« 新春港湾ちゃり放浪 | トップページ | コンポーザー・細野さんとそれを超える凄腕音楽家 »

新春武蔵野ちゃり放浪

  昨日に引き続き、天気もいいので、今日も正月のチャリ放浪。なんとなく武蔵野に出かけました。いえね、井の頭公園の「いせや」で昼間っからおサケでもいただきつつ賀詞などしたためようかと・・・。

 

Dvc00049Dvc00048しかし「いせや」はお休みでしたので、井の頭公園のはずれのほうで、日向ぼっこしながら読みかけの本を読んできました。陽射しがあって風も冷たくなく、絶好の野外読書日和です。周りはこんな感じでしたがなんか見ようによっては外国の公園みたいですね・・・。

この日読んでいた本は「時間はどこで生まれるのか」(橋元淳一郎・集英社新書)。物理学や量子力学の立場からの時間論、哲学の立場からの時間論と大きく分けると世の時間に関する論は二つありますが、この本は基本的な軸足は物理学にありますができるだけ両者の立場を統合して述べようとするスタンスには好感が持てました。

エントロピー増大の法則から伺ってみる思考実験、その結果として得られる「時間を創り出している源」は・・・なるほどなあ!と思う結論が用意されていました。少しだけ生きる勇気や意味なんかも感じてしまう、面白い本でした。

|

« 新春港湾ちゃり放浪 | トップページ | コンポーザー・細野さんとそれを超える凄腕音楽家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春武蔵野ちゃり放浪:

« 新春港湾ちゃり放浪 | トップページ | コンポーザー・細野さんとそれを超える凄腕音楽家 »