« 25年前の3月は...「君に、胸キュン」 | トップページ | 進化する前は同類だったかも »

昔の自分に会ったら教えてやりたいこと

5216900021_170 今朝の通勤ランダム再生、新橋から会社に歩くまでに掛かったのはフリッパーズ・ギターのCoffee-Milk Crazy(89年「three cheers for our side~海へ行くつもりじゃなかった」)。

パーフリは「ヘッド博士の世界塔」が最高傑作の誉れ高いですが、このファーストアルバムも違った意味で最高。当時欧州で流行ってたネオアコをきっちり日本でキャッチして消化してます。可愛らしく若々しい、とでもいいましょうか。ある意味オトメちっくな感じで。
「ネオアコ好き」な私に当時の会社の先輩が「フリッパーズギターって絶対イイから聴いてみ」とリコメンドしてくれて、早速銀座ヤマハに買いに走りました。すごく気に入って毎日聴いてましたねー。
当時の自分は青かったなー・・・あの頃の自分に会ったらいろいろ教えてやりたい。
・・・って何を教えてやれるんだろう??
うーん、仕事のこと。
日常生活のこと。
美味いもののこと。
人間関係のこととか恋愛のこととか・・・。
あ、結構教えてあげることたくさんあるかも。
それをちゃんと聞くかどうかが問題だが。

なんて考えて歩いてたら、ちょうど当時勤めていた会社のビルの前に出ました。当時と変わらぬ風貌のこのビルから、昔の生意気な私が出てくるかも・・・なんて妄想してるうちに、次の曲tahiti 80のpuzzleの再生。さ、今の職場に向かいましょう。

Three Cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった Three Cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった

アーティスト:Flipper's Guitar,小沢健二
販売元:ポリスター
発売日:1993/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 25年前の3月は...「君に、胸キュン」 | トップページ | 進化する前は同類だったかも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔の自分に会ったら教えてやりたいこと:

« 25年前の3月は...「君に、胸キュン」 | トップページ | 進化する前は同類だったかも »