« ボサノバ、特にジョアン・ジルベルト | トップページ | Yellow Magic Orchestra 「公的抑圧 PUBLIC PRESSURE」 »

吉祥寺いせやに。

    ひさびさに何の予定もない日曜日。
暑いときって、さらに汗掻いてみたくなる性分なんですよ。
というわけで、今日の晴れた日曜日は、自転車で吉祥寺に行ってみることに決定!
せっかく晴れたので、午前中部屋を掃除して布団を干しっぱなしにして。
11時に出て、12時に吉祥寺着、一時間ゆっくりヒルメシ食って、2時頃帰ってくれば
夕立もあるまい。
なぜ吉祥寺かって言うとですね、
井の頭公園入口にある「いせや」に行きたいからなんですよ。
公園の入り口で、スタバだのイタメシやだのに負けずに昔っから炭火の焼鳥を続けている名店。
きっと店の名前は知らなくても、
「井の頭公園のそばで昼間っからいい煙りだしてる焼鳥屋」といえば記憶にある方もおおいはず。

自転車で汗掻いた後にいせやで思いっきりビール飲みにいくんだぁ!
というわけで走りましたよ炎天下。
私の住む世田谷からは、井の頭通りに沿って向かいます。
途中、人見街道に入ってゆるゆると住宅街を抜けました。
いやー、武蔵野ですねえ。自然が一杯。一番上の写真の道は人見街道から井の頭公園に抜ける道。
もう山の中ですよ、この道は。
だってほんとに蝉が飛び交ってるんだもん(たぶんクマゼミとアブラゼミ)。
Img_11013_97108_0

道中、場所の履歴をいろいろ想像しながら走りました。
自転車走らせてる時って、頭の中が空っぽになるんですよねえ。
いろんなアイデアが浮かんできたり、すごい昔のこと思いだして1人笑いしたり・・・・
そんな時間を満喫出来ます。
そうそう、途中羽根木を通っていったんですが、ここ、20年前に私が住んでいたところなんですね。
20年前も友達からもらったボロ自転車で都内のあちこちってたよなあ、なんて思いだしたら、
20年たってもこれかよ>自分 と複雑な思いにかられました。
人生って何なんでしょう;;;;。

そんなこんなで吉祥寺いせや到着。
12時10分前だったんですが、12時の開店を待って並ぶひと数人・・・・。
やはり人気の店ですねえ。
写真は外観と、入り口の焼き物コーナー。

Img_11013_97108_1

煙で燻っています。Img_11013_97108_2

お客さんは私みたいなぶらり1人客が半分、のこりは年老いた夫婦、小さい子どもに昼ご飯くわせにきたパパ、外人カップル、
今日の東京湾華火大会に初デートでさそったマッチョな30代の男と彼には気がなさそうな浴衣姿の30代後半女性カップル、など。
基本的に「肩の力が抜けた」ひとばかりで、大変居心地よろし。

私はまず瓶ビール!で焼き物を数本と
野菜もとらにゃってんで野菜サラダ(赤いサクランボ入りでした;;;)を注文。
私の座った席は窓際で、そこからはすぐに井の頭公園に入る道が見えます。
さすが日曜日で、もう家族連れやらカップルやらですごい人通り。
それをみながら、なんだか不思議な気持ちでサケを飲んでいました。

しかし汗のあとのビールはうまい!
Img_11013_97108_3さらにこのいせやは焼き鳥をちゃーんと炭火で焼いてるんですねえ。
口に含むといーい香りがするんですよ!(そのくせ一本80円とお手頃)
その後タコぶつとお酒をきゅっとやってお会計。2000円足らずを支払い、帰路に向かいます。
往復役約25キロ。結構な運動が出来ました。

このあと家に帰ってから、
さらにもてあまして恵比寿、麻布、六本木方面に自転車を走らすことになるのですが、
そのお話はまだ後日。

|

« ボサノバ、特にジョアン・ジルベルト | トップページ | Yellow Magic Orchestra 「公的抑圧 PUBLIC PRESSURE」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/3451744

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺いせやに。 :

» 人見街道 [街-NAVI]
人見街道にかかる御狩野橋人見街道(ひとみかいどう)は、東京都府中市 (東京都)|府中市と杉並区大宮の大宮八幡神社を結ぶ、古くからの街道である。別名「大宮街道」、「下総街道」。東京都通称道路名設定公告(整理番号98)によれば、人見街道の起点は杉並区浜田山三丁目、終点は府中市若松町四丁目であり、東京都道...... [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 03時30分

« ボサノバ、特にジョアン・ジルベルト | トップページ | Yellow Magic Orchestra 「公的抑圧 PUBLIC PRESSURE」 »