1月19日 (月) 16時51分

やはりご存知でらっしゃったんですね。

オイラはプチ隠れ暗渠好きの身分ですのでそんなに知識やネタも持ち合わせておりません(汗)

たまたまこのブログを見つけて「オイラのツボだ」と小躍りし、過去ログから見漁っている次第です。

この先にもしかしたら出てくるのかもしれませんが、西武線を先頭で眺めていると、全ての橋梁や跨線橋などの名前が確認できます。

オイラは時々西武線に乗る度に注目して眺めてます。

川が見えないのに「〇〇川橋梁」と書いてあるものもあるので…

投稿: とひえもん | 2015年1月19日 (月) 18時36分

あ、言い忘れてたことが。

川の立体交差、立川にありますよ。

玉川上水と残堀川の立体交差です。

これもこの先に出てくるのかな?

楽しみに遡っていきたいと思います。

投稿: とびえもん | 2015年1月19日 (月) 18時48分

西武線の先頭に乗車するとそんなたのしみがあるのですね。残念ながら余り乗る機会がないのもあり、存じませんでした。今度縁があったら是非先頭に…。
また残堀川の交差の件、残念ながら記事にはなっておりません、どうぞあしからず…。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2015年1月19日 (月) 19時22分

青い管、「駅の南にある線路を渡って、」の写真に写ってますよ~。

投稿: | 2018年1月 8日 (月) 10時57分

ありがとうございます。ほんとですね、写ってましたw

投稿: lotus62 | 2018年1月 9日 (火) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/31150791

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 立会川を下る③:

« 暗渠ハンター 立会川を下る② | トップページ | 暗渠付近によくある風景~すばる座状マンホール »