« 目黒通りの不思議工場&マンション 株式会社大角 | トップページ | 2年ぶりのハゼラン。 »

東京の凸凹を感じるしあわせ

暗渠に興味を持ってから都内の谷や尾根、台地にもどんどん興味が湧いてきて、その過程で、この歳になってやっと坂や崖の味わいがわかってきました。この間も、自由通りの坂上から北を振り返って見える緩やかでまっすぐな道を見て思わず「いい坂だなぁ・・・」とつぶやいてみたり。

さて、今日は思いっきりアフィリエイトしちゃいます。

これ!「地べたで再発見! 「東京」の凸凹地図 」

地べたで再発見! 「東京」の凸凹地図 Book 地べたで再発見! 「東京」の凸凹地図

著者:東京地図研究社
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

偶然この本を知って、速攻amazon購入、昨日やっと届きました。

面白かったです!怒涛の興奮の一冊。極上の誌上エンタテインメント。

東京の各所を、高低差がはっきりわかる地形図で表した地図です。特に面白いのが谷底に向かってたくさんの尾根が伸びている渋谷近辺、目黒川が深く谷を刻むのと対照的に槍が崎まで堂々と尾根を張る目黒・恵比寿近辺、沿線地形の関係から必然的に立体交差となった下北沢周辺、山の手と下町を冷ややかかつ厳然と結界する上野~日暮里あたりの崖・・・・。

とにかく地形がわかると、地図は10倍楽しめます!散歩やサイクリングも10倍楽しめます!!

地図マニア・「地図があれば一日楽しく過ごせる人」を自認してきた私ですが、こんな楽しみがあったとは・・・・。この本を会社で受取ったのですが、早速帰りの電車でこの本読んで、途中のターミナルで降りて家までの地形の高低差を楽しみながら歩いて帰ってきました。当然帰宅してからも寝床まで持ち込んで読みましたがw。

この本の圧巻は「赤と青の専用メガネで航空写真を立体で見られる」ことですね。この仕様の地図は20箇所くらいしかないんですが、興味深い地形やおなじみの街が厳選してあるので充分楽しめます。

もう一つ特徴的なのが、地図なのに記事やキャプションが豊富なこと。地形の見所はもちろん、歴史的な背景や都市のトリビア的なものが散りばめられています。相当の地図好き&地形好きが作ってるに違いない、愛情溢れる一冊。

これはほんとにお薦めします。すごくいい買い物しましたW。

|

« 目黒通りの不思議工場&マンション 株式会社大角 | トップページ | 2年ぶりのハゼラン。 »

2000 暗渠で川跡・地形をピーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京の凸凹を感じるしあわせ:

« 目黒通りの不思議工場&マンション 株式会社大角 | トップページ | 2年ぶりのハゼラン。 »