« 自転車と「場所の履歴」 | トップページ | 吉祥寺いせやに。 »

ボサノバ、特にジョアン・ジルベルト

ボサノバが大好き。
特にボサノバギターのスタイルの祖とされているジョアン・ジルベルトが大好きです。

なぜ、いつからボサノバが好きだということは長くなるので後述しますが、
ジョアンが大好きです。

奇蹟の公演と言われた2003年、2004年の東京国際フォーラム公演も見に行きました。
(ボサノバを開発したと言われる1958年以来、それまで一度も日本で公演したことがなかったのです)

そして2006年。今回三度目ですが、興行主によると「最後の奇蹟」というふれこみの公演も
見に行くつもりです。

ジョアンのすごさは、ギター1本と歌声だけによるシンプルなステージ。
これに尽きますね。
観客にも相当の集中力が要求されます。
ギター1本なのに、いろんな音が出てくるんです。
私は前回聴いていて、オルガンのような鳴りもきこえてきました。

とにかく凄い。
楽曲自体もものすごいよくできてるのですが、そして声も素晴らしく良いのですが
自由自在に小節を短くしたり長くしたり、そのテンションがすごいのです。
そこに、ボサノバギターを創出して40年近くなる3フィンガーピッキングが絡む。
素晴らしい緊張感のあるステージです。
詳しいことは、2006年公演を見に行ってからさんざん書こうと思います。

|

« 自転車と「場所の履歴」 | トップページ | 吉祥寺いせやに。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/3451721

この記事へのトラックバック一覧です: ボサノバ、特にジョアン・ジルベルト :

« 自転車と「場所の履歴」 | トップページ | 吉祥寺いせやに。 »