« アンキョ! | トップページ | アンキョハンター♪ »

死刑ってなんだろう。

今朝の朝日新聞に作家・辺見庸氏の投稿が載ってました。死刑というしくみについて。
ざっと斜め読みだったのでアレですけど、充分自分自身の「死刑制度は必要か撤廃か」という問題意識に火をつけるような興味深い内容でした。
結論のない私の死刑観をざらっと箇条書きにすると
・死刑という極刑はひとつの抑止力になっているのではないか。
・身内が誰かに殺されたら、きっと私自身も犯人に死を以って償うことを感情的に求めるのではないか。
・一方で、「死に対し死を要求すること」で果たして償いになるのか疑問。
・ところで私は憲法9条擁護派である。

・「武力には武力」という考えではいつまでも人類は戦争という愚行から逃れられないし。
・武力行使に対し武力以外で対抗するという考えは日本にしか持てない「最先端」の思想だから。

・おっと、実はこの考えは死刑についても同じことなのではないか。(これは辺見氏も以前から言及しているらしい)
・ならば死刑はなくすべきなのでは?他の償い方もあるのでは?
・でもでも、自分の「感情」は死刑廃止を容認できるのか?

あー、最初にもどってきちゃった。
どうも自分の中では、「感情的に犯人に死を求める」気持ちと、「武力の連鎖・死の連鎖では物事は前に進まない」という行動スタンスが拮抗しているようです。
ここで参考となるのが死刑を廃止した欧州各国の基本スタンス「罪を犯した人であれ、生きるという人権は保障されなければならない」ということです。
そこでまた考えること。
・死ぬことが本当に償いになりえるのか?
・死刑以外に償える方法があるのではないか?犯人はホントの無期懲役にして、一生をかけて自分の罪と向かい合って生きることって償いになるんじゃないのか?
・そんな風にして生かされる犯人って、「人権(生命)は保証されてる」という状態ながら、実はすごくつらい生なのではないか?

昨日免許の書き換えに行って「交通事故で相手を死なせてしまったひとの事例」など見てきたこともあって、ちょっと考えさせられました。

普段こんなことを真剣に考えなくても生きていけている自分の環境をちょっと戒める必要があるのかな・・・。ないのかな。あるんだろうな。

|

« アンキョ! | トップページ | アンキョハンター♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死刑ってなんだろう。:

« アンキョ! | トップページ | アンキョハンター♪ »